ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「賃貸」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:不動産チャンネル
質問!不動産賃貸→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で不動産賃貸関連の質問をチェック
「賃貸住宅」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

ZEH:
住友林業、賃貸集合住宅「Forest Maison」全棟でZEH-M化を推進
住友林業は、賃貸集合住宅「Forest Maison(フォレスト メゾン)」全棟でZEH-M化を推進する。BELSの最高ランクに対応する仕様を標準とし、省エネ性を高めたZEH-Mを全棟で取得する。(2022/5/26)

ライオンズフォーシア隅田川テラス:
大京、東京・墨田に“間取りを変更できる”賃貸マンション  5月下旬より入居開始
大京がオリジナルブランド「ライオンズフォーシア隅田川テラス」を竣工し、5月下旬より入居を開始すると発表した。(2022/5/25)

不動産テック:
小田急不動産が不動産オーナー向け収支電子化ツール「WealthPark ビジネス」を導入
小田急不動産は、資産管理/運用アプリケーション「WealthPark ビジネス」を導入し、賃貸不動産オーナー向けに、収支の電子化対応やチャットでのコミュニケーション円滑化につなげる。(2022/5/22)

書類電子化に加え押印も不要:
宅建業法が改正 賃貸借契約の完全オンライン化が可能に
宅地建物取引業法の改正法が、5月18日に施行された。賃貸や売買などの不動産取引に必要な重要事項説明書などを電子化できるほか、書類に宅地建物取引士の押印も不要となる。(2022/5/18)

リテール&ロジスティクス:
宮城県岩沼市で5.1万m2の物流施設が竣工、プロロジス
プロロジスは、同社がスポンサーを務める日本プロロジスリートが宮城県岩沼市で計画を進める「プロロジスパーク岩沼」の竣工式を行った。プロロジスパーク岩沼の敷地には、2008年10月に、マルチテナント型施設として「プロロジスパーク岩沼1」が竣工したが、2020年4月に発生した火災により焼失し、「プロロジスパーク岩沼」として再開発した。プロロジスパーク岩沼では、既にプラス ロジスティクスと製造装置の研究・開発・製造メーカーの入居が決定しており、約80%の面積で賃貸契約を締結済みだ。(2022/5/18)

「これはにゃんこの遊園地」「素晴らしい取り組み、アイデアに脱帽」 猫ファーストな賃貸物件で過ごす猫ちゃんが楽しそう
猫ちゃんも飼い主さんもうれしい工夫がいっぱいのお部屋です。(2022/5/18)

低層の賃貸物件を選ぶ傾向:
「誰もが知っている大物は、分譲マンションに住まない」説は本当か
誰もが知っている大物有名人は、小規模な低層の賃貸物件を選び、分譲のタワーマンションなんかにはほとんど住まないという説があるが、本当なのだろうか。(2022/5/16)

三菱地所ハウスネット、国産iPaaSの活用でデータ連携基盤の構築を内製化 賃貸業務を効率化
三菱地所ハウスネットは、賃貸業務の効率化に向け、国産のiPaaS「DataSpider Cloud」を導入し、不動産テックを支える各種クラウドシステム間の柔軟なデータ連携基盤を自社開発した。(2022/5/13)

在宅勤務の新しいカタチ:
三菱地所 コワーキングスペースを併設したマンションシリーズを本格稼働
三菱地所レジデンスは5月9日、1階にコワーキングスペースを併設した賃貸マンション「The Parkhabio SOHO(ザ・パークハビオ ソーホー)」を本格稼働すると発表した。(2022/5/10)

産業動向:
賃貸住宅管理業法に基づく賃貸住宅管理業登録申請の期限が近づく
管理戸数200戸以上の賃貸住宅管理業者は、賃貸住宅管理業法に基づき2022年6月15日までの登録申請が必須となっている。国土交通省は、業界団体に対し通知文を発出し、一部の事業者には直接通知した。(2022/5/6)

部屋の広さによる傾向の違いも:
22年3月の賃貸マンション・アパート家賃相場 上昇率が高いのはどのエリア?
アットホームは、全国主要都市の「賃貸マンション・アパート募集家賃動向(2022年3月)」を発表した。1年の中でも入居者が多い3月。家賃の相場はどのような状況だったのか。(2022/4/28)

ITで変わる、不動産業界の現在と未来(1):
【新連載】間もなく“宅建業法改正”、不動産取引における「電子サイン」の実態は?
間もなく2022年5月に宅地建物取引業法(以下、宅建業法)が改正され、不動産契約の場面においても、押印や書面交付のデジタル化が進むと予想されています。そこで、アットホームが実施した「不動産取引における書類のオンライン化・電子サインに関する実態調査」をもとに電子サイン利用の実態を解説していきます。※本記事は、宅建業法改正前(2022年4月時点)に執筆したものです。賃貸借更新時と賃貸借解約時における取引場面では、既に電子サインが認められています。(2022/4/28)

採用事例:
英国ロンドン・シティーで賃貸オフィスビルを取得、大林組
大林組は、海外のグループ会社で、英国のロンドンに本社を構えるOBAYASHI PROPERTIES UK(大林プロパティズUK)を通じ、英保険大手AVIVAと共同で、英国の「ロンドン・シティー」にある賃貸オフィスビル「20 Gracechurch Street」の権利を取得した。(2022/4/27)

ZEH:
長谷工グループが2022年度以降、全マンションを“ZEH化”
長谷工グループは、2050年のカーボンニュートラルを目指す取り組みの一環で、2022年度以降に設計に着手する新築マンションと自社で保有する賃貸マンションで完全ZEH化することを表目した。(2022/4/26)

プロジェクト:
血液認証装置導入の家具家電付き賃貸マンションが大阪府で着工、三菱地所レジデンス
三菱地所レジデンスは、大阪府吹田市江坂1丁目で開発を進めていた賃貸マンション「ザ・パークハビオ 江坂公園」が着工したことを公表した。ザ・パークハビオ 江坂公園は、三菱地所レジデンスで初めて血液認証装置を導入し、入居者が鍵を持たなくても指だけでエントランスや各住戸、宅配ロッカーを開けられるようにする。また、開発地の江坂は転勤者が多いエリアとして知られており、ザ・パークハビオ 江坂公園も転勤者や単身赴任者からのニーズが見込まれている。(2022/4/26)

プロジェクト:
東京都墨田区で次世代の賃貸マンションが竣工、キッチン・洗濯機・調理器具はシェア
三井不動産レジデンシャルは、東京都墨田区で開発を進めていた賃貸マンション「パークアクシス錦糸町スタイルズ」が完成したことを公表した。パークアクシス錦糸町スタイルズは、シェアキッチンや家具のサブスクリプションサービス付きで、調理器具や家電製品を持たない入居者でも生活しやすい環境を構築している。(2022/4/25)

家賃がもったいない:
「持ち家」に住みたい理由、「賃貸」に住みたい理由
「持ち家」または「賃貸」、どちらに住みたいと思っている人が多いのだろうか。全国の男女に聞いた。(2022/4/24)

産業動向:
群馬県の賃貸物件で人気の最寄り駅ランキング、全カテゴリーで「高崎」駅が1位
アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 群馬県編」を公表した。ランキングでは、全カテゴリーで「高崎」駅が1位にランクインし、さまざまな世帯に高崎駅が人気なことが判明した。(2022/4/22)

パークアクシス錦糸町スタイルズ:
選べる食事に家具のサブスク付き「賃貸マンション」の内部はどうなっているのか
三井不動産レジデンシャル(東京都中央区)が手掛ける賃貸マンション「パークアクシス錦糸町スタイルズ」(東京都墨田区)が3月25日に竣工した。(2022/4/15)

調査レポート:
アットホーム、不動産取引書類のオンライン化&電子サイン実態調査
アットホームは、2020年4月以降に物件を購入または賃貸物件を新規で契約・更新・解約した全国の18〜50歳の男女440人を対象に、書類のオンライン化・電子サインの実態と今後の希望について調査を行った。(2022/4/12)

産業動向:
Gomez賃貸不動産情報サイトランキング、1位は「LIFULL HOME’S」
ブロードバンドセキュリティは、「Gomez」のWebサイトにおいて「Gomez賃貸不動産情報サイトランキング」を発表した。総合第1位は、LIFULLが運営する「LIFULL HOME’S」だった。(2022/4/1)

アウトドア好きの宿泊施設「365BASE」、MTGルームを500円でレンタル開始
不動産賃貸を手掛けるスズヒロ(浜松市)は、運営するアウトドアコンセプトの宿泊施設「365BASE outdoor hostel」において、施設内のミーティングルームを1時間500円で利用できるサービスを始めた。(2022/3/31)

リテール&ロジスティクス:
沖縄県豊見城市で延べ3.9万m2のマルチテナント型物流施設が竣工、大和ハウス工業
大和ハウス工業は、沖縄県豊見城市で開発を進めていたマルチテナント型物流施設「DPL沖縄豊見城」が竣工したことを公表した。DPL沖縄豊見城は、物流企業など3社の入居が決定し、2022年3月14日時点で、賃貸面積の約87%が契約済みとなっており、残り1区画を募集中だ。(2022/3/31)

4月中旬から:
選べる朝食、洗濯代行、家具のサブスク 至れり尽くせりの「単身用賃貸マンション」が入居開始
選択制の朝食やシェアリング、サブスクリプション型のサービスを付帯した単身用賃貸マンション「パークアクシス錦糸町スタイルズ」の入居が4月中旬に開始。テレワークの普及や在宅時間の増加による家事負担軽減などのニーズに特化したサービスを提供する。(2022/3/29)

不動産市況:
京都府の賃貸物件で人気の最寄り駅ランキング、総合1位は「今出川」駅
アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 京都編」を公表した。ランキングでは、総合順位と単身世帯向け物件のカテゴリーで「今出川」駅が1位にランクインし、単身世帯を中心に今出川駅が人気なことが分かった。(2022/3/29)

不動産市況:
2021年度の国内賃貸住宅市場規模は前年度比108.9%の33万戸、矢野経済研究所
矢野経済研究所は、賃貸住宅関連会社などを対象に、専門研究員による直接面談(オンライン含む)と文献調査を2021年11月〜2022年1月に行い、その結果をレポートにまとめた。レポートによれば、2021年度の国内賃貸住宅市場規模は新設着工戸数ベースで、前年度比108.9%の33万戸と予測した。(2022/3/24)

Re-rent Residence押上:
“外泊すると家賃が下がる”賃貸 東急が東京・押上に第2弾
東急は3月16日、多拠点生活者向けの賃貸住宅「Re-rent Residence押上」(東京都墨田区)を開業した。(2022/3/23)

不動産市況:
栃木県の賃貸物件で人気の最寄り駅ランキング、全カテゴリーで「宇都宮」駅が1位
アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 栃木県編」を公表した。ランキングでは、全カテゴリーで「宇都宮」駅が1位にランクインし、さまざまな世帯に宇都宮が人気なことが判明した。(2022/3/18)

導入事例:
高遮音二重床システムを採用した第1号案件が竣工、東急建設
東急建設は、高遮音二重床システム「SQサイレンス50」を採用した第1号案件として、東京都品川区西五反田4丁目で開発を進めていた賃貸共同住宅「サンムラカミ22番館」が竣工したことを2022年3月2日に発表した。(2022/3/17)

リテール&ロジスティクス:
東京都足立区で低床倉庫を備えた都市型物流施設が竣工、プロロジス
プロロジスは、東京都足立区入谷で開発を進めていた都市型賃貸用物流施設「プロロジスアーバン東京足立2」が2022年3月に竣工したことを公表した。プロロジスアーバン東京足立2が位置する城北エリアは、物流施設と倉庫の新規供給が少なく、高機能な新築物流施設は希少だという。(2022/3/17)

ZEH:
積水ハウスが「ZEH最上位水準」を戸建て・賃貸で標準化、住宅性能表示制度の4月施行に併せ
積水ハウスは、住宅性能表示制度の断熱性能等級で、住宅の省エネ性能がZEH水準と同等の「等級5」が2022年4月に新設されることに併せ、自社の戸建てと賃貸住宅で標準化する方針を発表した。(2022/3/14)

PROFICA品川南大井:
小田急不動産、投資用物件の開発を加速 東京・品川に賃貸レジデンス第1号
小田急不動産の投資家向け一棟賃貸レジデンス「PROFICA」シリーズ第1号、「PROFICA品川南大井」が2月28日に竣工した。(2022/3/10)

導入事例:
アットホーム、賃貸物件のオンライン入居申込サービスで新たに1社と連携
アットホームは、オンラインで賃貸物件の入居申込が可能な「スマート申込」において、家賃債務保証会社のあんしん保証と新たに連携した。これにより、連携会社は計37社となっている。(2022/3/3)

リテール&ロジスティクス:
羽田空港付近でマルチユース対応の物流施設が着工、プロロジス
プロロジスは、東京都大田区で開発を進めている都市型賃貸用物流施設「プロロジスアーバン東京大田1」の起工式を2022年2月25日に開催した。(2022/3/4)

不動産市況:
2021年下半期に問合せが多かった賃貸物件の条件・設備は家賃ダウンとネット無料
アットホームは、2021年7月以降に賃貸居住用物件を探している顧客を担当した全国のアットホーム加盟店726店を対象に、2021年12月17〜24日にインターネット上でアンケート調査を行い、その結果をまとめた「不動産のプロが選ぶ!“2021年下半期 問合せが多かった条件・設備”ランキング」を公表した。今回のランキングによれば、条件編では「毎月の家賃を下げたい」が、設備編では「インターネット接続料無料」が1位となった。(2022/3/1)

不動産市況:
東京都の賃貸物件で人気の最寄り駅ランキング、全カテゴリーで「町田」駅が1位
アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 東京都編」を公表した。ランキングでは、全カテゴリーで「町田」駅が1位にランクインし、全世帯を中心に町田駅が人気なことが分かった。(2022/2/24)

「CIEL(シエル)」シリーズ:
大東建託初の「ガレージ付き賃貸住宅」 新シリーズで取り込む需要とは?
大東建託が、高付加価値の賃貸住宅「CIEL(シエル)」シリーズを立ち上げると発表した。狙う新たな需要とは?(2022/2/22)

プロジェクト:
次世代インターフォンシステムを採用した賃貸マンションが東京・港区で誕生
NTT都市開発は、東京都港区でリニューアルを進めていた次世代大規模賃貸マンション「ウエリスアーバン品川タワー」が完成し、2021年1月21日に建物の予約制内覧会をスタートした。(2022/2/22)

リテール&ロジスティクス:
東京建物が冷凍・冷蔵倉庫の開発に本格参入、第1弾は埼玉県で延べ1.5万m2の物流施設
東京建物は、2018年に物流施設開発事業に参入し、全国でマルチテナント型物流施設を約20件開発してきたが、冷凍・冷蔵倉庫に関しては、一般的な物流施設と比較すると賃貸施設としての開発例が少なかった。しかし、伸長する食品系EC(電子商取引)の商品や医薬品とワクチンを扱える冷凍・冷蔵倉庫の需要が高まっていることを考慮し、冷凍・冷蔵倉庫の開発に踏み切った。(2022/2/22)

プロジェクト:
木造中層新築賃貸マンションが稲城市で竣工、完成後1カ月以内にほぼ満床のワケとは?
三井ホームは、東京都稲城市百村で、「稲城プロジェクト」として開発を進めていた新築木造賃貸マンション「MOCXION INAGI」が2021年11月に完成したことを発表した。MOCXION INAGIに設置された各部屋の賃貸価格は、東京都調布市の賃貸マンション価格と同水準に設定されており、東京都稲城市の賃貸マンション価格より約30%高いが、遮音性やデザイン性、高級感を評価され、2021年12月8日時点で、全住戸の9割で入居の申し込みを受けている。(2022/2/18)

ゲーミングPC付きのお部屋でゲームライフ 物件賃貸サービス「eルーム」が開始
PCやモニター、キーボードなど合計6点が物件とセットになっています。(2022/2/17)

自宅での時間が増えたことで変化も:
賃貸物件で「問い合わせが多かった条件・設備」 2021年下半期の1位は?
不動産情報サービスのアットホームは、賃貸居住用物件を対象に、「2021年下半期問い合わせが多かった条件・設備」に関する調査を実施した。(2022/2/15)

リテール&ロジスティクス:
プロロジスが東京・墨田区で多機能賃貸物流施設の開発に着手
プロロジスは、東京都墨田区押上で、スカイツリー付近にある既存施設を都市型賃貸用物流施設「プロロジスアーバン東京押上1」にリノベーションする工事を2022年2月に開始した。プロロジスアーバン東京押上1は、2022年2月にリノベーション工事に着手し、2022年夏頃に完成する予定で、物流スペースを含む多機能なビジネス拠点を必要とする企業に賃貸する見込みだ。(2022/2/10)

ユビ電、賃貸マンションにEV充電コンセント設置サービス
 充電サービスの管理運営を行うユビ電(東京都渋谷区)は2月4日、野村不動産プライベート投資法人の居住用施設において、WeCharge電気自動車充電サービスを導入し2022年1月より運用を開始したと発表した。(2022/2/8)

LEGALAND Biz原宿:
東京・原宿に“オフィス機能”を打ち出した賃貸マンション 共用の応接室と会議室を用意
総合不動産事業のLeTechは、職住融合型の「LEGALAND Biz 原宿」を竣工したと発表。物件の特徴は?(2022/2/4)

「住みたい街ランキング」賃貸トップは2年連続「本厚木」 一昨年まで4年連続1位だった「池袋」は?
住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が物件への問合せ数などから算出した「住みたい街ランキング」を発表。賃貸トップは前回に続き「本厚木」(神奈川県)だった。(2022/2/3)

ウエリスアーバン品川タワー:
東京・品川に“次世代賃貸マンション”、スマホで来客応対が可能 NTT都市開発
NTT都市開発は次世代大規模賃貸マンション「ウエリスアーバン品川タワー」を完工した。(2022/2/3)

不動産市況:
千葉市の賃貸物件で人気の最寄り駅ランキング、全カテゴリーで「千葉」駅が1位
アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 千葉市編」を公表した。ランキングでは、総合順位、シングル向き物件、カップル向き物件、ファミリー向き物件といった全カテゴリーで、「千葉」駅が1位にランクインし、さまざまな世帯に千葉駅が人気なことが裏付けられた。(2022/2/3)

プロジェクト:
「月島」駅前に街のシンボルを目指した賃貸マンションが竣工、大成有楽不動産
大成有楽不動産は、東京都中央区佃で計画を進めていた賃貸マンション「テラス月島」が2021年11月に竣工したことを公表した。(2022/1/31)

プロジェクト:
東京都目黒区で有料老人ホームと店舗から成る複合施設が着工、日本郵政不動産
日本郵政不動産は、東京都目黒区下目黒五丁目で、「(仮称)下目黒五丁目計画」として、有料老人ホームと店舗から成る複合施設の開発を進めている。下目黒五丁目計画は、グループ会社の保有資産を活用した開発で、有料老人ホームは長谷工コーポレーション(運営は長谷工シニアウェルデザイン)に、店舗はライフコーポレーションに賃貸し、竣工後は各社が運営する。(2022/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。