ニュース
» 2010年10月05日 10時22分 UPDATE

ドコモ、Androidタブレット「GALAXY Tab」とスマートフォン「GALAXY S」発売へ

ドコモがSamsung製Androidタブレット「GALAXY Tab」とスマートフォン「GALAXY S」を発売。それぞれAndroid 2.2を搭載した。GALAXY Sは10月15日から予約を受け付ける。

[ITmedia]

 NTTドコモは10月5日、Samsung Electronics製Androidタブレット「GALAXY Tab」とスマートフォン「GALAXY S」の日本版として、「ドコモ スマートフォン GALAXY Tab」(11月下旬発売)と、「同 GALAXY S」(10月下旬発売)を開発したと発表した。GALAXY Sは10月15日から予約を受け付ける。

 それぞれAndroid 2.2を搭載し、Flashに対応。iモードのメールアドレスが使える「spモード」に対応し、「ドコモマーケット」や「Androidマーケット」「SAMSUNG Apps」からアプリをダウンロードできる。10月下旬から同社が始める「電子書籍のトライアルサービス」にも対応する。

Androidタブレット「GALAXY Tab」

画像

 「GALAXY Tab」は、7インチ(1024×600ピクセル)のマルチタッチ対応ディスプレイを搭載。3Gと無線LAN通信、Bluetooth 3.0に対応した。約320万画素のカメラを備える。

 4000mAhの大容量バッテリーを搭載し、3G連続待ち受け時間は1450時間、連続通話時間は約880分。16Gバイトのメモリを内蔵し、microSDHCカード(最大32Gバイト)も使える。サイズは約191(高さ)×121(幅)×12.1(厚さ)ミリ、重さは約382グラム。

 地図機能「いつもNAVI」やGoogleマップを装備。待ち受け画面でmixiやTwitterを確認できる「SNS browser」や、天気予報・スケジュールなどをチェックできる「Daily Briefing」を備え、オフィスソフト「ThinkFree Office」を搭載している。

スマートフォン「GALAXY S」

画像

 「GALAXY S」は、4インチ(480×800ピクセル)のマルチタッチ対応有機ELディスプレイと、ハイビジョン(720p)撮影に対応した500万画素カメラを搭載。

 16Gバイトのメモリを内蔵し、microSDHC(最大32Gバイト)に対応。「SNS browser」や、待受画面からSNSに写真やメモなどを投稿できる「Days」を待ち受け画面に配置できる。Evernoteをプリインストールしている。

 3Gの連続待ち受け時間は約510時間。サイズは約122(高さ)×64(幅)×9.9〜12.2(厚さ)ミリ。

 両端末は、同日開幕する「CEATEC JAPAN 2010」(千葉・幕張メッセ)のドコモブースに出展するほか、東京丸の内のショールーム「ドコモスマートフォンラウンジ」でも展示する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -