ニュース
» 2010年10月05日 11時21分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2010:初のヤフオク対応テレビ、パナソニックが開発 楽天と協業も

パナソニックとヤフーが協業し、ヤフオクに対応した薄型テレビを共同開発。来春の実用化を目指す。テレビ向けECの実用化を視野に、楽天と共同研究も進める。

[ITmedia]
画像 新開発したテレビで閲覧できるコンテンツ(ニュースリリースより)

 パナソニックは10月5日、ヤフーと協業し、「Yahoo!オークション」(ヤフオク)に対応した薄型テレビを業界で初めて共同開発したと発表した。来春の実用化を目指す。テレビ向けECの実用化を視野に、楽天と共同研究も進める。

 テレビでは、ヤフオクのほか、ファッション誌ポータル「X BRAND」(ヤフーが運営)、電子書籍「ビューン」(ビューンが運営)、ライフスタイル誌「東京カレンダー」(ACCESSが運営)など電子雑誌閲覧機能を搭載。同日開幕する「CEATEC JAPAN 2010」(千葉・幕張メッセ)で参考出展する。

 テレビ向けEC、「いわゆる『Tコマース』」(同社)の実用化を視野に、楽天と共同研究を進めることにも合意した。今後、日米欧を中心としたグローバル市場へのサービス提供を目指し、検証を進める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -