ニュース
» 2010年12月14日 15時40分 UPDATE

Google、「検索結果で自社コンテンツ優遇」批判に反論

「Googleが検索結果で自社サービスの情報を優遇している」とのライバルの批判に対し、Googleはユーザーの利便性のためと主張している。

[ITmedia]

 「Googleが検索結果ページで自社コンテンツを不当に優遇」と競合サイトが批判――このような記事を受けて、Googleはユーザーの利便性のためだと自身を擁護した。

 この記事は12月13日付でWall Street Journalに掲載されたもの。Googleが検索結果ページにおいて、Google Healthや地図検索など自社サービスの情報を、他社コンテンツより上に表示しているという競合サイトが批判していると報じている。Googleを批判しているサイトには、旅行情報サイト、レストランレビューサイト、医療情報サイトなどが挙げられている。

 例えば、Googleでレストランを検索すると、検索結果ページで同社のPlaces Pages(店舗情報をまとめたページ)がほかのサイトより上位に表示されることがある。Wall Street Journalの記事では、競合サイトが、こうした手法によってGoogle検索からのトラフィックが減少したと話している。

 Googleはこの記事に反論し、「当社の目的は、できるだけ迅速に、分かりやすい形でユーザーに検索の答えを提供することだ。店舗への直接のリンクが最も有用な場合もあるし、地図やレビューサイトのリストが適していることもある」と述べ、ユーザーの利便性にかなうよう検索結果を表示していると主張している。

 「Googleは、Webサイトのためではなく、ユーザーのために作った」と同社は語り、「ユーザーが第一」という姿勢を強調している。

関連キーワード

Google | 検索 | 批判 | 競合 | EU | 独占禁止法


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -