ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「競合」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「競合」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

スイーツ市場は横ばいなのに、シャトレーゼ「一人勝ち」のなぜ 不二家、コージーコーナーとの違い
近年横ばいが続く、菓子市場。その中で一人、気を吐くのがシャトレーゼだ。不二家や銀座コージーコーナーといった競合が苦しむ中、なぜ「一人勝ち」できるのか。(2024/2/22)

ライバルと激しい競争:
弱点は何か? OpenAIの“1分映像”生成AI「Sora」に抱く疑問
OpenAIが、テキストから約1分間の映像を生成できる「Sora」を発表。競合のAI技術ベンダーと「互角の勝負になる」という見方がある一方、OpenAI自身も認める弱点がある。(2024/2/19)

楽天モバイルと米AST、衛星とスマホの直接通信に自信 競合他社にはない強みは?
楽天モバイルが米AST SpaceMobileと共同で、衛星と携帯電話の直接通信によるモバイル・ブロードバンド通信サービスを日本国内で2026年内に始める計画だと発表した。衛星と市販のスマートフォンが直接通信し、音声通話やデータ通信が可能になる予定。両社は同日、会見を開いた。(2024/2/16)

実験的な拡張機能「NuGetSolver」:
Microsoft、「Visual Studio」でNuGetの依存関係の問題解決を支援するツールを公開
Microsoftは、「Visual Studio」でNuGetパッケージの依存関係の競合に対処するための実験的な拡張機能「NuGetSolver」を公開した。(2024/1/25)

セールスフォース・ジャパン幹部に聞く:
買収に頼らず自社開発したCDP「Salesforce Data Cloud」の特徴とは?
社内に分散するあらゆる顧客データを集約し、顧客をより深く理解した上で施策を展開したい――。そんなマーケターのニーズに応えるテクノロジーがCDPである。すでに強力な競合が先行する市場で、Salesforceはどのように独自性を発揮しようとしているのか。(2024/1/15)

店舗数を拡大:
英国発のカフェチェーン「コスタコーヒー」が上陸 どう戦っていくのか
英国発のカフェブランド「コスタコーヒー」が、日本での国内展開を加速させている。レッドオーシャンのカフェ業界で、コスタコーヒーは競合とどう差別化するのだろうか。(2024/1/9)

グローバルで組織再編の日立、メガクラウド・競合との距離感は 新会社社長にAWS re:Inventで聞いた
グローバルで組織再編した日立グループ。大手クラウドベンダーや競合との距離間はどう変わっているのか。新会社社長に就任予定のキーパーソンに詳細を聞いた。(2023/12/21)

「Pixel 8 Pro」にGoogleの生成AIモデル「Gemini Nano」搭載 その他の「Feature Drops」も一気に紹介
GoogleはOpenAIのGPT-4と競合する新生成AIモデル「Gemini」を発表した。その最小モデル「Gemini Nano」は「Tensor 3」搭載の「Pixel 8 Pro」で利用可能に。今年最後の多数の「Feature Drops」も紹介した。(2023/12/7)

マイクロン 128GバイトDDR5 RDIMM:
32GビットDDR5 DRAM採用のメモリモジュール
マイクロン・テクノロジーは2023年11月、モノリシックチップベースの128GバイトDDR5 RDIMMを発表した。競合製品と比較して、ビット密度は45%以上、エネルギー効率は最大24%、AI(人工知能)学習のパフォーマンスは最大28%向上している。(2023/12/6)

医療技術ニュース:
新型コロナからアルツハイマー病の神経細胞死を抑制するペプチドを開発
東京都立大学は、新型コロナウイルスのタンパク質Orf9bが、アルツハイマー病関連キナーゼMARK4の活性を非競合的に阻害することを発見した。また、Orf9bの配列から、細胞透過性MAPK4阻害ペプチドを開発した。(2023/12/5)

プレミアムコンテンツ:
iPhoneは監視されている――なぜGoogleが警鐘を鳴らすのか
Appleの「iPhone」に侵入したスパイウェアによる監視行為について、Googleは注意を呼び掛けている。競合製品でさえ放っておけない、Googleが発見した恐るべき実態とは。(2023/12/1)

マイクロン Micron 7500:
PCIe Gen4対応、232層NAND採用のデータセンター向けNVMe SSD
マイクロン・テクノロジーは、PCIe Gen4に対応した、メインストリームデータセンター向けNVMe SSD「Micron 7500」を発表した。232層NANDフラッシュを搭載し、競合品に比べてランダム書き込みパフォーマンスを最大242%向上できる。(2023/12/1)

ビジネス利用に最適化された生成AI「Amazon Q」登場 月額20ドルから
Amazon Web Services(AWS)が、ビジネス利用に特化した生成AIアシスタントサービスのプレビュー提供を開始した。ライセンス料金は1ユーザー当たり月額20〜25ドルと、競合企業の同種サービスよりも手頃であることが特徴だ。(2023/11/30)

AWS re:Invent 2023:
AWS、業務専用AIアシスタント「Amazon Q」発表 月額20ドル/ユーザーで提供開始
AWSは年次イベント「re:Invent」で、ChatGPT Enterpriseや企業向けCopilotと競合するAIアシスタント「Amazon Q」を発表した。「Amazon Bedrock」ベースで、SlackやGmailなどの外部データソースへのアクセス権を与えることもできる。(2023/11/29)

衛星インターネットで、NTTがAmazonと協業 Starlink競合「Project Kuiper」を日本で提供へ
日本電信電話(NTT)、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、スカパーJSATの4社は、米Amazonが提供する低軌道衛星インターネット「Project Kuiper」との戦略的協業に合意した。日本企業や政府機関、自治体などにProject Kuiperを提供する。(2023/11/28)

AI市場で勝負するAMD【中編】
AMDが“NVIDIA猛追”にようやく動いた? 本格化する「GPU」覇権争い
GPUなどの半導体製品を提供するAMDは、AI開発に関連するソフトウェアを手掛ける企業を買収すると発表した。AI分野で注目を集めつつある競合NVIDIAに、AMDはどのような戦略で挑むのか。(2023/11/23)

OpenAIの競合Anthropic、「Claude 2.1」でコンテキストウィンドウを20万トークンに
OpenAI競合のAhthropicは、ChatGPTと競合する「Claude」をバージョン2.1にアップデートした。コンテキストウィンドウを従来の倍の20万トークンに増やした。「GPT-4 Turbo」は12万8000トークンだ。(2023/11/22)

AI市場で勝負するAMD【前編】
AMDのAIスタートアップ買収は“競合NVIDIA”への対抗になるか
半導体製品ベンダーAMDは、AI分野のスタートアップ買収を発表した。半導体製品を主軸にするAMDに、この買収はどのような影響をもたらすのか。その狙いとは。(2023/11/19)

ドコモ「d払い」トラブル、イメージ悪化なら金融事業に打撃
NTTドコモのスマートフォン決済「d払い」の一部サービスが、15日午前11時ごろから全国で利用できなくなった。d払いはドコモが近年力を注ぐ金融事業の中核的なサービス。競合する携帯各社も同事業に力を入れており、d払いのイメージが悪化すればドコモの戦略にも狂いが生じかねない。(2023/11/15)

日本通信の「合理的30GBプラン」は安すぎる? 福田社長「キャリアが高すぎるだけです」
日本通信が、月額2178円で30GBのデータ通信を利用できる「合理的30GBプラン」を発表。ネットでは「安すぎる」という反響が挙がっているが、福田尚久社長は「キャリアが高すぎるだけです」とコメント。競合サービスと比べてどれだけ安いのか?(2023/11/14)

なぜ? 突如浮上した「NTT法」見直しを巡る、NTTと通信3社の対立 その理由を整理する
突然浮上した、「NTT法」を巡る日本電信電話(NTT)と競合との激しい対立。NTT側が研究開発の開示義務やユニバーサルサービスの見直しなどによってNTT法の役割は終えるとする一方、KDDIやソフトバンクなど競合側は、NTTが“特別な資産”を持つ以上NTT法は維持すべきと主張、議論は平行線をたどっている。なぜ今NTT法の見直しが起きていて、NTT側と競合がそこまで対立する理由はどこにあるのかを確認したい。(2023/11/13)

「ドコモが取れていないユーザーを取る」 NTTメディアサプライが海外eSIMサービス「Lesimo」を始めたワケ
NTTメディアサプライは、4月に海外旅行用eSIMサービスの「Lesimo(ルシモ)」を提供開始。NTTグループにはご存じのようにドコモもあり、国際ローミングサービスを提供しているが、海外向けeSIMはこことも競合する恐れがある。なぜ同社はあえて海外向けeSIMサービスの提供に踏み切ったのか。(2023/11/10)

NTT島田社長、他社の“NTT法廃止反対”について「誤解がある」と反論 「世界では20年前に終わっている議論」
NTT島田明社長が、NTT法の見直しについて、決算会見で改めてコメントした。公正競争の規制は、電気通信事業法でも規定されており、必要ならNTT法の規制を電気通信事業法に統合すればいいという考えは変わらない。競合他社の意見については「誤解がある」点も指摘した。(2023/11/7)

Cybersecurity Dive:
CiscoのSplunk買収は「吉」と出るか「凶」と出るか アナリストの見解は?
CiscoによるSIEMおよびオブザーバビリティ製品を提供するSplunkの買収は、市場の変化に大きな影響をもたらすとみられる。競合であるMicrosoftについてもそれは例外ではない。(2023/11/4)

GoogleがAndroid端末で独占禁止法違反の疑い 公取委が意見募集
公正取引委員会は10月27日、Googleに独占禁止法違反の被疑行為があるとして、第三者からの意見募集を開始した。Googleには、Android端末で競合サービスの検索アプリを搭載しない契約を締結させているという。意見は郵送かメールで受け付ける。(2023/10/23)

Q&A これって違法ですか?:
「競合に転職しないで」 お願いするのは違法ですか?
当社はコアな領域ということもあり、できれば「競合への転職」は避けてほしいと考えています。転職するという社員に「競合への転職はしないでくれ」とお願いしているのですが、これは法律違反になるのでしょうか?(2023/10/23)

CEATEC 2023でデモを披露:
PR:ぬれた手でもOK! タッチスイッチの可能性を広げるTDK独自の圧電スイッチ「PiezoTap」
TDKは「CEATEC 2023」において、同社が取り組んでいる持続可能な次世代社会の実現に向けた革新的な技術と製品を展示する。中でも注目したいのは、開発中の圧電スイッチ「PiezoTap」だ。競合するタッチスイッチの課題を解決し、新たな用途を広げる可能性が高い。(2023/10/16)

Threads、ポストの修正機能と音声投稿機能を無料で提供開始
MetaはX競合の「Threads」に、ポストの修正機能と音声投稿機能を追加した。投稿済みポストを5分以内であれば修正できる。Xはサブスクユーザーにのみ同様のポスト修正機能を提供している。(2023/10/13)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第7回】
LinuxベンダーSUSEが脱「販売」に動くしかない“深い理由”
競合Red Hatから新しいCEOを迎え入れたSUSEは、技術開発に注力するとともに、販売体制を一新する。具体的には何をするのか。(2023/10/13)

組み込み開発ニュース:
富士通の次世代プロセッサ「MONAKA」は競合比2倍の電力効率、2027年度に投入
富士通が2027年度内の市場投入に向けて開発を進めているデータセンター向けプロセッサ「FUJITSU-MONAKA」について説明。「京」や「富岳」で培った技術を基に、Armアーキテクチャや台湾TSMCの2nmプロセスなどを用いて、競合比2倍となる電力効率や高速処理の実現を目指す。(2023/10/12)

石野純也のMobile Eye:
Pixelが国内でシェア急増も「8/8 Pro」は大幅値上げ 競合からは“包囲網”も
Googleは、Pixelシリーズの最新モデル「Pixel 8」「Pixel 8 Pro」を10月12日に発売する。日本市場参入当初はパイが小さかったPixelだが、廉価モデルのaシリーズを含めたコストパフォーマンスの高さやAI関連機能が評価された結果、シェアを急速に高めている。一方、円安の影響でPixel 8/8 Proは価格が高騰。競合メーカーの製品作りにも影響を与えている。(2023/10/7)

Amazon、Starlink競合の「Project Kuiper」初衛星を10月6日に打ち上げ
Amazonは、衛星インターネットサービス「Project Kuiper」のプロトタイプ衛星を10月6日に打ち上げる計画だ。打ち上げはYouTubeでライブ配信する予定。(2023/10/6)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第5回】
商用Linux「RHELの今後」を左右する“SUSEの真意”とは?
LinuxベンダーSUSEは、ソースコードへのアクセスを限定する競合Red Hatに対して、OSSの基本である「誰でも利用できること」を追求している。理想とビジネスをどうやって両立させるのか。(2023/10/6)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第3回】
Red Hatの「RHEL」に不満な人を救うのは“SUSE”か?
新製品開発に注力し、競合Red Hatに果敢に対抗しようとしているSUSE。「全てはユーザー企業のためだ」と語るSUSEのCEOに、取り組みの“理由”を聞いた。(2023/9/29)

特選プレミアムコンテンツガイド
iPhoneは監視されている――なぜGoogleが警鐘を鳴らすのか
Appleの「iPhone」に侵入したスパイウェアによる監視行為について、Googleは注意を呼び掛けている。競合製品でさえ放っておけない、Googleが発見した恐るべき実態とは。(2023/9/26)

Amazon、OpenAI競合のAnthropicに最大40億ドル投資 AWSでモデル開発
Amazonは、OpenAI競合のAnthropicと生成AI推進の戦略的提携を結び、最大40億ドルを投資すると発表した。AntrhopicはAWSでモデルの開発を行い、AWSの顧客に早期アクセスを提供する計画。(2023/9/25)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第1回】
OSSらしくない「Linuxディストリビューションの矛盾」とは
LinuxベンダーSUSEはアジアで攻勢を掛ける。同社が事業拡大のチャンスとして見るのは競合Red Hatが打ち出した“ある動き”だ。SUSEの新CEOは何を考えているのか。(2023/9/20)

ソフトバンク社長「NTTは法撤廃でも米ITに対抗できず」 KDDI、楽天も反対表明
NTT法の見直しなどを検討する総務省の有識者会議が12日開かれ、NTTと、競合するKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの通信大手の計4社のトップが同法に対する意見を表明した。(2023/9/13)

長浜惇之介のトレンドアンテナ:
人か、ロボットか 「餃子の王将」と「大阪王将」が異なる一手 厨房で起きている見過ごせない変化
人手不足に悩む飲食業界。これまで近しいポジショニングだった餃子の王将と大阪王将では調理技術を巡って違いがみられる。人か、ロボットかーー競合などの状況分析を基に現在地をまとめた。(2023/9/12)

Google検索の生成AI機能「SGE」、日本語版提供開始
Googleは、米国では5月から提供しているGoogle検索の生成AI機能「SGE」の日本語版の提供を開始した。競合するMicrosoftの「新しいBing」と同様、試験運用という位置づけだ。(2023/8/30)

生成AI「Duet AI for Google Workspace」の提供開始
Googleは、Microsoftの「Microsoft 365 Copilot」と競合するオフィススイート向け生成AIツール「Duet AI for Google Workspace」の提供を開始した。企業ユーザーは無料トライアルに参加できる。大企業向けの価格設定は、Microsoftと同じだ。(2023/8/30)

OpenAI、企業向け「ChatGPT Enterprise」提供開始 高速GPT-4でプライバシーも安全
OpenAIはMicrosoftの「Bing Chat Enterprise」と競合する企業向けAIチャットサービス「ChatGPT Enterprise」の提供を開始した。高速なGPT-4を利用でき、プロンプトやデータがトレーニングに使われることはない。(2023/8/29)

半径300メートルのIT:
pictBLandのパスワード漏えいから学ぶ もし競合が被害に遭ったらどうする?
pictBLandのパスワード漏えいインシデントが話題です。本件はログイン時のパスワードの保管方法について問題視されていますが、筆者としては別のポイントに注目したいと思います。(2023/8/22)

Cybersecurity Dive:
Microsoftの“ずさんなセキュリティ対策”に非難集中 おわびのログ機能無料提供へ
Microsoftは、顧客の電子メールアカウントがハッキング被害に遭った件を受けて、クラウドセキュリティログ機能を無償で提供する予定だ。同社はこの件について連邦政府や競合他社から厳しい批判を受けている。(2023/8/20)

Xでのマスク氏の“戦い”ポストにザッカーバーグ氏がスレッズで応酬
X(旧Twitter)のオーナー、イーロン・マスク氏が申し出たMetaのザッカーバーグCEOとの“戦い”について、ザッカーバーグ氏はX競合のスレッズ上で「準備はできているけど期待はしていない」とポストした。(2023/8/8)

楽天モバイル「最強プラン」は優良誤認? ソフトバンク宮川社長が懸念を示す
 ソフトバンクが4日に実施した2023年第1四半期決算説明会の質疑応答では、競合の楽天モバイルの動きについて、宮川潤一社長に見解が問われた。(2023/8/7)

電力効率はGPUの20〜100倍に:
LeapMindのAIアクセラレーターIP、108TOPS/Wを達成
LeapMindは、極小量子化技術を用いた超低消費電力AIアクセラレーターIP「Efficiera(エフィシエラ)」で、消費電力1W当たり107.8TOPSという電力効率を達成した。この値は、競合するGPUやエッジ向けAIアクセラレーターの性能と比べ、同じ消費電力だと約5〜100倍に相当するという。(2023/8/4)

YouTube、「ショート」強化の新編集ツール追加 TikTokのようなコラボ機能など
YouTubeは、TikTok競合の「ショート」動画のクリエイター向けに6つの新機能を紹介した。(2023/8/2)

Herokuの「代替PaaS」を比較【第7回】
Herokuをやめて「Render」に乗り換えたくなる理由と注意点とは
Salesforceは「Heroku」の無償プランを廃止した一方、Render ServicesはHerokuの競合である「Render」の無償プランを提供し続けている。Heroku無償プランからRenderへの移行は現実的なのか。利点と課題を整理する。(2023/7/28)

プロセッサ2大巨頭が異例の発表【前編】
IntelとNVIDIAが「ワークステーション」でまさかの協業 その本当の狙いは?
「CPU」や「GPU」の市場で競合することのあるIntelとNVIDIAは、共同でワークステーションを発表するという異例の動きに出た。両社の狙いは、本当に新型ワークステーションの発表だけなのか。(2023/7/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。