ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「競合」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「競合」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

一番の競合はイオン:
「ドンキ」で買い物をする理由 3位「大体何でもそろう」、2位「面白い商品が見つかる」、1位は?
「競合探索調査 ドン・キホーテ編」の結果が発表された。ドンキの競合となる店舗や、消費者が買い物をする理由が明らかになった。(2021/5/11)

AWS、エッジにおけるJavaScript実行環境に本格参入 CloudflareやDenoなどの競合に
Amazon Web Services(AWS)は、エッジ環境で軽量なJavaScriptによる処理を実行可能な新サービス「Amazon CloudFront Functions」を発表した。(2021/5/7)

トヨタ子会社、Lyftの自動運転車部門を5.5億ドルで買収
トヨタ子会社のウーブン・プラネットがLyftの自動運転部門「Level 5」を買収すると発表した。買収総額は約5億5000万ドル(約595億円)。数カ月前にはLyft競合のUberも自動運転部門をAurora Innovationに売却した。(2021/4/27)

組み込み開発ニュース:
車載ビジョンシステム向けFPGAを発表、競合比で消費電力を75%低減
Lattice Semiconductorは、組み込みビジョンシステムに適した車載アプリケーション向けFPGA「Lattice CrossLink-NX FPGA」を発表した。最大10Gbpsの伝送速度を有するMIPI D-PHYインタフェースに対応している。(2021/4/27)

テレワーカーの引き抜きにどう対抗するか【後編】
“テレワーク離職”を本気で防ぎたい企業がやるべきことは?
テレワーカーの競合への転職を防ぐ手段に「競業避止契約」がある。ただし米国ではこうした契約を禁止する法律が生まれ始めた。こうした中、企業が人材流出を防ぐためにやらなければならないことがある。それは何か。(2021/4/23)

2021年は2社で555億ドルの見込み:
TSMCとSamsung、巨額投資でリードをさらに広げるか
IC Insights によると、Samsung Electronics(以下、Samsung)とTSMCは生産技術に対して競合先よりも多くの設備投資を行っていることから、2021年に半導体製造業界でのリードを広げる構えだという。(2021/4/9)

マキシム MAX17577、MAX17578:
小型で高効率の同期整流反転DC-DCコンバーター
Maxim Integrated Productsは、小型で高効率の同期整流反転DC-DCコンバーター「MAX17577」「MAX17578」を発表した。レベルシフト回路を内蔵し、部品点数を最大50%削減するため、競合品と比べて基板スペースを72%縮小できる。(2021/4/8)

マキシム MAX17227A、MAX17291、MAX38911:
競合比最大50%小型化、高効率電源ICシリーズ3種
マキシム インテグレーテッド プロダクツは、高効率電源ICシリーズ3種を発表した。自己消費電力が小さく、民生や産業、ヘルスケア、IoTシステム機器などのバッテリー駆動時間を延長できる。(2021/4/1)

まずはドイツでの“お手並み拝見”:
Tesla、EV市場でのリーダーシップへの険しい道のり
米国カリフォルニア州を拠点とする電気自動車メーカーTeslaのシェアがかつてないレベルまで高まる中、同社の勢いはさらに増しつつある。だが、大々的に宣伝される時価総額は、実際に持続できるものなのだろうか? また、Teslaは世界の競合各社と十分に張り合えるブランドなのだろうか?(2021/3/31)

最適な客室価格をリアルタイムで算出 NECがホテル向けダイナミックプライシングサービスを提供開始
NECは、ダイナミックプラスと共同開発したホテル業界向けダイナミックプライシングサービスの提供を開始する。時期や天候、予約状況、周辺イベント、競合の価格などに応じた最適な客室価格をリアルタイムで設定できる。(2021/3/30)

石野純也のMobile Eye:
「OCN モバイル ONE」新料金プランを解説 「サブブランド対抗」と「ドコモ連携」では課題も
「OCN モバイル ONE」の新料金プランがようやく発表された。現行プランをベースにしつつ、最低利用料金は1GBコースの700円(税別)。MVNOの競合他社と比べても、肩を並べるか、優位性のある料金プランになっている。一方で、ドコモを中心としたNTTグループ再編の観点では課題も残る。(2021/3/27)

いよいよ姿を現した新生「nasne」:
新生「nasne」を試す! 競合TVチューナーと使い比べてみた
バッファローが、3月25日からAmazonの公式ストア限定で「nasne(ナスネ)」を発売する。現代版にアップデートされた新生nasneを、競合モデルと比較して使い勝手をチェックした(2021/3/25)

SBI証券、600万口座到達 預かり資産残高、株式売買代金ともにネット証券トップ
SBI証券は3月22日、600万口座を達成したと発表した。これは、大手対面証券である野村證券の口座数を上回っている。競合のネット証券である楽天証券が1年未満で100万口座増と急速に口座数を伸ばす中、トップを守った。(2021/3/22)

【AI insideの衝撃 後編】SaaS企業からAIプラットフォーマーへ
今期40億円を超える売上を見込み、250%を超える売上高成長率を達成しながらも「SaaSでの展開はあくまで通過点」と、AI insideの渡久地CEOは次の展開を見据えています。後編でも「企業データが使えるノート」のアナリストが、引き続き渡久地氏にインタビューを行いながら「GAFAが競合になり得る」というポテンシャルを持つ、AIプラットフォーマーとしての可能性を探っていきます。(2021/3/19)

企業向け管理/セキュリティ機能を強化 AMDがモバイル向け「Ryzen PRO 5000シリーズ」を発表
AMDのモバイル向けRyzen 5000シリーズに、企業向け管理/セキュリティ機能を強化したAPUが追加される。競合のIntelのvPro対応第11世代Coreプロセッサよりも省電力かつ高パフォーマンスであることをアピールしている。(2021/3/16)

さまざまな取り組み:
コロナ後にカギを握るのは? 米国、食品スーパーの動向
米国の食品スーパー業界にも、デジタルの波がやってきている。いや、アマゾンが2017年にスーパーの「ホール・フーズ」を買収したころから、競合他社の多くが危機感を抱き、動き始めている。では、どういった動きをしているのか。まとめてみたところ……。(2021/2/25)

300円均一「ミカヅキモモコ」運営会社が倒産 同業他社との競合激化、コロナ禍が追い打ちに
そんな……。(2021/2/8)

日本オラクル 三澤新社長インタビュー【前編】:
「絶対に落ちてはいけないシステム」のクラウドシフト加速へ 日本オラクル三澤社長“強気の戦略”を語る
2020年12月、日本オラクルの社長に三澤智光氏が就任した。同社で長年主力のデータベース事業やクラウド事業に関わり、一度は競合の日本IBMでクラウド事業を率いた経験を持つ同氏が、就任後すぐに打ち出したのが新たなクラウド戦略だ。社会を支えるシステムを支えるベンダーの責任が増す中、あえて大規模な組織のニーズを狙う“強気”はどこから来たのか。その背景や今後の方向性について聞く。(2021/1/22)

M&Aに乗り出す半導体3社の思惑【第3回】
Intelは何を間違えたのか? NVIDIA、AMDにかすむ“巨人”の焦り
NVIDIA、AMDなど競合の半導体ベンダーが勢いづく中、Intelの存在が相対的にかすんでいる。かつて支配的な力を誇った“巨人”Intelは、何か間違いを犯したのか。そうだとすれば、何を間違えたのか。(2021/1/21)

TechTarget発 世界のITニュース
クラウドDWHのFireboltが約3700万ドル調達 売りの「高速処理」の中身とは?
MicrosoftやGoogleなど既存のクラウドDWHベンダーの競合となるFireboltが、約3700万ドルの資金を調達した。同社が競合との差異化ポイントとしてアピールする「高速処理」の中身とは。(2021/1/20)

CES 2021:
AMDがモバイル向け「Ryzen 5000シリーズ」を発表 アンロック対応の「HXプロセッサ」も投入
AMDが、Zen 3アーキテクチャベースのものを含むモバイル向け新型APUを発表した。アンロック対応の「HXプロセッサ」を新たに投入し、競合よりも処理性能面で有意であることをアピールしている。(2021/1/13)

事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【後編】
社員を第一に考えない会社が「DX」を語るな――シュナイダーが考えるDXの進め方
DX推進は競合他社との戦いに必要だ――こうした考え方は間違いではないが、より重要な視点を見落としてはいないか。重電メーカーSchneider Electricが重視するのが「従業員ファースト」の視点だ。(2021/1/7)

若手登竜門で優勝:
障壁だらけのデンマークで、共同創業した20代建築家。生き残る経営戦略は
プロフェッショナルがひしめくデンマークで、26歳の若さで設計事務所を立ち上げた、2人の日本人がいる。当時、技術も経験も足りなかった2人は、世界の競合と渡り合うためにどうやって戦ったのか。(2020/12/21)

Twitter、「Clubhouse」競合の音声SNS「Spaces」のテストを開始
Twitterは、音声チャットルームサービス「Spaces」のテストを開始したと発表した。ユーザーが自分のSpaceを開設してフォロワーなどを招待し、音声で会話するサービスだ。(2020/12/18)

次世代クラウドの強みをアピール:
大企業向けクラウドで「唯一無二の存在」になれるか? 日本オラクルの三澤新社長が新戦略を発表
日本オラクルの執行役社長に就任した三澤智光氏が、就任後初めて記者説明会に臨んだ。AWSをはじめとする競合がひしめく中、Oracle Cloudをアーキテクチャから刷新した、いわゆる「Gen2 Cloud(第二世代クラウド)」が狙う市場は大企業向けだという。その根拠と今後の戦略について聞いた。(2020/12/15)

GeForce RTX 3080と比べてどう? AMDの新型GPU「Radeon RX 6900 XT」の実力をチェック!
AMDの新型GPU「Radeon RX 6900 XT」が間もなく登場する。Radeon RX 6000シリーズのフラグシップとして、競合のハイエンドGPUを超える性能を有するという。その実力を、ベンチマークテストを通してチェックしてみよう。(2020/12/9)

光回線の公正利用に懸念噴出 ドコモ完全子会社化 競合トップが有識者会議に出席
総務省が、NTTによるNTTドコモの完全子会社化について、競争環境の公平性について検証する有識者会議の初会合を開いた。NTTはドコモを優先的に扱うことはないとしているが、競合各社は公正競争を阻害するとの懸念を示した。(2020/12/4)

Weekly Memo:
AWSやMicrosoftと異なる「Google Cloud」の魅力とは、同社パートナー事業トップの話から読み解く
メガパブリッククラウドとして、AWSやMicrosoft Azureと競合する「Google Cloud」。競合サービスと異なる魅力は何なのか。同社日本法人パートナー事業トップの話から探ってみたい。(2020/11/30)

米中対立が続く中:
NANDで競合猛追を狙う中国YMTCの野心
中国の新興企業であるYangtze Memory Technologies Corp(YMTC)は、今後数年間で競合先にライセンス供与する可能性が高いNAND型フラッシュメモリ技術で、Samsung Electronics(以下、Samsung)やMicron Technology(以下、Micron)をリードする構えだ。YMTCの元代理チェアマンであるCharles Kau氏が明らかにした。(2020/11/30)

マキシム MAX77655:
4出力を集積、小型かつ高電力密度のSIMO PMIC
Maxim Integrated Productsは、4出力のSIMO PMIC「MAX77655」を発表した。競合品よりサイズを70%縮小し、電力密度を85%向上。ウェアラブル機器、IoTセンサーノード、ヘルスモニターなどの利用を見込む。(2020/11/24)

シャープOBがプラズマクラスターではなく「光触媒」で攻勢
シャープOBらが設立したカルテックが、光触媒を活用した空間除菌脱臭機の開発に取り組んでいる。近年は大手メーカーとの競合市場に参入する「ものづくりベンチャー」の存在感が高まっており、ものづくり活性化の起爆剤として注目される。(2020/11/17)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
NANDで競合猛追を狙う中国YMTCの野心 ―― 電子版2020年11月号
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版2020年11月号。今号のEE Exclusive(電子版限定先行公開記事)では、中国の新興メモリメーカー・Yangtze Memory Technologies Corpの現状をレポートする「NANDで競合猛追を狙う中国YMTCの野心」をお送りする。(2020/11/16)

3DEXPERIENCE WORLD JAPAN 2020:
競合他社は10年遅い、SOLIDWORKSブランドCEOが語る設計の未来に向けた戦略
ソリッドワークス・ジャパンは、年次ユーザーイベント「3DEXPERIENCE WORLD JAPAN 2020」をオンライン開催。その基調講演に登壇した、SOLIDWORKSのブランドCEOであるジャン・パオロ・バッシ氏は「The Future Of Design SOLIDWORKS Strategy」と題し、設計の未来に向けたSOLIDWORKSの戦略について語った。(2020/11/13)

PR:人の動きが分かる「モバイル空間統計®」活用術 競合や顧客をタイムリーに分析する「LOGIO」があなたのビジネスを変える理由
(2020/11/9)

いまさら聞けないCBDC(2) CBDCがあれば銀行預金はいらない?
世界各国で中央銀行デジタル通貨(CBDC)への関心が高まっている。第1回では、CBDCが登場したときに、QRコード決済のPayPayのように利用されるイメージをまとめた。ただし、CBDCが競合するのは決済サービスだけではない。金融の基盤でもある銀行にはどんな影響があるのか。(2020/11/7)

いまさら聞けないCBDC 日銀がPayPayの競合になる?
世界各国で急速に動き出したCBDCだが、いったいどういうものなのかが分かりにくい。デジタル通貨といっても、銀行預金はいってみればデジタルだし、クレジットカードや電子マネーもある。CBDCとは一体何なのか。(2020/11/4)

最新資料で判明:
人手不足に悩むファミマの店舗が減少 競合他社も同様の傾向
ファミマが加盟店における人手不足の状況を公表した。「不足店舗率」が大きく改善している。今後も人手不足解消のためさまざまな施策を行うとしている。(2020/10/30)

AMD、競合のXilinxを350億ドルで買収 Intelと競合するデータセンター事業強化
AMDが競合のXilinxを350億ドル(約3兆6500億円)で買収すると発表した。先月のNVIDIAによる400億ドルのArm買収に続く大型統合だ。(2020/10/28)

マーケティングの「あるべき姿」とは:
PR:危機をチャンスに変えるデータ駆動形マーケティング
COVID-19で見通しが立たない日々が続くものの、マーケティング投資を控えてしまうと競合に後れを取るリスクがある。データ活用における大企業固有の課題を整理し、「守りつつ攻める戦略」の具体的な方法について考察する。(2020/11/6)

米Microsoft、「Microsoft Forms」を個人向けに正式リリース 「Google Forms」のようなアンケートを作成可能
米Microsoftが、アンケート作成などを簡単に行える「Microsoft Forms」を正式リリース。個人向けの機能で、マイクロソフトアカウントを持つユーザーは無料で利用可能。「Google Forms」の競合サービスだといえる。(2020/10/27)

既存店の展示品入替え活性化を図る:
大塚家具の大処分市 ヤマダ電機 旧LABI新宿東口館で開催
大塚家具は「展示品・在庫品 大処分市」をヤマダ電機旧LABI新宿東口館で開催する。LABI新宿東口館は、家電製品の販売を始めた大塚家具新宿ショールームとの自社競合解消のため10月4日に閉店した。(2020/10/9)

Microsoft、(AppleとGoogleに対して)アプリストアのお手本を示す
Apple(とGoogle)のアプリストアに対する開発者からの批判が高まる中、Microsoftがアプリストアとしてあるべき10の原則を発表し、Microsoft Storeはこの原則を採択したと発表した。競合するアプリストアの存在を認め、自社アプリを特別扱いしないなどの項目がある。(2020/10/9)

日本MS、打倒AWSに意欲 行政クラウド事業を強化 吉田社長「ナンバーワン目指す」
日本マイクロソフトが2021年度(20年7月〜21年6月)の経営戦略を発表。競合のAWSが先行する中、行政クラウド事業を強化する。吉田仁志社長は「ナンバーワンを目指す」と意気込む。(2020/10/7)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
評価が難しいEDR製品、MITRE ATT&CKテストで見る自社に最適な製品の選定方法
EDR製品は数多く市場に出回っているが、マーケティングを目的とした魅力的な専門用語が飛び交い、競合製品の比較を難しくしている。そこで自社に最適な製品やベンダーを見極め、選定するために役立つ客観的な指標を紹介する。(2021/4/1)

NTTによるNTTドコモの完全子会社化 KDDIとソフトバンクの反応は?
NTTがTOB(株式公開買付)によるNTTドコモの完全子会社化を発表した。携帯電話事業でドコモ、固定通信事業でNTT東日本やNTT西日本と競合するKDDIやソフトバンクは、この動きをどのように受け止めたのだろうか。(2020/9/29)

日本TI TPS63900:
バッテリーを長寿命化する昇降圧コンバーター
日本テキサス・インスツルメンツは、バッテリー動作時間を50%以上延長したDC-DC昇降圧コンバーター「TPS63900」を発表した。静止電流は75nA、効率は10μAで92%と高く、競合品と比較して最大3倍の出力電流を供給できる。(2020/9/18)

ヤマダ電機、「LABI 新宿東口館」閉店 歌舞伎町入り口の旗艦店
ヤマダ電機は、「LABI 新宿東口店」を10月4日に閉館する。「新宿エリア内の店舗配置の自社競合関係から店舗効率化を図るため」としている。(2020/9/11)

丸山副社長が謝罪:
なぜ、ドコモ口座は「本人確認が不十分」だったのか 「ドコモユーザー以外にも開放」戦略の“誤算”
全国の地方銀行などで決済サービス「ドコモ口座」を使った不正出金の被害が相次いでいる問題で、NTTドコモの丸山誠治副社長は9月10日、記者会見で本人確認が不十分だったと謝罪した。一因には、競合他社との回線契約数獲得争いの中で、ドコモ回線契約者(ドコモユーザー)以外にもサービスを開放する戦略を取ったこともあるようだ。(2020/9/10)

ゲームエンジンのUnityがIPO申請
Apple対Epic Gamesの訴訟で話題の「Unreal Engine」と競合するゲームエンジン「Unity」を手掛けるUnity Softwareが新規株式公開の登録書を提出した。ニューヨーク証券取引所にティッカーシンボル「U」で上場する。(2020/8/25)

Facebook、「TikTok」競合の「Instagram Reels」を日本を含む世界で公開
Facebookが昨年ブラジルでテスト公開した「TikTok」対抗の15秒動画共有機能「Reels」を、「Instagram」の1機能として日本を含む世界で公開した。TikTokは9月15日までにMicrosoftによる買収が決まらないと米国で使用禁止になる可能性がある。(2020/8/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。