ニュース
» 2011年02月17日 07時00分 UPDATE

Verizon版iPhone 4、アンテナ問題解決も「死のグリップ」はそのまま

アンテナ感度が問題となったiPhone 4の設計は、CDMAバージョンになっても大きな違いはないという。

[EE Times Japan]

 アップルは2010年7月に、スマートフォン「iPhone 4」の感度が本体の握り方によって低下し、通話中に通信が途切れる場合があるという「アンテナゲート」の問題に悩まされた。米国では当時、iPhoneを提供する携帯電話事業者はAT&T Mobilityだけだったが、2011年2月10日になってVerizon Wirelessが新たにCDMA対応版のiPhone 4を提供し始めた。アップルはこの新型のiPhone 4で、アンテナを再設計している。

 しかしUBM TechInsightsのアナリストによると、Verizonの新型iPhone 4で再設計されたアンテナは、AT&Tが当初販売したiPhone 4で「死のグリップ」の原因となったアンテナに比べて、それほど大きな違いがないという。なおUBM TechInsightsは、EE Times誌と同じくUnited Business Mediaの傘下にある、技術情報サービス企業である。→続きを読む

この記事はEETIMESから転載しています。

執筆 Dylan McGrath:EE Times (翻訳 田中留美、編集 EE Times Japan)


関連キーワード

iPhone | iPhone 4 | アンテナ | Verizon | Apple | AT&T | CDMA | 感度 | CDMA版iPhone


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -