ニュース
» 2011年05月16日 07時00分 UPDATE

富士通、キーボード内蔵型のWindowsタブレット発売

富士通が発表した新タブレットはキーボードを内蔵。Webや写真の閲覧にとどまらず、ビジネス文書などの長文も快適に作成できるという。

[本宮学,ITmedia]
photo 発表された「LIFEBOOK TH40/D」

 富士通は5月13日、個人向けPCの新シリーズを発表した。キーボードを内蔵したタブレット型PC「FMV LIFEBOOK TH」は、ディスプレイをスライドさせると現れるキーボードによって文字入力をスムーズに行えるのが特徴だ。

 「LIFEBOOK TH」はタッチパネル対応の10.1インチワイド液晶ディスプレイ(1024×600ピクセル)を搭載したWindowsタブレット。通常のタブレット型PCと同様にフラットな形状だが、液晶ディスプレイを後方にずらしながら持ち上げることで、内蔵したキーボードが現れる仕組みだ。

 Webや写真を閲覧する場合はタッチパネルで操作し、長文メールやビジネス文書などを作成する際はキーボードで快適に文字入力──といった利用を想定する。

 iPadやAndroidタブレットとの差別化を図り、「Windows 7を搭載し、企業向けにも通用するようなセキュリティやマルチタスクを備え、重たいOSの上でいかにサクサク感や使いやすさを出すかを追求した」(同社の齋藤邦彰執行役員)という。

 Atom Z670(1.5GHz)、1Gバイトメモリ、120GバイトHDDを搭載。サイズは274(幅)×188(奥行き)×17.4(高さ)ミリ、重さ約1.1キロ。

 発売は6月下旬。実売予想価格は8万円前後。

photophoto キーボードを出現させたときの形状は、まるで小型のノートPCのような印象だ

 新タブレットを含む個人向けPCの7シリーズには、スマートフォンで撮った写真や動画をワイヤレスで取り込む機能や、PCでテレビを視聴している際、席をはずす/戻るという動作に反応して自動でテレビがストップ/スタートする機能などを備えたモデルをラインアップしている。

関連キーワード

富士通 | PC | タブレットPC | FMV LIFEBOOK | FMV | Windows 7


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。