ニュース
» 2011年06月09日 22時56分 UPDATE

Yahoo!JAPANとローソンが提携 ネットと店舗連携、スマートフォン活用も

ヤフーとローソンは、ネットと店舗の連携させた新サービスの提供などで提携する。Yahoo!JAPANの位置情報サービスとローソン店舗の連携や、スマートフォンを活用した利用促進などで協力していく。

[ITmedia]
photo 提携を発表するヤフーの井上社長(左)とローソンの新浪社長

 ヤフーとローソンは6月9日、ネットとコンビニエンスストア店舗を連携させた新サービスの提供などで提携すると発表した。Yahoo!JAPANの位置情報サービスとローソン店舗の連携などのほか、専用スマートフォンアプリによるサービス利用促進などを図っていく。

 ヤフーがこのほどスタートした地域情報サービス「Yahoo!ロコ」とローソン店舗との連携を6月から順次進めていく。地図上でローソングループ店舗を見つけやすくするほか、店舗近くのユーザーにお得な情報を配信するなどし、来店を促す。

 8月にはYahoo!ショッピングの人気商品を「ナチュラルローソン」で販売。第1弾として東北産の食品などを扱い、売り上げの一部は被災地支援に役立てる。

 またローソン来店者の購買履歴などを抱えるCRMを活用し、購買データをYahoo!ショッピングの出店ストアに提供、販促に活用してもらう。

photophoto

 ローソンが運営するECモール「Loppi」では、Yahoo!ショッピングの商品約5000万点を購入できるようにする。購入者にはローソンが参加している共通ポイントサービス「Ponta」のポイントを付与する予定で、店舗からネットへの送客促進も図っていく。

 12月には専用スマートフォンアプリを無料公開し、リアルとネットの連携を促進。Yahoo!JAPAN IDのユーザー履歴とPonta会員の購買履歴を活用し、ネットとリアルのおすすめ商品情報などをリコメンドする連携も来春から順次始める。

 ヤフーの井上雅博社長は「『きょうの弁当は何時に届く』といった、ネットでは到底得られない情報をローソンに出してもらえるとうれしい」と連携に期待。ローソンの新浪剛史社長は「まだまだ国内市場は拡大の余地があり、それを実現するのがヤフーとの提携だ。スマートデバイスでよりお客と近づくことで、コンビニはもっと成長できる」と力を込めている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -