ニュース
» 2011年07月27日 07時08分 UPDATE

Mac狙いのマルウェアめぐりセキュリティ企業がMicrosoftを批判

Macを狙った新手のマルウェアが出現したと伝えたMicrosoftに対し、このマルウェアはそれほど深刻なものではないとIntegoが異論を唱えた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Macを狙った新手のマルウェアが出現したと米Microsoftが伝えたことに対し、Mac専門のセキュリティソフトメーカーIntegoが反発している。このマルウェアはわざわざアラートを出して騒ぎ立てるほど深刻なものではないというのがIntegoの立場だ。

 Microsoftはマルウェア対策センターの7月25日のブログで、Macを狙ったバックドアの「Olyx.A」が最近見つかったと伝えた。同社によると、Olyx.AはGoogleのアプリケーションサポートファイルを装ってバックグラウンドで動作し、外部のIPアドレスとの接続を確立、リモートの攻撃者がファイルやディレクトリを操作できる状態にしてしまうという。

 これに対してIntegoは26日、「このマルウェアはMacにインストール可能な形で出回っているわけではなく、ほとんど脅威にはならない」とブログで異論を唱えた。同社のセキュリティソフトでは既に6月30日からOlyxの検出に対応していたとしている。

 Integoでは、設計に不備があったりMacには簡単にインストールできなかったりするこの種のマルウェアを定期的に発見していると強調。Olyxを検出できるようにしたのは、万が一このマルウェアが、偽ウイルス対策ソフトのMacDefenderのような有効な攻撃に利用された場合に備えてのことだったという。

 しかしOlyxの脅威はそれほど深刻ではないとIntegoは言い、「われわれはセキュリティアラートを出してこのようなマルウェアを宣伝したりはしない」とMicrosoftを皮肉っている。

 Macを狙ったマルウェアは、MacDefenderが出回ったことを受けてAppleが対応に乗り出したことから脚光を浴びた。しかしセキュリティソフトメーカーが頻繁に警告を出せば、製品を売るために危険性を誇張して騒ぎ立てているのではないかと見られかねないという事情もあるようだ。

関連キーワード

Mac | マルウェア | Intego | Microsoft | Apple


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -