ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2012年05月14日 14時24分 UPDATE

富士通、ペットの体調変化を可視化する新サービスを提供へ

富士通は、犬の体調データを専用デバイスで取得、クラウド上で可視化することで、飼い主によるペットの健康管理を支援するサービスを始める。

[ITmedia]
photo 専用デバイスを装着した様子

 富士通は5月14日、ペットの健康管理を支援するクラウドサービスを2012年下期から提供すると発表した。新開発の首輪装着型デバイスで犬の体調データを測定し、クラウド上で可視化することで、飼い主がペットの体調変化を早期に発見できるようにするという。

 新サービスでは、首輪に装着した小型軽量デバイスによって犬の歩数、震え、温度変化などのデータを常時計測し、スマートフォンやPCとのFeliCa通信を通してクラウド上にアップロードする。飼い主は専用Webページにアクセスすることで、データを時系列のグラフで確認し、日々のペットの健康管理に役立てられる。

photo サービスイメージ

 新サービスは、同社が携帯電話開発などを通じて得た人間向けセンシング技術を犬向けに応用して開発したという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.