ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ペット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ペット→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でペット関連の質問をチェック
「ペット」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

これで仲良く暮らせるニャ ペットと人が快適に暮らせるリノベーションプランが新登場
動物病院院長監修のキメ細やかな工夫が満載!(2019/3/20)

オムロン オートモーティブエレクトロニクス:
子どもやペットの車内置き去り事故の低減に貢献する「呼吸時体動検知センサー」
オムロン オートモーティブエレクトロニクスは、自動車内における乗員の存在をより正確に検知できる「呼吸時体動検知センサー」を開発した。(2019/3/11)

警視庁がペット用のプロフィールカードを提案 災害時に慌てないため今すぐ用意しておきたい
ペットも家族の一員だから。(2019/3/7)

もういっそのこと猫になってしまいたいあなたに 愛するペットに変身できる超リアルマスクが登場
お値段30万円から。(2019/3/7)

関西の女子アナも夢中:
飼い主の心を癒やすペットたち 仕事の疲れも吹っ飛ぶ?
家族の一員として、飼い主の心を癒やしてくれるペットたち。仕事に追われ疲れたとき、悲しいことがあったとき…。言葉は通じなくても、逆に、言葉が通じないからこそ、じっとそばにいてくれるペットは、人の心に安らぎを与えてくれる。関西のテレビ番組で活躍し、視聴者から愛され続けている女性アナウンサー2人に、ペットとの心のふれあいについて聞いた。(加納裕子、木村郁子)(2019/3/4)

「ある意味、“虐待”」 遠野なぎこ、アクセ感覚でペットを飼う飼い主に猛り叫ぶ
「動物は、お前がニヤつく為の“アクセサリー”なんかじゃねーんだよ」(2019/2/26)

組合せバッチリ! Perfume、ペットと戯れる2ショットに「そっくり」「飼い主に似るって本当なのね」の声
ペットは飼い主に似る説が濃厚になった。(2019/2/21)

Tesla、車載ソフト更新で車上荒らし防止の「衛兵モード」と「犬モード」追加
Teslaの車載アプリアップデートで、車載カメラで車上荒らしに警告する「衛兵モード」と車内でお留守番のペットを守る「犬モード」が使えるようになる。(2019/2/15)

Yahoo!ニュース「大型ペット キリンも値上げへ」 ペットボトルではなくキリン(動物)の値上げを連想させるとツッコミ殺到
環境省「飼わないで」。(2019/2/1)

もう「かわいい動物無断転載」にはうんざり…… → “公式RTだけ”の動物アカウントが人気に 開設の理由を聞いた
自分のペットをお勧めするリプライが多数。(2019/1/30)

買った覚えのないものが次々に……Amazonで“勝手に注文”した犯人は「ペット」
最近、日本でも人気を集めるスマートスピーカーのAmazon Echo。音声に反応し、家にある身近な家電を操作したり、ネット通販で買い物ができたりする優れものだが、このアレクサの機能を巡り、英で驚きの“事件”が起きた。(2019/1/7)

「かわいい」だけじゃなかった! ペットロボットの可能性を感じた2018年
2018年は、ソニーの「aibo」やバンダイの「ガンシェルジュ ハロ」など、家庭用ロボットが続々と登場。AIを搭載し、所有者の言動を学習して成長するのが特徴だ。(2018/12/28)

愛猫・愛犬がセーラームーンやベジータに!? とってもかわいいペット用なりきりウェアが登場
自分も一緒に着たくなっちゃうかも?(2018/12/19)

PR:QNAPで簡単! 「ペット見守りシステム」構築ガイド
QNAP+Webカメラで監視カメラシステムを安価に構築。いつでもどこでも、スマホでかわいいペットを眺めて癒やされよう!(2018/12/14)

需要は今後も高まる見込み:
ペット用の家電、相次ぎ登場 留守中でも安心
外出先でペットの様子を確認できるカメラ、体重、尿の状況を確認するシステムなど、ペットと快適に過ごすための家電が充実してきた。近年、共働き世帯の増加や飼い主の高齢化などでイヌやネコを中心にペットの室内飼育が増え、ペットへの支出も増加傾向にあるなど「ペット家電」が受け入れられる素地が広がる。家電各社は商品開発に力を入れている。(2018/11/26)

ペット用の家電、相次ぎ登場 留守中でも安心
外出先でペットの様子を確認できるカメラ、体重、尿の状況を確認するシステムなど、ペットと快適に過ごすための家電が充実してきた。(2018/11/22)

約3分間ペットの子ブタが無邪気に部屋を歩き回る映像のみ アリアナ・グランデの新曲MVが話題
無邪気な子ブタちゃん。(2018/10/29)

平成の象徴「たまごっち」から最新版「たまごっちみーつ」登場 子のパターンは見た目だけで数千、ペットも交配できる
“唯一無二の生き物”であるという感覚が、たまごっちへの愛情を増加させ、生き物を育てる楽しさをより一層味わうことができます(Byバンダイ)。(2018/10/10)

Samsung、LTE-M採用のトラッカー「SmartThings Tracker」を100ドルで発売
Samsungが、LTE-M採用の小型トラッキング端末を米国で発売する。価格は99.99ドル。ペットの首輪や子どものリュックに付けることで、リアルタイムの位置情報を確認できる。(2018/9/11)

ギフト・ショー秋2018:
ペットへの餌や水やりもスマートデバイスで
ペット用スマート給水器「Fresco Pro」などがギフト・ショーで展示されていた。(2018/9/7)

「anicas」が展開:
ペットタレントが撮影現場で「粗相」「機材を破壊」しても、最大5億円を補償するサービス登場
ペットタレント事務所「anicas」などを運営するピーリンク(東京都目黒区)は9月3日から、ペットタレントが撮影現場で起こした事故を補償する「anicas補償サービス」を始めた。(2018/9/4)

「アクエリアス」品薄により休売のうわさ広まる 実際は冷凍ペットタイプのみ
自販機も回転が速くなっており売り切れが増えているもよう。(2018/7/23)

「特定のタコを示すものではない」 サッカー日本戦を的中させたラビオ君について、イベント事務局がコメント 
「ペットとして飼育する意図ははじめからございません」(2018/6/30)

創作漫画「猫に寿命を分ける話」に多くの人が涙 ペットを飼っている人の心に刺さる
いつかは訪れるペットとの別れにどう向き合うか。(2018/6/26)

シャープが目を付けたのは「猫用IoTトイレ」 ペット事業になぜ参入? 犬のバイタル計測サービスも
シャープがペット事業に参入。健康管理が行える猫用IoTトイレのほか、法人向けに犬用のバイタル計測サービスも始める。(2018/6/12)

自社の強みをどう生かす?:
畑違いの分野なのにペット事業に参入したシャープの勝算
シャープは6月11日、ペット事業に参入すると発表した。ペットビジネスのノウハウを豊富に持っているわけではないのに、どうして「勝算あり」と見込んだのだろうか。(2018/6/11)

東京おもちゃショー2018:
さらにできるようになったな! AI搭載「ハロ」と戯れてきた
AI搭載ロボットになったガンダムのペットロボット「ハロ」が東京おもちゃショーに登場。ハロとガンダムトークで盛り上がれる。(2018/6/7)

ガンダムのAIロボット「ハロ」 7月下旬に予約開始 15万円
AI搭載ロボットになったガンダムのペットロボット「ハロ」の予約受け付けが7月下旬に始まる。価格は約15万円。(2018/6/4)

キレイなお水を飲みたいニャ スマホで水質を見守るペット用の給水器が登場
ネコちゃん・ワンちゃんが喜びそう。(2018/5/24)

公取委は審査終了:
独禁法違反疑いのペット売買サイト、ブリーダーの「囲い込み」廃止
公取委から独禁法違反の疑いで審査を受けたペット取引仲介「みんなのペットオンライン」が、ブリーダーを囲い込む「プレミアムパートナー制度」を廃止した。(2018/5/23)

猫になった気分を味わえそう 人間用サイズのペットハウスが誕生ニャ
中に入ってお昼寝したい。(2018/4/30)

外出先からおやつをあげられるペット用おもちゃ「easyPlay」 +Styleで販売決定
スマホの専用アプリで操作してペットを遊ばせるおもちゃ「easyPlay」が、ソフトバンクのIoT支援プラットフォーム「+Style」で販売される、外出中にペットの様子を確認できるだけでなく、ペットが遊んで転がすと、おやつが出てくる仕組みも搭載している。(2018/4/27)

飼い主が留守の間、ペットは家で何してる? 「ペット用カメラ」はどこまで使えるのか
外出先からペットの様子が確認できるアイテム。(2018/4/21)

犬や猫って花粉症にかかるの? 動物病院「身体がかゆくなる症状も」
春がつらいのは、人間もペットも一緒。(2018/4/4)

製造マネジメントニュース:
トヨタが都内の販売チャネルを「融合」、直営店が協力して東京の課題に取り組む
トヨタ自動車はメーカー直営店である東京トヨタ自動車、東京トヨペット、トヨタ東京カローラ、ネッツトヨタ東京を「融合」して2019年4月に新会社を設立する。販売チャネルではなく地域を軸とした体制、働き方に見直す。(2018/4/3)

犬や猫と一緒に出勤:
なぜ「ペット同伴OK」のオフィスがうまくいっているのか
「ペット同伴出勤」ができるオフィスを2005年から作ってきたマースジャパンリミテッド。動物が苦手な人もいるオフィスで、どのように制度を運用してきたのか。ペットがいるオフィスを訪ねた。(2018/3/29)

「もっとぎゅっと」買収:
楽天、ペット保険に参入
楽天は3月22日、ペット保険事業に参入すると発表した。3月30日付で、ペット保険を手がける「もっとぎゅっと少額短期保険」(東京都港区)を完全子会社化。社名を「楽天少額短期保険」に変更する。(2018/3/22)

ユナイテッド航空、ペットの輸送プログラムを改善のため一時停止 子犬を死なせた事故を受けての措置か
子犬を手荷物入れに入れさせて死なせた事故と、カンザスに送る予定の犬を日本に届けてしまうミスが3月に起きていました。(2018/3/22)

ネコちゃんとの外出が身近なものになる! ネコ用ペットキャリーが登場
ネコにも飼い主にもうれしいペットキャリー。(2018/2/27)

お仕事をもらったニャ 保護ねこ出身の2匹のねこちゃんがペットIoT会社のCTOに就任
力を合わせて頑張るニャ。(2018/2/22)

PR:ペットを監視! NASで構築する格安“見守り”システム
ASUSTOR NASのネットワークカメラ管理機能と安価なIPカメラを組み合わせて、監視カメラシステムを手軽に構築してみよう。(2018/2/21)

Mobile Weekly Top10:
“インスタ映え”するペット/バッテリーが劣化でiPhoneのパフォーマンスが低下する?
2018年が始まりました。新年1回目のアクセスランキングでは、Instagramで人気のペットのアカウントをまとめた記事が一番良く読まれました。(2018/1/12)

“まるで本物”の新aibo ペットのように「育て方で個性が出る」
1月11日、ソニーが犬型ロボット「aibo」を発売。渋谷にはaiboと触れ合える「aibo room」もオープンし行列ができた。新しいaiboの魅力を、aibo room担当者に聞いてみた。(2018/1/11)

「インスタ」で癒やされたいならこの子たちをフォロー! 2017年人気ペットトップ10
2017年、Instagramで最も人気だったアニマルたちトップ10を一挙紹介!(2018/1/1)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
死んだペットの祭壇で夜な夜な鳴くピカチュウおもちゃの怪…… 実物をおもちゃドクターに診てもらった
大がかりな手術とともに真相が明らかに……?(2018/1/13)

お風呂のカビ取りもカーペットのダニ退治も! 年末年始に使いたいお掃除術
お風呂、洗濯機、カーペット、換気扇、トイレの上手な掃除方法をご紹介します。(2017/12/29)

ペットがかんでもOK ストロングケーブル付き充電器、オウルテックから登場
オウルテックは強度・摩耗に強いアラミド繊維を使用し、ペットのかみちぎりにも耐える強度を実現したUSB Type-CケーブルAC充電器シリーズを発売。付け根部分には独自形状のロングブッシュ設計を取り入れ、断線しにくい構造となっている。(2017/12/25)

ペットにもかみちぎられない超タフケーブル付きUSB充電器
オウルテックは、断線に強い“超タフストロングケーブル”を付属したUSB充電器計2シリーズの販売を開始する。(2017/12/25)

Amazon.com、ペットのプロフィール登録で適したフードやグッズのクーポン提供
Amazon.comのペット用品カテゴリーに「Pet Profile」タブが追加された。ここに自分のペットの種類や年齢を登録すると、最適化されたグッズが表示される。クーポンで安くグッズを購入できる。(2017/12/5)

ペット向けのウェアラブル端末が登場 健康状態の把握に
ベムパートナーは、ペット専用アクティビティモニター「FIT P2」の先行販売となるクラウドファンディングを募集開始。スマートフォンアプリと連動し、センサーで睡眠やランニングなどペットの活動情報を収集することができる。(2017/11/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。