ニュース
» 2015年04月09日 08時20分 UPDATE

Twitterのモバイルアプリから「見つける」と「アクティビティ」タブが消滅

TwitterがiOS/Android版公式アプリをアップデートし、「トレンド」を検索ページに表示するようにした。それに伴い、「見つける」と「アクティビティ」タブは削除した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは4月8日(現地時間)、iOSおよびAndroid版公式モバイルアプリをアップデートし、「見つける」と「アクティビティ」タブを削除した。

 twitter 1 Android版Twitterアプリの新旧画面(右が新画面)

 iOS版とAndroid版ではユーザーインタフェース(UI)がやや異なるが、「見つける」タブは「トレンド」や各ユーザー向けにカスタマイズされたツイートが、「アクティビティ」タブにはフォローしているユーザーのTwitterでの行動を確認できた。

 「トレンド」は「検索」(虫眼鏡のアイコン)のページに表示されるようになった。従来のトレンドはキーワードだけが並んでいたが、今後は短い概要が添えられる。この機能はまず米国の英語版で始まり、“ローリングアウト”していく。本稿執筆現在、日本語版ではまだトレンドに関するツイート数だけが表示される。

 twitter 2 英語版の説明付きトレンド(左)と日本語版トレンド

 「検索」をタップすると、これまでは検索枠の下には「最近の検索」が表示されていたが、ここにトレンドが表示される。米国版では、トップトレンドの画像と、概要付きのトレンドのリストが表示される。

 Twitterは「トレンドはTwitter上での話題を見つける強力なツールなので、モバイルアプリで従来よりも見つけやすく、把握しやすくした」と説明する。

 Webアプリ版でも同様の変更を実施する計画という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -