ニュース
2015年10月13日 19時13分 UPDATE

J:COMがMVNOに参入 「J:COM MOBILE」スタート 自社VODアプリからの視聴は通信量カウントなし

CATV最大手のジュピターテレコムがMVNOに参入。自社VODアプリからの動画視聴をデータ通信量としてカウントせずに利用できる「J:COM MOBILE」を提供する。

[ITmedia]

 KDDI子会社でCATV最大手のジュピターテレコム(J:COM)は10月13日、MVNO(仮想携帯電話事業者)事業に参入し「J:COM MOBILE」を10月29日にスタートすると発表した。自社専用アプリからの映像視聴はデータ通信量にカウントしないのが売りだ。

photo 新商品を発表する会長の佐々木氏(右)と社長の牧氏(左)

 KDDI(au)回線を使う「J:COM MOBILE スマホセット [3GB]」と、NTTドコモ回線を使う「J:COM MOBILE SIM単体 [3GB]」を提供する。「J:COM MOBILE スマホセット [3GB]」は韓国LG製スマートフォン込み+通信容量3Gバイトで、2年契約の場合で月額2980円(税別)。SIMカード単体の場合、基本データ容量は3Gバイトで、データのみの場合は月額900円(税別)、音声通話付きの場合は1600円(同)。

 「J:COMオンデマンドアプリ」を利用する場合、パケット利用量を月間通信量にカウントせず、容量を気にせずJ:COMオンデマンドの約3.8万本のドラマ・映画・スポーツなどの動画コンテンツを楽しめるのが特徴だ。

 ただ、同アプリ利用の場合でも、前日までの直近3日間で通信量が合計3Gバイト以上の場合、通信速度を翌日にかけて制限するという。

 KDDI子会社の同社によるMVNO参入の背景にあるのは、映像コンテンツの視聴スタイルの変化だ。動画をモバイルで視聴する割合が高まっており、自宅以外でスマートフォンから視聴するユーザーも増えている。牧俊夫社長は「強みは豊富なコンテンツとスポーツをライブで視聴できること。通信量、時間、場所を気にせずに動画を楽しめるサービスの提供で、新たな視聴者を開拓したい」と意気込み、CATV、インターネット接続、固定電話、電力に次ぐ“第5のサービス”と位置付け注力する。

photo 10月29日より発売するスマートフォン「J:COM MOBILE」

関連キーワード

ジュピターテレコム | 通信 | MVNO | KDDI | SIMカード


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -