ニュース
2016年03月14日 11時00分 UPDATE

スタンプクリエイターズ・ファイル:譲れないことに全力で生きるあなたに――「信仰心くん」

アニメや漫画、アイドルなど“譲れない熱中できるもの”があるあなたに。あふれるこの思い、「信仰心くん」が代弁してくれます。

[山崎春奈,ITmedia]
photo クリックで販売ページヘ

クリエイターファイル vol.36

クリエイター:ヨツタニモトコ

Twitter:@42ta2_

 クリエイターズスタンプのサービスが始まると発表された時、単純に「自分で作ったスタンプを使えたら楽しいだろうな」と思いました。本当はサービス開始後すぐに申請できるよう作っておこうと思っていたんですが、なかなかアイデアが固まらず、結局半年ほど経ってから第1弾を申請しました。

photo 「信仰心くん」誕生のきっかけになった1枚

 スタンプ制作のコンセプトについては最初から一貫していて、「自分で使いたいスタンプ」の1点です。「信仰心くん」も、友人とLINEをする際にこういうスタンプが使えたら楽しいだろうな、と思って作りました。元はTwitterやpixivのアイコンのために描いたもので、この頃は特にキャラクターとして名前をつけたりはしていませんでした。

 単純なキャラクターなので、どういった部分で感情表現をしようかな? というところに気を使いました。結果的に「信仰心」というキーワードが伝わりやすいオーバーな動きのものが多くなったと思います。スタンプのみで会話が成り立ったり、いくつかのスタンプを続けて送ることによってより心情表現がしやすくなったりするように心がけました。

 友人とのLINEでどういうワードを自分が発しているか見返したり、実際にLINEしながら「こういうスタンプあったらここで押せるのに!」と感じた時にそれをメモしたりしてアイデアを温めていきました。実体験から生み出されているデザインが多い気がします。

 自分の使いたいスタンプ……ということで結果的に多少ターゲットを絞ったものになったと感じますが、ある程度使い道のわかりやすいスタンプのほうがウケがいいのかなと思いました。基本的にリリース後にTwitterで宣伝をしているのですが、リリースから1年ほど経つ今でも毎月一定数買って下さる方がいるので、LINEやTwitterを通じた口コミの力は大きいです。

 自分の作品をいろいろな人に知ってもらえるのはもちろんですが、何よりも「こういうスタンプがほしい!」と思ったらそれを自分で作って使えるところが魅力です。リリース後にいろいろな人の声が聞けたり、実際に使っているスクリーンショットをTwitterにアップして下さる方がいるのも見ていてうれしいです。愛用して下さっている方からリプライをいただけたのもとてもうれしかったです!

 信仰心くんスタンプの第2弾がほしい! という声を何人かからいただいているので、元々考えてはいたのですが、時間がある時に作りたいな〜と考えています。今までリリースしたスタンプが2つともネタ系なので、また少し毛色の違うものも作ってみたいと思っています。

 このスタンプを使って下さっている方は、漫画なりアイドルなり、基本的に何かに熱中しているような方が多いと思うので(私もですが)、何か自分の好きなものについて「文字を打つ間も惜しい!」と思うほど興奮した時に是非連打してください!(笑)

お気に入りはコレ!

photo

 使い勝手がいいので転がっているスタンプをよく使います。同じスタンプでもさまざまなシーンで使えたり、言葉にしにくい自分の感情などを伝えやすかったりするのが、スタンプの利点の1つだと思います。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -