ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2017年01月05日 17時16分 UPDATE

Google、PythonのコードをGo言語に変換して実行する「Grumpy」発表

「Grumpy」は日本語で「気難しい」という意味。

[太田智美,ITmedia]

 米Googleは1月4日(現地時間)、PythonのコードをGo言語に変換して実行するランタイム「Grumpy」を発表した。Grumpyは、同社が抱えている問題を解決するために作られたという(GitHub)。


Grumpy

 GoogleはさまざまなサービスでPythonを用い、何百万行ものコードを実行している。例えば、youtube.comとYouTubeのAPIは主にPythonで書かれており、YouTubeのフロントエンドはCPython 2.7上で動作しているという。

 しかし、CPythonの制約によって複数の処理を同時並行で行うコンカレント処理をうまく実行するには限界があり、そうした処理に優れたGo言語で実行するために開発されたのがGrumpy。Googleは、Grumpyによって既存のPythonプロジェクトをGo言語に置きかえることを目指しているという。


Grumpy

 Grumpyは、C拡張モジュールのサポートはしていないが、それによりAPIと並列作業に対応するオブジェクトに柔軟性があり、CPythonよりも拡張性が高いという。また、インタプリタではなく通常のGo言語で書かれたプログラムと同様にコンパイルされるため、開発やデプロイの柔軟性は低くなるが、Go言語への最適化と互換性においては優れているとしている。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -