ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年01月20日 15時20分 UPDATE

「ラピュタの飛行石」みたいに道を教えてくれる 光で目的地示す「Compass Stone」が夢いっぱい

持ち歩きたい。

[太田智美,ITmedia]

 天空の城ラピュタの飛行石のようなナビゲーションデバイス「Compass Stone」が、「第1回 ロボデックス」(1月18〜20日、東京ビッグサイト)で展示されている。


Compass Stone

 Compass Stoneは、手に持って使用。専用のスマートフォンアプリと連携し、光によって目的地へと導いてくれる。方位センサーとマイコンが入っており、スマートフォンのGPSで取ってきた位置情報を使って目的地の方角を示す。通信にはBluetooth Low Energyを用いている。

 「道案内」というよりは「コンパス」に近く、地図アプリのようにルートを教えてくれるわけではない。通常は目的地の方向を指し示し、50メートル圏内に入るとくるくると光のパターンを変えて近づいたことを教えてくれる。




 また、立ち止まると時計になる機能も。点灯している光が短針を、点滅する光が長針を表し、光によって5分単位の時間を知らせてくれるという。


Compass Stone 初期のプロトタイプ

Compass Stone 裏側

 サイズは32(幅)×60(高さ)×48(厚さ)ミリ、重さは40グラム。充電式で、バッテリー容量は110mAh。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.