ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年02月17日 11時30分 UPDATE

「デイリーポータルZ」、ノジマ傘下でどうなる? どうする? 編集長・林雄司さんに聞く (1/5)

ニフティの親会社が富士通からノジマに変わる。ニフティの“看板”とも言える人気サイト「デイリーポータルZ」はどうなるのか。編集長の林雄司さんに改めて聞いた。

[岡田有花,ITmedia]
画像 デイリーポータルZのトップページより

 「『デイリーポータルZ』はどうなるのか」――1月31日、ネットに心配の声があふれた。同日、富士通が子会社ニフティの個人向け事業をノジマに売却すると発表。ニフティの“看板”とも言える人気サイト・デイリーポータルZ(DPZ)の今後に注目が集まった。

 デイリーポータルZは今後どうなるのか。昨春からのニフティをめぐる一連の動きの中で、何を考え、どう動いてきたのか。編集長の林雄司さんに聞いた。

「この先どうなるのかな?」と不安に

――いろいろありましたね……。

 そうですね。去年の4月末にニフティの上場廃止が決まって。その時点で親会社の富士通は、ニフティのコンシューマー部門とエンタープライズ部門を分けて、コンシューマーは売るかもしれない、と発表していました。その時は「そうなんだなあ」と。

画像 そうなんだなあ

 僕、社内の持ち株会に入ってたんです。すごい持ってたんですよ、株。IT企業の社員が自社株持ってるともうかるって言うじゃないですか。デイリーポータルがブレイクしたら、株価も上がるなと思って。

 最初にまとめて100万円分ぐらい買ってて、その後、給料から天引きで継続的に買ってて、いつの間にか5000株ぐらい持ってたんです。TOB(株式公開買い付け)で富士通に株を売って、700万円ぐらいで売れて得しました。

――そうでしたか。うらやましいです。でも、「ニフティの親会社が変わったら、デイリーポータルはどうなるんだろう」と、不安になったりしませんでした?

 しましたしました。この先どうなるのかな? と……。どうなるか分からないので、とりあえず今できることは全部やっておこうと前向きな気持ちになって。今は、割とお金を使ってサイト運営できる恵まれた環境にあるので、その間にできることを全部やろうと。特に海外出展とか積極的になりました。

 「ヘボコン」(技術力が低い人限定のロボットコンテスト)をアメリカでやったり、オーストリアで開かれた「アルス・エレクトロニカ」に出展したり、中国の「メイカーフェア」に出展したりとか。海外出張とか、予算があるうちにやっておこうと。

 でも、ヘボコンで僕がアメリカに行った費用は自腹です。ニフティ株を売った利益で、ただの旅行として付いて行きました。ついでに鳩のマスクを売ってる会社に行ったりとか。

 後で後悔しないようにしたくて。「あの時は予算があって、会社も放置してくれてたから、やっときゃよかったな」って後悔するなって思ったので。多少無理しても海外に行ったり。

――以前は、会社から「お金をもうけろ」と言われる、と悲しんでいらっしゃいましたが、今は「お金が使える恵まれた環境」なんですね。

 5年ぐらい前まではもうけろとか言われてましたが、ここ数年は恵まれている感じで、「いいのかな?」と不安になるぐらいです。予算申請も、言った通りの金額が認められたりとか……。「どうせ減らされるから」と思ってちょっと多めで出してみたら、「多めで通っちゃった!」とかあって。

――ちなみに今、デイリーポータルはもうかっているんですか?

 サイトの収益から制作費は出てます。サイトに広告を出したいという引き合いがすごく多くて、広告収益で制作費はまかなえているという。人件費を入れたら赤字ですが、そんなサービス、ニフティにはいっぱいあるので。

 3年ぐらい前、所属がコーポレートコミュニケーション室(広報室)からブランドデザイン部に変わって。「デイリーポータルはニフティのブランド活動の一環です」、ということで、収まりが良くなった気がします。

画像 ニフティのブランド活動をしています

 でも、報道で、ニフティ売却先の具体的な社名が出てきたりした去年の暮れぐらいから、「こんな恵まれた環境は終わる」感を強く感じててて。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.