ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2017年05月09日 16時15分 UPDATE

対応は5月下旬に案内予定:「UPQ Phone A01X」の焼損事故はバッテリーが原因 専用電話窓口を開設【追記あり】

2016年9月に発生した「UPQ Phone A01X」の焼損事故について、第三者機関による解析の結果バッテリーに起因することが判明した。同社では購入者専用窓口を開設し、5月下旬をめどに対応を案内するという。

[井上翔,ITmedia]

 UPQ(東京都文京区)は5月9日、2016年9月に発生したAndroidスマートフォン「UPQ Phone A01X」の焼損事故(参考記事)について、第三者機関の検証で充電中のバッテリーが焼損元であったことを公表した。また、本件以降も充電中のバッテリーが原因と見られる3件の焼損事故の報告があったことも明らかにした。

計4件の焼損事故が報告された「UPQ Phone A01X」 計4件の焼損事故が報告された「UPQ Phone A01X」
消費者庁の2016年10月14日付けの「消費生活用製品の重大製品事故に係る公表」 2016年9月に発生した焼損事故については、消費者庁が2016年10月14日に発出した「消費生活用製品の重大製品事故に係る公表」(PDF形式)にも掲載されている

 計4件の申告のうち、2016年9月と2017年3月に発生した事故については、火災が発生したため消費生活用製品安全法に基づく「重大製品事故」に該当する。そのため、同社から消費者庁に対して事故報告が行われた。2017年3月の事故に関しては、同法が定める「(製造元または輸入元が)事故を認識してから10日以内」に報告できなかったことから、消費者庁から厳重注意を受けている。

消費者庁の2017年5月9日付けの「消費生活用製品の重大製品事故に係る公表」 2017年3月に発生した焼損事故については、消費者庁が2017年5月9日に発出した「消費生活用製品の重大製品事故に係る公表」(PDF形式)に掲載されている。UPQが事故を認識した日(4月17日)から11日目に当たる4月27日に報告書を提出したことから、消費者庁は同社に対して厳重注意を行った

電話窓口も開設 対応は5月下旬をめどに再度案内

 UPQ Phone A01Xのバッテリー焼損事故に伴い、UPQでは5月9日から購入者専用電話窓口を開設した。また、サポート窓口宛てのメールでも、同日から購入者からの問い合わせを受け付けている。問い合わせ時には氏名、連絡先とA01Xのシリアル番号を伝達する必要がある。

 なお、本件への対応については、5月下旬をめどに改めて案内する予定だ。

問い合わせ先 UPQでは電話またはメールで問い合わせを受け付ける

 筆者は、本件についてUPQに問い合わせを行う。その結果については本記事への追記、または別記事で掲載する予定だ。

追記(2017年5月10日)

 UPQに行った質問を別の記事として掲載しました。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.