ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年08月23日 19時18分 公開

ZOZOTOWN、商品を“街のロッカー”で受け取り可能に ヤマト運輸と連携

ZOZOTOWNの商品受け取り場所に、宅配ロッカー「PUDOステーション」を指定可能に。駅などの宅配ロッカーで、荷物を受け取れるようにし、再配達削減につなげる。

[ITmedia]

 スタートトゥディとヤマト運輸は8月23日、ファッションECサイト「ZOZOTOWN」で購入した商品を、駅やコンビニなどに設置した宅配ロッカー「PUDOステーション」(以下、PUDO)で受け取れるようにした。ZOZOTOWN会員向けで、送料以外は無料で使える。

photo

 商品注文時に「お届け先」の欄から受け取りを希望するロッカーを選択。商品がロッカーに配送されると、ヤマト運輸から「納品完了メール」が届き、メールに記載された保管期限内に荷物を引き取る仕組みだ。

photo PUDOでの受け取り方法(Packcity Japan公式サイトより)

 宅配ロッカーのPUDOは、2016年5月にヤマト運輸が仏企業と設立したPackcity Japanが全国約600カ所に設置している(8月23日時点)。18年3月までに首都圏を中心に、約3000カ所へ拡大予定。ヤマト運輸のほか、佐川急便、順豊エクスプレスなども利用できる。

再配達を減らせ

 近年、ネットショッピングの普及に伴い、宅配便の取り扱い個数が増え、不在などによる再配達が増加。ヤマト運輸は、ドライバーの負担を軽減するために、17年4月に再配達受付の締め切り時刻を繰り上げ、6月に時間帯指定枠を一部廃止。10月からは基本運賃を値上げする

 ヤマト運輸は、PUDOを活用することで「不在になりがちなユーザーも、確実に荷物を受け取れる。再配達の減少、配達員の負担軽減にもつながる」としている。

 スタートトゥディは、ヤマト運輸の配送時間変更に伴い、17年6月に即日配送サービスを中止した。今回の取り組みは、ユーザーからの「再配達を受け取るのが面倒」「ロッカーで受け取れるようにしてほしい」といった要望に応えたものという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.