レビュー
» 2005年02月08日 22時19分 UPDATE

グラフィックスカードきょうは64MバイトメモリのASUS「Extreme N6200TC256/TD/64M」に逆襲された (1/2)

16Mバイトのメモリを載せたGeForce 6200 wTCをレビューして「パフォーマンスがねぇ」と思ったものの、64Mバイトならそれなりのコストパフォーマンスでは?と気になっていたところ。ようやく役者がそろってきた64Mバイト搭載モデルで再度チェックしてみよう。

[長浜和也,ITmedia]

 ビデオメモリを節約してコストを削減する新世代バリュークラスGPU「GeForce 6200 with TurboCache」を 前回NVIDIAのリファレンスカードを使ってレビューした。

 しかし、いかんせん、最小構成とも言うべきビデオメモリ16Mバイト搭載モデルだったため、パフォーマンスは旧式コアを搭載したライバルのRADEON X300やNVIDIA陣営旧式ミドルレンジGPUのGeForce PCX5750にも及ばない、今ひとつさえない結果に。

 GeForce 6200 wTCを搭載した製品もいくつか市場に登場しているが、ローカルにもつビデオメモリの容量は16Mバイトから32Mバイト、64Mバイトと多様。NVIDIAはPCI Expressとその先にあるメモリバスの太い帯域幅によって「3DMark03では競合製品に優るパフォーマンスを出す」と説明している。

 とはいっても、16Mバイト搭載モデルのパフォーマンスを見る限りは、足りない分をメインメモリから拝借したがためにパフォーマンスががっくりと落ち込んでいるのを否定できない。手元にビデオメモリをたくさん用意して、メインメモリの世話になる機会が少なくなれば、GeForce 6200 wTCのパフォーマンスは、飛躍的に向上するのではないだろうか。

 この疑問を検証するために、ローカルにビデオメモリ64Mバイトを搭載したASUS「Extreme N6200TC256/TD/64M」(N6200TC256)を使って、再度ベンチマークをまわしてみることにした。

kn_gf6k2zen.jpg Extreme N6200TC256/TD/64Mはロープロファイルでファンレスと、見た目は小さな静音マシンにもってこい。ただし、ヒートシンクから発生する熱は(キャリブレーションが取れていない簡易測定で)室温摂氏27度の状態でチップ温度は69度〜70度前後。もし、キューブPCなどに組み込む場合は筐体内の冷却にも十分注意したい
kn_gf6k2mem.jpg N6200TC256はビデオメモリを4チップ実装。搭載していたのは「K4D261638F-TC36」で2.5ボルト動作、転送レート550Mbpsの128Mビット

 なお、繰り返しになるが、NVIDIAはメインメモリを利用するGeForce 6200 wTCの性格上、バスやメモリを制御するチップセットがパフォーマンスに影響を及ぼすため、「nForce 4」(とメインメモリコントローラを持つAthlon 64)を使うほうが、性能は向上すると説明している。

 GeForce 6200 wTCが発揮するパフォーマンスの絶対値を検証するなら、NVIDIAの説明に従ったほうが賢明なのかもしれないが、今回の記事では「ローカルにあるビデオメモリ容量の影響」を検証するので、前回行ったGeForce 6200 wTC16Mバイトモデルと条件をそろえるために、今回もインテルベースのシステムで評価を行っている。

ベンチマークシステム環境(その1)
CPUPentium 4/540(3.2GHz)
マザーボードAopen i915Gm-I
メモリPC3200/512MB×2ch
HDDST3160023AS
OSWindows XP Professional +SP2

 ただし、ドライバのバージョンはASUSのパッケージに同梱されている「ForceWare 71.22」を適用した。そのため、ドライバによるパフォーマンスの違いがベンチマークの結果に影響している可能性を考慮しなければならないだろう。

kn_gf6k23d05scr.jpg 3DMark05 Score

kn_gf6k23d03scr.jpg 3DMark03 Score

kn_gf6k23d03gt1.jpg 3DMark03 GT1

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.