速報
» 2005年04月18日 09時56分 UPDATE

Apple、Shake 4、Soundtrack Proなどを発表

Appleは「Shake 4」、「Soundtrack Pro」と、「Final Cut Pro 5」を中心としたスイート「Final Cut Studio」を発表した。Shake 4とFinal Cut Studioは5月に、Soundtrack ProのMac OS X版は6月に発売の予定。

[ITmedia]

 Apple Computerはラスベガスで開催中のNAB2005に合わせ、プロフェッショナル向け映像ソフト「Shake 4」、音楽ソフトウェア「Soundtrack Pro」を発表し、プロ向けスイート製品として「Final Cut Studio」を投入した。

 Shake 4は映画やテレビの編集で利用されている画像合成用ソフトウェアで、Final Cut Pro 5とのシームレスな編集が可能になったほか、新バージョンではGPUのハードウェアアクセラレーションを利用した3Dマルチプレーンコンポジショニング機能を搭載、超スローモーション処理も実現している。バージョン3.5からのアップグレードは999ドルで、Mac OS X版の発売は6月。価格は2999ドル。クロスプラットフォーム版は4999ドル。

 Soundtrack Proはビデオと同期するためのサウンド作成・編集のためのアプリケーションで、このバージョンではLogic Pro 7用のエフェクトプラグイン50種類、GarageBandで採用されているループ形式であるApple Loopを5000種類以上搭載している。5月に299ドルで発売予定。

 Final Cut Studioは、Final Cut Pro 5を中心とした映像クリエイティブ向けスイート製品で、リアルタイムモーショングラフィックス編集を得意とするMotion 2、DVD Studio Pro 4、そして今回発売のSoundtrack Proが含まれる。価格は1299ドル。5月から出荷開始される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.