ニュース
» 2005年05月31日 22時47分 UPDATE

2005年5月:5分で分かった気になる、今月のアキバ事情 (1/2)

ゴールデンウェークが明けたあと、新製品ラッシュに沸いた2005年5月のアキバ。つい先日に登場したPentium Dが大きくクローズアップされているが、入力デバイスやHDDケースなどの新製品も数多く見られた。

[古田雄介(アバンギャルド),ITmedia]

デュアルコアCPU登場で、マザーと電源にも世代交代の波が押し寄せる

 5月25日、デュアルコア搭載のワークステーション向けCPU「Opteron 265」と同270、275が登場、翌日の26日にはインテルの正式発表より1日早く「Pentium D 820」の販売が始まったアキバ。AMDのコンシューマ向けデュアルコアCPU「Athlon 64 2X」も「早ければ6月中旬の入荷が期待できる」(ドスパラ秋葉原本店)という話も聞かれ、来月以降も新CPUの話題が注目を集めそうだ。

photo USER'S SIDE秋葉原本店に入荷したOpteron 270。1個13万5000円前後と高価だが、デュアルCPUで利用するため2個セットで販売するショップがほとんどだった
photo 5月27日に正式発表されたばかりのPentium D 820。パッケージカラーがオレンジと青のPentium 4から、白/青柄に変更されている。価格は3万円強

 Pentium Dの登場で、関連パーツにも新プラットフォームラッシュが来ている。対応チップセットのIntel 945/955系を搭載するマザーボードが、インテルやギガバイト、ASUSなどから登場同日より立て続けにリリースされた。これらは1万2000円台のモデルもあり、いきなり“そこそこ買いやすい”価格帯で店頭に並んでいる。

 なお、同じくデュアルコアCPU対応をうたうnForce 4系マザーは、各ショップの検証により「現時点ではPentium D 820が認識できない」とされている。上位のCPUに対応するかは今のところ不明だ。

photo 27日には、パソコンショップ・アークにBIOSTAR製ATXマザー「I945P-A7」(写真)と、Micro ATXタイプの「I945G-M7」が入荷していた。価格は「I945P-A7」が1万2580円、「I945G-M7」が1万2780円

 Pentium Dを搭載可能なマザーは「ATX12ボルト Ver.2.01」以降に対応した電源ユニットでしか給電できない。PrescottoコアCPUが登場した当時の電源では旧バージョンとなり、新CPU搭載のマシンを組むには電源ユニットも対応する最新モデルに替える必要がある。そのためかこの5月末には、旧バージョンの電源が特価で販売されている光景もかなり目に付いた。

photo 27日にPCパーツショップ・CUSTOMで発見したATX12ボルト Ver.2.01対応の定格550ワット電源、CoolerMaster「RealPower RS-550-ACLY」

個性派入力デバイス、今、結構熱いかも

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.