ニュース
» 2005年09月13日 18時16分 UPDATE

「駅の向こうは“別の街”」──アキバユーザーが考えるヨドバシ開店とその後のアキバ (1/2)

国内最大規模の家電量販店「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」が、9月16日に秋葉原駅前にオープンする。この巨大店舗の登場にアキバユーザーはどのように感じているのか、アキバユーザー100人に聞いた。

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

 ヨドバシカメラのアキバデビューが目前に迫っている。JR秋葉原駅電気街口の反対側にできる「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」は、系列店の中でも最大規模の売り場面積を誇る巨大ショッピングモールになるという。

photo オープン間近の「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」

 店舗は9フロア構成で、PC本体や周辺機器、AV家電に白物家電などを揃える。「1フロアだけでラオックス・ザ・コンピュータ館の総売り場面積を凌ぐほど」(ラオックス)と言わしめるほど広く、取り扱い品数はアキバの従来店舗をはるかに凌ぐのは確実である。

photo 新しくできた駅前広場のロータリー(左)、店舗はつくばエクスプレス 秋葉原駅と直結しており、利便性も高そう(右)

 さてそのような既存ショップでは、駅の反対側に立つ巨大店舗の登場に不安を感じる店舗も少なくない。先日26日にリニューアルオープンしたラオックス・ザ・コンピュータ館店員氏は店舗改装の理由とそのテーマとして「ヨドバシカメラを意識したのは確か」と明言しており、「当ショップの来店を含め、電気街離れが起きないように独自の魅力を打ち出していきたい」と話す。

 また、直接の競合が起きないと思われる近辺のPCパーツショップでも「中央通り側への人の流れが数パーセント減るだけでも、小さなショップには大打撃になります」(PCパーツショップ・CUSTOM)との声が上がっている。

ヨドバシが開店したら足を運ぶだろう、でもわざわざ行こうとも思わないかもしれない

 では、アキバに訪れる個人ユーザーはどのように感じているのだろうか。実際にアキバユーザーに話を聞いてみた。

 アンケートはJR秋葉原駅から銀座線末広町駅まで、おもに中央通り近辺で実施。歩行者を中心に一般アキバユーザー100人にコメントを求めたもの。男女比率は76:24。回答者年齢は20代がおよそ4割で、30代が3割、10代が1割強、40代以上が1割強。

  • ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaが開店したら足を運ぶか
photo

 最初に聞いた「ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaが開店したら足を運ぶか」の問いには、65%が「YES」と返答した。明確な目的がある人ももちろんいるが、「とりあえずは見ておきたい」(30代・男性)や「何かしらキャンペーンをやると思うから」(20代・女性)といった意見も多く聞かれた。

 対して「NO」と答えた人には、「家の近所にも、ほかの場所にもあるし、アキバまで来てまでわざわざ行こうとは思わない」(20代・男性)という声が多かった。それは、“アキバ”という街に特別な意識を持っているユーザーが少なくはないことを物語っているといえる。とくに、アキバに訪れる頻度が「月1回」以下の人のうちその8割は、新店舗にほとんど興味を示していなかった傾向があった。

 ちなみに「ヨドバシカメラのポイントカードを持っているか」の問いでは、約5割が「持っている」と答えたが、上記の回答との相関関係はほとんどなかった。アキバユーザーの数割はヨドバシカメラそのものではなく、「“アキバ”のヨドバシはさして興味がない」と考えているようだ。

駅の反対側は“別の街”というイメージも

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.