ニュース
» 2012年10月19日 11時24分 UPDATE

日本マイクロソフト、Office 2010新規購入者向けの「次期 Office 無償 アップグレード プログラム」を開始

日本マイクロソフトは、Office 2010の新規購入者を対象とした無償アップグレードの実施を発表した。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは10月19日、Office 2010新規導入者を対象とした無償アップグレード「次期 Office 無償 アップグレード プログラム」を発表した。

 2013年第1四半期に発売予定となっている時期オフィスソフト「Office 2013」シリーズへの無償アップグレードが可能となるキャンペーン。新規にOffice 2010のパッケージ版(またはプリインストール済みPC)を購入した後で、期間中にライセンス認証と申し込みを行ったユーザーが対象となる(プリインストールPCの場合はライセンス認証のみでも可)。

 日本国内での一般向けOfficeエディションは、Word/Excel/Outlookを含む基本バージョンの「Office Personal 2013」、PowerPoint/OneNoteを加えた「Office Home and Business 2013」、さらにAccess/Publisherを加えた「Office Professional 2013」「Office Professional Academic 2013」、およびWindows RT向けの「Office 2013 RT」が用意される予定だ(ほか、数量限定のアップグレード優待パッケージも発売予定)。

 無償アップグレードプログラムの詳細は特設サイトを参照のこと。

次期 Office 無償 アップグレード プログラム
ライセンス認証対象期間 パッケージ製品 2012年10月19日〜次期Office発売前日前日まで
プリインストール製品 2012年10月19日〜2013年4月30日
提供形態 ダウンロード
価格 無償(DVDメディアが必要な場合は別途実費が必要)
次期Officeプロダクトキー提供期間 次期Office発売日以降〜2013年5月31日(インストールは期間終了後も可能)

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう