ニュース
» 2012年12月04日 22時00分 UPDATE

ATOKはWindows RT非対応……その理由とは:これからは「eBook作るなら一太郎」──ジャスト、創作支援機能付き「一太郎&ATOK 2013」投入の狙い (1/2)

ジャストシステムが日本語ワードプロセッサ「一太郎」、日本語入力システム「ATOK」の2013年版を発表。一太郎2013は“玄”という「幽玄の境地」に沿ったサブネームが付けられ、創作者の感性を刺激する機能や電子書籍作成機能を強化して盛りこんだ。

[岩城俊介,ITmedia]

一太郎+ATOKは、時代のニーズに合わせて進化+変化する

photo 一太郎2013 玄、ATOK 2013。価格は一太郎2013 玄通常版が2万1000円、ATOK 2013通常版が8400円。ATOKユーザー向け/学生向けの優待パッケージ、付属ソフトウェアや辞書コンテンツなども含めたプレミアムパッケージや複数ライセンスパックも多数用意する

 ジャストシステムは12月4日、2013年度版の日本語ワープロソフト「一太郎2013 玄」、日本語入力システム「ATOK 2013」を発表。2013年2月8日に発売する。

 一太郎2013 玄は、文書データを作成する単なる日本語ワードプロセッサの枠を超えた「個人向け電子書籍作成環境」の機能をより強化し、さらにその個人が「よりよい日本語の作品を生み出せる」よう手助けする機能を新たに盛りこんだ。電子書籍(eBook)作成機能については、2012年度版の一太郎2012 承にて初採用。2013年度版は「個人向け電子書籍作成環境のデファクトスタンダード」を目指し、機能をより強化した。

 「一太郎2012 承で取り入れた電子書籍作成・支援機能は、これまで一太郎を知らなかった・使っていなかった個人層──例えばライトノベル作者さんや趣味として執筆・創作活動に取り組む人──の開拓に寄与したのに驚いた。さらに、eBook市場/eBook機器市場も1年前とは比べものにならないほど進化したが、個人向けの電子書籍作成環境はどうか。実はあまり進化していない。一太郎2013 玄はその機能を徹底して強化し、創作から、構成・校正、そしてデータ作成まで、著述が本業でない個人の創作者も、執筆支援・構成・校正など、いわゆる“出版社機能”を含めつつ、電子書籍を1人で作成できるまでサポートする。じつはここ数年、Microsoft Officeはすでに強く意識しなくなっている」(ジャストシステム コンシューマー事業部企画部の大野統己氏)

photophotophoto ジャストシステムの福良社長 一太郎2012 承以来、電子書籍作成環境を求めてこれまでとは違う層にも「一太郎」が望まれる流れができていているという。創作・執筆から編集、構成、出力まで、個人の電子書籍作成環境を1本でまかなえるのが強み
photo 新たに固定レイアウト型のデータも作成できるよう改良した。左(iPad)は固定レイアウト型、右(iPad mini)はリフロー型で作成したもの。雑誌やマンガなど、こういったレイアウトのデータはリフロー型だとどうしても表示が崩れてしまう

 電子書籍作成機能は、日本語の縦書きをサポートするする標準フォーマットEPUB 3対応はもちろん、固定レイアウト型EPUBを含む2種類の出力方法を選べるよう機能を向上させた。

 一般的にeBookデータは、主に文芸作品に適するテキスト主体のデータ「リフロー型」と雑誌やコミックなどに適する「固定レイアウト型」のいずれかで提供される。リフロー型は書体や文字サイズ・色などの調整が可能で、文字中心の文芸作品は読みやすい。一方で雑誌/マンガコンテンツは文字サイズを調整できるのが影響し、意図するレイアウトで提供するのが困難。このため、レイアウトを重視するコンテンツは固定レイアウト型が向く。

 一太郎2013 玄は、ワープロ機能+簡易DTP機能により一太郎上で作成したコンテンツを、同ソフトでそのまま容易に、iPadやGALAPAGOSなど各種eBookリーダーで読めるeBookデータとして出力できるのが強みだ。2013年春をめどにアマゾン「Kindle」に対応したKindle形式のサポートも行う予定とする。


photophotophoto 2012年の電子出版市場はかなり活況となり、変化・進化が激しかった。「ただ、この1年、満足できる個人向け電子書籍作成環境はないに等しかった。一太郎の今回の進化はここに着目した」(福良社長)
photophotophoto EPUB 3をサポートし、これまで実装していた「リフロー型」のほか雑誌やコミックのeBookデータ向けとなる「固定レイアウト型」のデータも作成できるようにした。また、リフロー型出力も脚注を小ウインドウ表示できるよう、機能を改良。より利便性を高めたeBookデータを作成できるのがポイントだ

 もう1つは、執筆活動の支援機能。“書き手の感性を刺激する”──とうたう連携ソフトウェア「感太」を同こんする。一太郎での文書作成中画面に言葉と写真やイラストを組み合わせたカードを一定周期で切り替えながら自動掲示するというもの。カードは季節や時間帯、および執筆中の文字列を自動識別し、それとなく現状況に合うとされる内容をランダムに表示する。これにより書き手の発想・ひらめきの生み出しを支援するという仕組みだ。ATOKの日本語変換機能による「つづり」や「単語・漢字・慣用句誤りの指摘」といった入力支援機能に加え、創作の手助けまで行うのが新しい。

 さらに“出版社機能”もある。ここではプロであれば出版社/担当編集者らがフォローしてくれる事柄を個人/趣味の範囲であっても享受できるものを差す。「レイアウト」は用意するテンプレートから“それらしい”本格的なレイアウト/デザインで自動構成してくれ、さらに創作した文章を精査し、指摘・校正してくれる同社Just Rightのエンジンを用いた「校正」機能を実装する。一太郎2013 玄はプロフェッショナルはもちろんだが、アマチュア/趣味の範囲において創作活動を行う層に機能もしっかり用意するのが、「最高の日本語入力環境」は当然、さらに「個人向け電子書籍作成環境のデファクトスタンダード」を目指す同社ならではの考えと想定できる。

photophotophoto ユーザーの発想を手助けする創作支援機能「感太」をはじめて実装した。さらに、文章の校正機能や容易にデザイン/編集してくれるレイアウト機能も備える

 なお、上位SKUとなる一太郎2013 玄プレミアム/スーパープレミアムは、出版社発行の文芸作品にも読みやすさと美しさで採用例が多いという大日本印刷の明朝体フォント「秀英体」5書体やPDFデータ作成「JUST PDF 3」、グラフィック作成ソフト「花子2013」、「デジタル大辞泉」「ジーニアス英和/和英辞典」など各種デジタル辞書コンテンツ、音声をテキスト化する「ヘッドセットマイク付きドラゴンスピーチ11J」(スーパープレミアムのみ)、フォトレタッチソフト「Zoner Photo Studio 13 HOME J」(スーパープレミアムのみ)なども付属する。

photophotophoto プレミアムパッケージには、「秀英体」フォントや辞書コンテンツ、ドラゴンスピーチなど、文章の作成、創作、eBookデータの作成をさらに支援する各種データ、ソフトウェアが付属する

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.