レビュー
» 2013年11月08日 15時00分 UPDATE

最新タブレット速攻レビュー:「YOGA TABLET 8」──“マルチスタンド”が想像以上に使いやすい、8型Androidタブレット (1/2)

いわゆるフツーのスペックだろと思いきや、“何かプラスα”があるだけで想像以上の使いやすさが生まれるようだ。レノボ・ジャパンのAndroidタブレット「YOGA TABLET 8」をチェックする。

[岩城俊介(撮影:矢野渉),ITmedia]
ココが「○」
想像以上に使える自立スタンド機構
8型で持ちやすいお手ごろサイズ
16時間の長時間動作性能
ココが「×」
パフォーマンスはそれなり
解像度はそこそこ
願わくば価格も“もう少し”……

はじめに:自立スタンド機構を内蔵した薄型Androidタブレット──普及層に向けた“プラスα”の工夫が光る

YOGA TABLET 8 「YOGA TABLET 8」

 7〜8型クラスの“ちょっと小型”なタブレットが人気だ。スマートフォンより多目的に活用でき、ノートPCより手軽に携帯できる──電車移動が多い都市部の日本ユーザーに適するそのサイズ感と価格帯を含むお手ごろ感が「ん、意外と私に合っているぞ」とじわじわと一般層にも広がってきているためだろう。

 そんなトレンド傾向の中で登場したのがレノボ・ジャパンの「YOGA TABLET」シリーズだ。Android 4.2搭載タブレットとして、8型サイズのYOGA TABLET 8と10型サイズのYOGA TABLET 10の2サイズで展開する。

 シリーズのポイントは「よりカジュアルに」「“マルチモード”の特徴でプラスαの使い勝手を」という感じだ。これまでのピュアタブレットのスタイルとは異なる「マルチモードスタンド」を内蔵した点を特徴とする。

 マルチモードスタンドは、底面を円筒状としたデザインにヒンジ機構を設け、折りたたんで収納できる仕組みで内蔵される。これにより、スタンドを出すと横位置で自立する「スタンドモード」、角度を付けて平置きできる「チルトモード」、そして円筒部分をグリップにして持ちやすい「ホールドモード」に変形する。タブレットといえば板状/スレート形状のデザインが主流であり、机上で使うスタンド機能は別途ケースに装着して追加する例が多いのだが、YOGA TABLETシリーズは「いやいや、それだとちょっと面倒じゃないですか? 我々はサイズ感ほぼそのままに内蔵させちゃいますよ」とでも言うかようにスタンド機構を内蔵させている。

 そんなスタンド機構の使い勝手はどうか。今回は8型サイズのYOGA TABLET 8のポイントをまとめてチェックしよう。

ボディと基本仕様:最薄部は約3ミリ、グリップできるので持ちやすい

YOGA TABLET 8は1280×800ドット表示YOGA TABLET 8の裏面には自立スタンドが備わる 本体サイズは約213(幅)×144(高さ)×7.3〜20(厚さ)ミリ、重量は約401グラム。ディスプレイは1280×800ドット表示+5点マルチタッチ対応の8型IPS液晶パネルを採用する。正面底部左右にスピーカー、正面ディスプレイの左ディスプレイフレームに160万画素のインカメラ、裏面底部の左に500万画素のアウトカメラ、底部に可倒式スタンドが備わる。ボディは樹脂素材(スタンド部はアルミ素材)だが、金属調の高級感ある質感はなかなか上等だ。Lenovoロゴがある部分は細かい網目のテクスチャーが施されており、絹のようなサラサラした手触り。グリップとして握るスタンド部はホンモノの金属特有のヒンヤリ感があるため、金属感を後押ししている印象だ
YOGA TABLET 8YOGA TABLET 8 上面の最薄部は3ミリ、中央部は7.3ミリ、底面はポコッと円筒のグリップがある。最厚部は約20ミリだ
YOGA TABLET 8の左側面YOGA TABLET 8の搭載インタフェース 左側面はマイク/イヤフォン兼用端子(3.5ミリピンジャック)、ボリューム調整、内蔵マイク、右側面は電源ボタン、Micro USB端子がある。USB端子はOTG対応のため、別途Standard−Micro変換アダプタを用いつつPC用のUSBストレージやUSBマウス/キーボードなども接続可能だ。平置きする場合も約7.3度(スタンドを立てると約20度)傾く。こちらはソフトウェアキーボードでの文字入力時などに画面を見やすく操作しやすい
スタンド内部にmicroSDスロットがあるACアダプタはUSB出力対応で端子はMicro USB。USB充電が可能だ スタンドを開くとmicroSDスロットがある。もう1つはグローバルモデルに用意する3Gモバイルデータ通信用のSIM(Micro)カードスロットの跡地だ(穴はふさがれている)。ちなみに日本市場向けにも、3G内蔵モデルの追加投入を“前向きに検討”しているようだ

YOGA TABLET 8の主な仕様
製品名 YOGA TABLET 8(59387741/Lenovo B6000F) YOGA TABLET 10(59387979)
OS Android 4.2
本体サイズ 約213×144×7.3〜20ミリ(幅×高さ×厚さ) 約261×180×8.1〜20ミリ(幅×高さ×厚さ)
重量(実測値) 約401グラム(392グラム) 約605グラム
画面サイズ 8型ワイド 10.1型ワイド
アスペクト比 16:10
ディスプレイ解像度 1280×800ドット(約188ppi) 1280×800ドット(約149ppi)
CPUコア MediaTek MT8125(クアッドコア、1.2GHz)
GPUコア PowerVR SGX 544MP
タッチパネル 5点マルチタッチ
メモリ 1Gバイト(DDR3LM)
ストレージ 16Gバイト(eMMC)
通信機能 IEEE802.11b/g/n無線LAN(Miracast対応)、Bluetooth 4.0
インタフェース Micro USB(OTG機能対応)、マイク・ヘッドフォン入出力
カードスロット microSDカードスロット
センサー 加速度、光、電子コンパス、GPS
カメラ イン:160万画素 アウト:500万画素
スピーカー ステレオ
マイク モノラル(ノイズリダクション機能搭載)
バッテリー動作時間 約16時間(Wi-Fi使用時) 約18時間(Wi-Fi使用時)
カラーバリエーション シルバー
ACアダプタ仕様 入力100〜240V/50/60Hz 0.25A、出力5V/1.5A(USB Standard-A)
ACアダプタ実測サイズ 約60×43×26ミリ(幅×奥行き×高さ)
ACアダプタ実測サイズ(プラグ込み) 約60×57×26ミリ(幅×奥行き×高さ)
ACアダプタ実測重量 92グラム(ケーブル込み)
防水/防滴
価格 2万7800円前後 3万6800円前後
発売日 2013年11月上旬予定
「価格」は発売時の実売価格

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.