レビュー
» 2014年03月13日 19時00分 UPDATE

第3世代Intel製コントローラー採用:最新ゲーマー向けSSD「Intel SSD 730」のスピードを体験 (1/2)

Intelが新たなSSD「Intel Solid-State Drive 730 Series」(以後、Intel SSD 730)をリリース。第3世代のIntel製コントローラーを搭載した最新SSDののパフォーマンスを確認していこう。

[石川ひさよし,ITmedia]

エンタープライズ向けの「700番台」が、エンスー向けに登場

og_intelssd730_001.jpg Intel SSD 730

 Intel SSD 730という型番を見ると、本来、同社のエンタープライズ向け製品に属していた700番台の名前が使われている。しかし、製品Webサイトで確認できるとおり、Intel SSD 730はコンシューマー向け製品に位置付けられている。現時点ではまだ同社SSD製品サイト上にIntel SSD 530の製品情報も掲載されており、Intel SSD 530は併売したうえで、Intel SSD 730はより上位のグレードになると思われる。

 ラインアップは240Gバイトモデルと480Gバイトモデルの2製品で、ともに2.5インチSATAインタフェースを採用する。Intel SSD 530のように、80/120/180/240/360/480Gバイトといった容量別の幅広いモデルや、2.5インチSATAのほかに、mSATA、M2といった別のインタフェースをそろえているわけではない。これが現時点でというただし書きなのか、それともターゲットを絞り込んだ結果なのかは、現時点では分かっていない。どちらも考えられそうだ。

 転送速度は、シーケンシャルリードが550Mバイト/秒、同ライトが470Mバイト/秒とされている。ただし、現在のSSDは、ほとんどが500Mバイト/秒近辺である。Intel SSD 530も540Mバイト/秒、490Mバイト/秒であり、Intel SSD 730が転送速度の上で圧倒的なパフォーマンスであるとは言えない。

 とはいえ、これにはインタフェースがSATA 3.0で足踏みしているという背景がある。いちおうSATA 3.2が策定されており、そこで次世代インタフェースのSATA ExpressやM.2がサポートされる。ただ、これらの新しいインタフェースを実際に搭載するマザーボードが登場するにはまだ時間がかかりそうだ。転送速度面では、このインタフェースによって頭打ちされている状況であり、こうした状況下で注目されるのは、むしろシーケンシャル以外、4Kの性能などになってくるだろう。

 Intel SSD 730のコントローラーは、Intel「PC29AS21CA0」だ。同社では第3世代Intel製コントローラーとアピールしているが、初モノではなく、データセンター向け製品のIntel SSD DC S3700/S3500に採用されていたものがコンシューマー向け製品にも載ったことになる。とはいえ、ハイエンド製品で見ると、X25-MがIntel製コントローラーだった後、510/520/530は自社コントローラーではなかったため、久しぶりではある。

 PC29AS21CA0の効果はIOPS値に表れている。ランダム4K時のIOPSは、480Gバイトモデルでリードが89000IOPS、ライトが74000IOPSとなり、Intel SSD 530の48000/80000IOPSと比べると、リード側が大きく向上している。

 コントローラーとして見ると、なにしろデータセンター向け製品である。先の通り転送速度面で頭打ちになるなか、製品の方向性として、信頼性や耐久性トランザクションに対する高いスループットを打ち出してきた。そのため、製品のフライヤーには、デジタルコンテンツクリエーション(DCC)用途やビデオキャプチャ/編集システム、ゲーミングPCなどに最適とある。また、RAIDパフォーマンスもアピールされているのは、ハイエンド向けという点に加え、元がデータセンター向けという強みからかもしれない。

シリーズ Intel SSD 730 Intel SSD 530
容量 480/240GB 80/120/180/240/360/480GB
NANDフラッシュメモリ 20nm MLC 20nm MLC
シーケンシャルリード 550MB/sec(480/240GB) 540MB/sec(all)
シーケンシャルライト 470MB/sec(480GB) 490MB/sec(all)
ランダム4Kリード 89000IOPS(480GB) 41000IOPS(all)
ランダム4Kライト 74000IOPS(480GB) 80000IOPS(all)
MTBF 120万時間 120万時間
厚み 7mm 7mm
質量 78g 78g
消費電力(アクティブ/アイドル) 5.5W/1.5W(480GB) 195mW/125mW

 なお、そのほかIntel SSD 530との仕様上の違いで気になるのが消費電力だ。Intel SSD 530では、ミリワット台の低い消費電力だったのに対し、Intel SSD 730はアクティブ時で5.5ワットと、下手をすればHDDと対して変わらない値になっている。検証中も、ベンチマークなどで高負荷が続いた際、熱さを感じるくらいなので、エアフローを考慮したほうがいいかもしれない。

og_intelssd730_006.jpgog_intelssd730_007.jpg CrystalDiskInfoから見たIntel SSD 730(画面=左)と、Intel Solid-State Drive Toolboxから見たIntel SSD 730(画面=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.