ニュース
» 2015年01月29日 15時13分 UPDATE

Microsoft、OneDriveの写真機能を強化 Bingでの検索やアルバム作成機能

OneDriveにようやくアルバム作成機能が追加された。また、向こう数カ月中にデジカメやUSBスティックからの自動アップロードやディープラーニングによる自動タグ付け+Bing検索機能が追加され、15Gバイトの無料容量追加が実施される(自動アップロードを有効にした場合)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは1月27日(現地時間)、クラウドストレージサービスOneDriveをアップデートし、写真関連機能を強化すると発表した。

 主な新機能は以下の通り。アルバム作成機能は、Web版とiOSアプリで既に利用可能だ。他は向こう数カ月中に段階的に追加していく。

端末内からの写真自動アップロード

 DropboxやGoogleドライブ同様、OneDriveにもスマートフォンで撮影した写真を自動的にOneDriveにアップロードする機能は既にあるが、これに加え、PC(Windows 7および8)に接続したデジタルカメラやUSBスティック、HDDなどに保存されている写真も自動的にアップロードする設定を選べるようになる。

 こうして自動アップロードされた写真ファイルは「Camera imports」フォルダに保存される。

PCのスクリーンショットの自動アップロード

 Windows 7および8搭載のPCで画面キャプチャ(スクリーンショット)を撮影すると、OneDriveに自動アップロードされる。従来通りクリップボードにもコピーが残る。スクリーンショットは「Screenshots」フォルダに保存される。

Outlookのメール添付写真の保存(発表済み)

 なお、1月14日に発表したOneDriveとOutlookの統合により、受信メールに添付されたファイルは1クリックでOneDriveの「Email attachments」フォルダに保存されるようになる(ローリングアウト中の機能)。

アルバム作成機能

 OneDrive上のさまざまなフォルダに散在している写真を、「アルバム」にまとめることができる。写真をフォルダ移動させることなく追加でき、アルバムにはタイトルやコメントを追加できる。作成したアルバムのサムネイルは含まれる写真がスライドショーのように表示される。

 onedrive 1

 作成したアルバムは、表示する端末のディスプレイサイズに合わせて表示が最適化される。

 onedrive 2 PCで表示したアルバム
 onedrive 3 iPhoneで表示したアルバム

Bingによる検索(ディープラーニングによる自動タグ機能も)

 OneDrive内の検索にMicrosoftの検索エンジンBingが採用される。写真にはMicrosoft Researchが開発したディープラーニング技術で自動的にタグが付けられ、例えば「犬」や「自転車」といったキーワードで検索すると、犬や自転車が写っている写真が検索結果に表示される。ユーザーは自分でタグを手入力することもできる。また、日時や撮影場所での検索も可能になる。

 onedrive 4 タグによる一覧(左)とタグによる検索例

週末に撮影した写真をメールで送る「Weekend Recap」

 onedrive 5 Weekend Recap

 週末に撮影してOneDriveに自動アップロードした写真の中から、OneDriveが自動的に数枚をピックアップし、ユーザーに月曜に、アルバムとして送信する機能。

 例えば週末のパーティーでカメラマンを務めたとしたら、このメールをパーティー出席者に転送する、といった使い道がある。

 将来的に、こうしたメールと連係するサービスを増やしていくとしている。

30Gバイトのボーナスストレージ

 カメラバックアップを有効にすると、無料ストレージが現在の15Gバイトから30Gバイトに増える(本稿執筆段階で筆者のOneDriveではまだ増加できない)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.