連載
» 2012年07月13日 19時56分 UPDATE

ウイークエンドQuiz:日産の電気自動車「リーフ」が、一般家庭に電力を供給できる期間は? (2/2)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

正解:

 c.2日間(一般的な家庭での1日当たりの消費電力を平均10kWhとした場合)

ミニ解説:

 リーフは蓄電容量が24kWhの蓄電池を搭載しており、停電時はこの電力を住宅に供給できる。満充電時なら一般家庭が必要とする電力を、およそ2日間にわたって供給できる。出力は6000W(6kW)。この値は同時に使用できる電力量の合計を表す。6000Wの出力があれば、照明、空調、冷蔵庫、電子レンジなどを自由に使え、普段と変わらない生活を送ることが可能だ。

リーフ(右)と、リーフに充電した電力を家庭でも利用可能にする「EVパワーステーション」(左) リーフ(右)と、リーフに充電した電力を家庭でも利用可能にする「EVパワーステーション」(左)

 ピークシフトや停電時の備えとして、電器メーカーが住宅向けの据え付け型リチウムイオン蓄電池を販売しており、経済産業省は住宅向け据え付け型のリチウムイオン蓄電池の購入者に補助金を出している。しかし、補助金対象製品の蓄電容量を見ると最大の製品でも14.4kWh。出力は2500W。リーフの性能は蓄電容量の面でも、出力の面でも、住宅向け据え付け型リチウムイオン蓄電池をはるかにしのぐ。

 さらにリーフが電気自動車であることも見逃せない。停電時に蓄電池の電力が足りなくなってきたら、離れた場所にある充電ステーションまで走って行き、充電して帰って来るということも可能だ。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.