ニュース
» 2012年10月18日 07時00分 UPDATE

電気自動車:宅配に使える3輪の電気自動車、補助金の適用で実質100万円

ユニークなクルマを開発することで定評のある光岡自動車が、同社初の電気自動車を10月18日から発売する。軽自動車よりも小型の3輪で、宅配などの用途に使うことを想定している。クリーンエネルギー自動車の補助金の対象にもなっており、100万円前後で購入できる。

[石田雅也,スマートジャパン]
mitsuoka1.jpg 図1 光岡自動車の「雷駆-T3」

 近距離の配送に向く小型の電気自動車が相次いで市場に投入される。7月にトヨタ車体が1人乗り用の「コムス」を発売したのに続いて、このほど光岡自動車が2人乗り用の「雷駆(ライク)-T3」(図1)の販売を開始した。ほかにも三菱自動車と日産自動車が配送用の小型電気自動車を開発済みで、来年から発売する予定だ。

 電気自動車は通常のガソリン車に比べて航続距離の短さが難点だが、近距離の配送に使う上では問題にならない。光岡自動車の「雷駆-T3」はリチウムイオン蓄電池の搭載容量(2.9〜4.3kWh)によって2種類のグレードに分かれており、航続距離は約40〜60kmである。充電時間は最大で4〜6時間かかる。

 電気自動車の燃費に相当する「交流電力量消費率」(1kmを走行するのに必要な電力)のデータは公表されていないが、蓄電池の容量と航続距離から判断すると、70Wh/km程度と想定される(ただし時速40km/hの定地走行の場合)。日産の「リーフ」が124Wh/km、三菱自動車の「i-MiEV」が110Wh/kmで、これらの一般的な電気自動車と比べると6割程度の“電費”で済むとみられる。

 価格は車両本体が129万5000円〜143万5000円(税込)に設定されている。この価格で「クリーンエネルギー自動車」の補助金が最高30万円まで適用できる(図2)。航続距離が40kmの下位の車種で実質的に100万円前後になる。

cleanev_mitsuoka.jpg 図2 クリーンエネルギー自動車の補助金。出典:次世代自動車振興センター

 「雷駆-T3」は見た目もユニークで、配送用のカートに近いイメージだ(図3)。2人乗り用として設計されているが、横幅は90cmしかなく、安全面を考えると1人で乗るのに適している。後部のキャリアには100kgまでの荷物を搭載できる。

 3輪の特徴を生かして最小回転半径は2m以内に収まる。蓄電池を後部に搭載することで車両の重心を後輪側に荷重配分でき、最大安定傾斜角は42度になる。宅配のほかに道路清掃や交通整理などの用途を見込んでいる。

mitsuoka2.jpg 図3 「雷駆-T3」の前面と背面

テーマ別記事一覧

 電気自動車 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.