ニュース
» 2015年09月02日 13時00分 UPDATE

電力供給サービス:楽天が電力小売りに参入、丸紅と提携し電力大手による寡占打破へ

楽天と丸紅は低圧需要家向けの電力小売り事業に向け業務提携を行うと発表した。2016年4月の電力小売り完全自由化に向け、新たなサービス開発などに取り組んでいく。

[三島一孝,スマートジャパン]

 2016年4月の電力小売り完全自由化に向けて、参入を考える企業や自治体の動きが活発化している。地域経済の活性化を目指す地方自治体参入の動きが進む(関連記事)一方で、新たにインターネット大手の楽天が2015年8月31日、丸紅と提携し低電圧向けの電力小売りに参入することを正式に発表した。

 楽天と丸紅は既に、2014年10月にエネルギー需要開発の協業を開始。楽天のプラットフォームを活用した電力受給取引拡大や簡易HEMS(家庭用エネルギー管理システム)の共同開発などに取り組んできた(関連記事)。今回この枠組みをさらに広げ、両社で協力して電力小売り市場を切り開いていくことを決めた。

photo 図1 「楽天スーパーポイント」のロゴ 出典:楽天

 楽天は「楽天スーパーポイント」を核に(図1)、多様なサービスを提供する「楽天経済圏」のさらなる拡大を推進(関連記事)。一方、丸紅は全世界23カ国で安定的な電力事業を運営しており、合計10GW(ギガワット)以上の持分発電容量を保有する。国内においては新電力会社として、長野、山梨、福島県などにおける水力発電事業や福島県における洋上風力発電実証事業などの再生可能エネルギー電源の開発推進に加え、火力発電所の保有、新規開発も進めるなど、電力小売事業の拡大に注力している。

 今後は、低圧電力を使用している「楽天市場」の出店事業者や「楽天トラベル」に加盟する宿泊施設などに対して、丸紅が保有する再生可能エネルギー電源などからの電力供給と、「楽天スーパーポイント」やポイントを活用した決済サービスおよび簡易HEMSを活用し、新たなサービス開発を進めていくという。また、提携を通じ、多面的な関係に基づく新たな小売ビジネスモデルの開発に取り組み、電力市場の健全な成長に貢献していくとしている(図2)。

photo 図2 楽天が展開している「簡易HEMS」を利用したサービスの提供イメージ 出典:楽天

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.