ニュース
» 2017年03月02日 11時00分 UPDATE

蓄電・発電機器:大容量の蓄電池用パワコン、塩害地域でもそのまま設置可能に

ダイヘンは第7回 国際スマートグリッド EXPO」に出展し、新製品の蓄電池用パワーコンディショナーを展示した。出力250kWで、塩害地域でも屋外にそのまま設置できるのが特徴だ。工場や事業所における大型の蓄電池を活用した省エネ需要の拡大をターゲットにしている。

[陰山遼将,スマートジャパン]

 ダイヘンは「スマートエネルギーWeek 2017」(2017年3月1〜3日、東京ビッグサイト)内の「第7回 国際スマートグリッド EXPO」に出展し、新製品である蓄電池用の大容量パワーコンディショナー(PCS)を展示した。塩害地域への設置に対応しているのが大きな特徴だ。

≪新開発の蓄電池向けパワーコンディショナー(クリックで拡大)

 改正省エネ法の対象となる工場や事業所では、エネルギー使用効率を毎年1%以上改善するよう努力義務が課されている。そのため、最大需要電力のピークカットなど、容量の大きな蓄電池を活用した省エネ手法のニーズに注目が集まっている。新開発のパワーコンディショナーは、こうした蓄電池の導入ニーズの高まりをターゲットに開発した製品だという。

 テンレス製筐体と空気熱交換(HEX)冷却方式を採用し、エアコンの併設を不要にした「エアコン・レス シリーズ」の1つで、定格出力は250kW(キロワット)、変換効率97.7%、外形寸法は1200×1090×2213mm(ミリメートル)である。

 新製品の大きな特徴が、耐塩地区にそのまま屋外設置可能できるという点だ。耐塩密閉構造としており、屋外に設置する場合にケースなどを利用せず、そのまま設置することができる。大容量の蓄電池用PCSで、単体での屋外設置を可能とする製品は「国内初」(ダイヘン)としている。この他、主回路部分に長寿命部品を採用するなどの改良を加えた。保守交換部品を最少化することで、メンテナンス費用も同社の試算では約7割減できるという。

新製品の概要(クリックで拡大)

 1台当たりの希望小売価格は約1000万円が目安になる。単体での提供の他、蓄電池盤、昇圧変圧器、高圧連系盤をパッケージ化した製品の提供も行うとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.