ニュース
» 2017年04月26日 13時00分 UPDATE

太陽光:10.1MWメガソーラーのO&Mサービス、サンテック受注

サンテックパワージャパンは、LIXILが開発した2つのメガソーラーのO&M(運用・保守)サービスを受注したと発表した。累計19MWのO&Mサービスを提供していることとなる。

[庄司智昭,スマートジャパン]

累計19MWのO&Mサービスを提供

 太陽光発電専業メーカーのサンテックパワージャパンは、LIXILが開発したメガソーラーのO&M(運用・保守)サービスを2017年4月から提供開始した。受注したのは、出力3.75MWの「LIXIL有明SOLARPOWER」(熊本県玉名郡長洲町)と、出力6.35MWの「IXIL須賀川SOLARPOWER」(福島県須賀川市)の2つである。

 同社では自社グループで開発した6つのメガソーラーに対するO&Mサービスを実施しているが、自社グループ以外の提供は初だ。LIXILのメガソーラーが加わることにより、累計で19.4MWのメガソーラーでO&Mサービスを提供していることになる。

LIXILのメガソーラー (クリックで拡大) 出典:サンテックパワージャパン

 2017年4月に施行された改正FIT法により、太陽光発電施設の保守管理はこれまで以上に重要となり、保守管理コストの効率化も求められる。サンテックパワージャパンは「30年の保守経験で培った不具合発生の予防を強みに、コスト削減のニーズにも対応できるサービスを準備し、太陽光発電の長期安定稼働に貢献したい」とコメントした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.