ニュース
» 2017年06月23日 11時00分 UPDATE

太陽光:最小32セルを日本で限定販売、住宅太陽光市場に焦点

ハンファQセルズジャパンは同社の主力太陽光モジュールシリーズに、同社最小となる32セルの新製品を加えた。国内限定の製品で、サイズの異なる3種類のパネルを展開し、日本で多く見られる寄棟屋根においても、組み合わせによって設置容量を最大化しやすくする狙いだ。

[陰山遼将,スマートジャパン]

ハンファQセルズジャパンは住宅用太陽電池モジュールに「Q.PEAK-G4.1」シリーズに、32セルの新製品「Q.PEAKXS-G4.1」を加え、2017年6月15日から出荷を開始した。日本の住宅の特性に合わせた、国内限定の製品だ。

 Q.PEAK-G4.1シリーズは、同社独自の「Q.ANTUM」という単結晶のPERC(Passivated Emitter and Rear Cell)構造を採用しているのが特徴だ。2017年2月から60セルで公称最大出力300W(ワット)の「Q.PEAK-G4.1」、48セルで同240Wの「Q.PEAK S-G4.1」の販売を開始している。

 今回新たにラインアップに加えた32セルのモジュールは、同社最小の太陽光モジュールになるという。公称最大出力は160Wで、希望小売価格は税別10万4000円だ。

 ハンファQセルズジャパンは日本国内の住宅向け太陽光市場の開拓に注力する方針を掲げている。サイズの異なる3種類のパネルを展開し、日本で多く見られる寄棟屋根においても、組み合わせによって設置容量を最大化しやすくする狙いだ。

異なる大きさのパネルを組み合わせた場合のイメージ 出典:ハンファQセルズジャパン

 この他、「25年間の出力保証(リニアワランティ・無償)」「15年間の長期安心システム保証(無償)」「災害補償10年」「日照補償1年」といった各種保証・補償制度も用意するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.