ニュース
» 2017年09月06日 09時00分 公開

蓄電・発電機器:家電も動くハンディ蓄電池、ホンダが発売

ホンダはハンディタイプの蓄電機の販売を開始した。交流による電力供給が可能で、テレビなどの家電も利用できる。

[長町基,スマートジャパン]

 ホンダは持ち運び可能なハンディタイプの蓄電機「LiB-AID(リベイド)E500」を開発し、このほど全国のホンダ・カーズで販売を開始した。価格は税込み7万9920円〜8万6400円で、年間の販売計画台数は3000台としている。

ハンディタイプ蓄電機「LiB-AID E500」 出典:ホンダ

 リベイドE500は、1965年に発売した同社初の発電機「E300」のデザインをモチーフとしている。容量377Whのリチウムイオン電池を搭載し、最大出力は500W。家庭用コンセント、もしくは車のアクセサリーソケットから充電できる。

 PCなどの精密機器やマイコン搭載の電気製品など、電気の質の影響を受けやすい製品にも安心して使用できるという。一般的な蓄電池は直流電圧(DC)だけでしか出力できない場合が多いが、ホンダが発電機開発で培ってきた独自開発の正弦波インバーターを搭載することで交流(AC)100Vの出力電圧で電力供給を行えるようにした。

 家庭用コンセント、もしくは車のアクセサリーソケットによる充電時間は約6時間。300Wで約1時間、500Wで約35分間の電力供給が行える。主な家電製品の使用可能時間の目安は、白熱電球(消費電力100W)であれば約3時間、液晶テレビ(同69W)は5時間、ラジオが(同12W)約14時間、スマートフォンであれば約20回、ノートPCは4回程度の充電が可能としている

 この他、リベイドE5001台では出力が足りず、使用することができない電気製品でも同製品を2台、もしくは同製品とホンダの発電機を並列接続することで、より消費電力の大きな電気製品を使うことができる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.