ニュース
» 2017年10月19日 07時00分 公開

太陽光:兵庫県たつの市に1.99MWのメガソーラー、550世帯分を発電

兵庫県たつの市に、NECフィールディングのメガソーラーが完成。出力1.99MWで、年間発電量は2720MWhを見込んでいる。

[長町基,スマートジャパン]

 NECフィールディングは、兵庫県たつの市新宮町の播磨科学公園都市内に1.99MWの「播磨太陽光発電所」を建設し、このほど売電事業を開始したと発表した。

 新発電所は約4万m2の敷地に、パワーコンディショナー2式、太陽光パネル8000枚を設置。パネル容量は2.56MWで、年間予想発電量は2720MWhとなっている。これは一般家庭の約550世帯の年間消費電力をまかなう計算となり、年間1349tのCO2排出量削減効果が見込めるとしている。

「播磨太陽光発電所」の外観 出典:NECフィールディング

 新発電所は自社で運用保守サービス(O&M)と24時間365日の障害監視を行うほか、自社設備を利用したO&Mサービスの新技術評価や検査技術などの蓄積を行い、サービス品質の向上を図ることを目指している。

 NECフィールディングは2015年よりスマートエネルギー事業の強化に取り組んでおり、ITプラットフォームのサポートで培ったノウハウを生かし、太陽光発電の設計、調達、施工を含む建設工事(EPC)とO&Mを提供している。今後、さらに売電事業を開始することで、再生可能エネルギー事業の発展に貢献していく方針だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.