一生お金に困らない「法則」はどうやったら身に付く?一生お金に困らない「華僑」の思考法則

日本人だからこそ分かる華僑の行動法則。大物華僑の元で超実戦的な修行を積み、独立した初年度から年商1億円を稼ぎ出した著者が、自らが実践し、成果を出した「華僑の思考法則」を紹介。

» 2013年11月27日 10時30分 公開
[大城太,Business Media 誠]

集中連載『一生お金に困らない「華僑」の思考法則』について

 本連載は、2013年10月31日に発売した大城太著『一生お金に困らない「華僑」の思考法則』(日本実業出版社)から一部抜粋、編集しています。

 日本人だからこそ分かる華僑の行動法則。大物華僑の元で超実戦的な修行を積み、独立した初年度から年商1億円を稼ぎ出した著者が、自らが実践し、成果を出した「華僑の思考法則」を紹介します。

 破天荒な行動には理由がある。「スケジュールは常に空けておく」「とにかく“借り”をたくさん作る」「人を見るときは目ではなく、口を見る」「嫌いな人にこそ接近する」「ペットは好きでなくても飼う」──など、日本人にとっては「?」な華僑の常識。しかし、この思考法則や行動の由来をひも解くと、もうけにつながる驚くべき「人間の本質」が見えてきます。

 書籍では、門外不出といわれる華僑流の考え方をお金、仕事術、時間の使い方、コミュニケーション法、人脈術に分けて紹介している。華僑の元で修行をした著者だからこそ書ける、日本人には思いもよらない成功法則が満載。


 突然ですが、「華僑」と聞いてあなたはどんなイメージを持ちますか? 辞書には、「長期に渡り海外に居住する中国人およびその子孫。東南アジアに多く、経済的に大きな影響力を持つ。今日では移住先に定着し、自らを華人と規定することが多い」(大辞林)とあります。

 

いま、中華料理がアフリカでも南米でも世界のどこでも食べることができるのは、この華僑のおかげです。そして彼らのもう1つの特徴を挙げるとすれば、「お金もうけが上手」というイメージでしょうか。たとえ未開の地であってもビジネスの旨味が少しでもあれば、ためらうことなく出かけてゆく。つまり、華僑は「世界一の商魂民族」なのです。

 はじめまして、私は大城太と言います。関西を拠点に、医療機器のメーカーと販売会社をメインに複数の事業を経営しています。おかげさまで事業は好調。2013年には念願だった東京進出を果たし、次の目標をアジアでのシェア制覇に据えたところです。

 なぜ、30代の若造が短期間でここまで成長できたのか。それは、日本人のようにまじめに働かなくてもお金を生み出し続ける華僑の破天荒な「思考法」と超ハイスピードな「行動法則」を、彼らから直接学ぶことができたからです。

 やっと出会った理想の師匠に弟子入りを志願してから2年後、ようやく入門が許されました。もちろん無給です(私から申し出ました)。大小さまざまな失敗を重ねましたが、約束の1年後には無事に免許皆伝。先に紹介した医療機器の販売会社を設立し、師匠に教わったことを愚直に実践して、初年度で1億円を稼ぐことができました。

 華僑の教えは決して難解なものではありません。聞き慣れないビジネス用語も出てきません。先ほど「破天荒」と述べましたが、実は非常に合理的で当たり前のことばかり。しかも極めてシンプルです。だから実践しやすく応用もしやすい。それが私たちにとって新鮮なのは、日本人が忘れがちな人間本位のコミュニケーションを教えてくれるからでしょう。

 どんな場面でも、どんな相手にも通用するのは、小手先のテクニックや流行にのったノウハウなどではなく、時代が変わっても簡単に変わることのない人間の本質に基づいているからなのだろうと思います。本連載が多くの人のお役に立てることを、願ってやみません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR