ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「残業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「残業」に関する情報が集まったページです。

コロナ禍で残業時間は減少:
出社とテレワーク、残業時間が長いのはどっち?
パーソル総合研究所が残業時間の実態に関する調査結果を発表した。(2021/4/19)

テレワーカーの方が出社している人より残業時間が長い パーソル調査
残業時間はオフィスなどに出社している従業員よりテレワーカーの方が長いとする調査結果をパーソル総合研究所が発表した。(2021/4/19)

在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
お仕事、切り上げるしかありませんね……!(2021/4/11)

大井川鐵道があの「変な缶バッジ」ついに通販開始 「回送(明日から本気出す)」「警戒(残業過多)」何じゃこりゃ〜!?!?
新金谷駅限定販売だったアレがついに。(2021/4/8)

キャリアニュース:
コロナ禍での残業時間の実態調査、最も残業が減った職種は「基礎研究」
転職サービス「doda」が、コロナ禍での「職種別の残業時間の実態」に関する調査結果を発表した。1カ月あたりの平均残業時間は20.6時間で、緊急事態宣言前である2020年1〜3月の平均28.1時間と比べて、7.5時間短くなっていることが分かった。(2021/4/8)

「12時間労働は当たり前」「残業代なし」 文科省主導のハッシュタグ「教師のバトン」に現役教師から窮状を訴える声相次ぐ 文科省の受け止めは?
プロジェクト担当者の1人に聞きました。(2021/3/31)

中堅・中小企業のRPA導入の進め方
RPA導入を成功させるために必要な“3つのスキル”とは
労働人口の減少や残業時間削減の解決策としてRPAによる業務自動化に期待が集まっている。しかしRPAにはセキュリティやガバナンスを維持するのが難しいという課題もある。こうした課題を解決し、導入を成功させるために必要なスキルとは。(2021/3/24)

平均給与、管理職になった年齢、残業時間ランキングを“見える化”する企業――デメリットはないのか?
自社の年齢別平均給与、管理職になった平均年齢、部署ごとの残業時間のランキングなどを見える化している企業、タカミヤに話を聞いた。社内各所に設置されたサイネージや、社員が持つPCのスクリーンセーバーでこれらの情報を共有しているという。なぜ、このような取り組みをしているのか。また、デメリットはないのか。(2021/3/31)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(85):
こんな裁量労働制は嫌だ!
上からの指示に従い、個人で判断できる範囲はごくわずか。もちろん、残業代の支払いはなし。これ、本当に裁量労働制なんですか――?(2021/3/15)

20代総合職の3割が「過労死ライン」超え:
「テレワーク7割」どころか、紙業務・サービス残業が横行の霞が関官僚 「与野党合意」で民間企業の模範となれるか?
政府が要請する「テレワーク7割」だが、そもそも霞が関で働く官僚が達成できていない。それどころか、民間企業未満の過酷な働き方が昨今明らかになっている。その元凶ともいえる国会対応を巡る与野党合意で、民間企業の模範へと変わっていけるのだろうか。(2021/2/10)

MONOist IoT Forum 2020 Digtal Live(後編):
生産性を2.2倍に高め、残業時間を3343時間削減したIoTによる生産革新の成果
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパンの、アイティメディアにおける産業向けメディアは2020年12月14〜15日、オンラインでセミナー「MONOist IoT Forum 2020 Digtal Live」を開催した。同セミナーは通算で14回目となるが、オンラインでの開催は初となる。後編では久野金属工業(愛知県常滑市)取締役副社長の久野功雄氏による特別講演「機械・人・仕事のDXによる生産性革命」の内容を含むDay2の内容を紹介する。(2021/1/28)

もしも残業中に「音を全て吸収する雪」が降ったら? 普段は言えない本音を叫んだ結果ほっこりした漫画
秘密が2つありました。(2021/1/18)

ワークマン式「しない経営」【後編】:
ワークマン土屋哲雄専務が、社員の平均年収を700万円に上げた理由
「残業しない」「ノルマを設けない」「値引きをしない」「社内行事をしない」――。他社とは真逆の取り組みともいえる「しない経営」を実践し、10年連続で増収、最高益を更新したワークマン。後編では、土屋専務が社員の平均年収を、定期昇給分を除いて100万円以上アップさせた理由を聞く。(2021/1/6)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
電通「過労自殺」事件から5年 “命を削る働き方”がはびこる社会は変わったか
電通の新入社員が過労自殺した日から5年。コロナ禍で在宅勤務が広がり、残業が減った企業がある一方、エッセンシャルワーカーは異常な働き方を強いられている。「人」をコストとして見る発想がある限り、長時間労働はなくならない。“不便”を受け入れることも必要だ。(2020/12/25)

調査レポート:
テレワークで残業時間が減少、施工管理と設計にコロナ禍の働き方を調査
アーキ・ジャパンは、施工管理職と設計職を担当する1104人を対象に、コロナ禍での働き方に関して調査し、テレワークの導入効果で残業時間が減ったことや業務プロセスの効率化を実現するICTツールを求めていることなどが判明した。(2020/12/15)

届け、2万7000筆の思い 「霞が関は残業の震源地」──国家公務員の働き方改革に向け有識者が河野大臣に署名を提出
中央省庁の働き方の改善を求める有識者団体「深夜閉庁を求める国民の会」が河野太郎行政・規制改革担当相にネットで集まった署名とともに「各省庁を午後10時から翌朝5時までは完全閉庁」とする提言書を提出した。(2020/12/4)

Q&Aと解説:
「在宅勤務だから副業したい」に人事はどう対応すべき? 注意すべきポイントとは
新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務や労働時間の短縮を実施する企業は少なくない。時間にゆとりができる一方で、残業代が少なくなった社員から副業や兼業を望む声が出た場合、人事はどのように対応すべきだろうか。副業を認めるか否かの判断基準や、副業を認めた場合の運用について解説する。(2020/11/20)

残業中のビルをサイコロに……! 深夜に光るオフィスの窓を表現したデザインが秀逸だけどつらい
社畜サイコロというパワーワード。(2020/11/8)

残業で疲れきったOL、そこに猫たちがせまってきて……! “世界が猫であふれる漫画”に笑顔になる
疲れふっとんじゃう!(2020/11/5)

告発された「パワハラ」の実態:
【独自】ワタミ「ブラック企業に逆戻り」騒動 内部取材で明らかになった、衝撃のウラ話を暴露する
「ワタミの宅食」で起こった残業代未払い問題。それだけでなく資料改ざんやパワハラなど、「やっぱりワタミはまだブラックだったのか?」と思わせるような実情が告発された。本当にワタミはブラック企業へ回帰したのか。内部取材を敢行すると、思わぬ事情が見えてきた。(2020/11/5)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(2):
いっぱい残業してるんだから、少しぐらい遅刻したっていいでしょ?
勤怠に問題があるメンバーの遅刻の原因は、(ある意味)サービスな残業だった――。(2020/10/13)

小学館集英社プロダクション、「Oracle Fusion Cloud EPM」で予実管理を効率化、事業部別収益の横断管理を実現
小学館集英社プロダクションは、Oracleの経営管理ソリューション「Oracle Fusion Cloud EPM」を導入して、属人的かつ煩雑になっていた予算・実績管理業務を刷新。事業部別収益の横断管理を実現した。予実管理業務の標準化、効率化を図り、担当者の生産性向上や残業時間の短縮にもつながった。(2020/10/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
ワタミは違法残業、勤務記録改ざんも…… 問題企業のトップが見ていない、過重労働の現実
ワタミが宅食事業のグループ会社で残業代未払いがあったとして是正勧告を受けた。勤務記録の改ざんもあったという。同社は労働環境の改善に努めていたはず。組織のトップと従業員たちに断絶があったのではないか。残業は単なるカネの問題ではなく、命の問題だ。(2020/10/9)

【漫画】生き抜け!OLオノ子ちゃん:残業をしたくない社員、残業をさせたくないえらい人、求めるものは同じはずなのに……
終わらね〜……けど帰る!(2020/8/30)

【漫画】生き抜け!OLオノ子ちゃん:えらい人は「残業禁止」と言うけれど、残業なしで終わる業務量ですか?
働き方改革、させてくれ〜!(2020/8/2)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(78):
あるエンジニアの死
心臓に疾患を持つ女性エンジニアが、致死性不整脈で亡くなった。直近の残業時間は、月間21時間。彼女の死の責任は、誰にあるのか――。(2020/7/13)

コロナ禍でのテレワーク、半数以上が残業手当申告せず
今年4月以降にテレワークを経験した人の半数以上が、通常勤務より長時間労働になったにもかかわらず残業代を申告しないことがあった──連合のテレワークに関する調査でそんな結果が。(2020/7/6)

安全かつストレスフリーで働く環境づくり
テレワーク中の企業を悩ませる「生産性」「労務管理」問題 どう解決する?
「Web会議が聞き取りにくい」「慣れない作業環境に困惑」「1人で長時間残業が常態化」――テレワークが急拡大し、企業は今までにない課題に直面した。従業員のストレスを減らし、スムーズに業務を進める解決策を見つけるためのヒントとは。(2020/6/24)

【漫画】生き抜け!OLオノ子ちゃん:締め日近くの終わらない残業と、飛んでくる「あれっ残業?」の声
おっ……お前お前お前〜!!!(2020/5/17)

PR:中小企業が直面するテレワークの課題 約3000社の実績を持つ浅間商事に聞いた「導入のポイント」は?
労働人口の減少による人材不足や残業の抑制、多様なワークライフバランスの実現など、向き合うべき経営課題は多い。それらを解決する糸口としてテレワークの導入を検討する中小企業は、具体的にどのような取り組みから始めればよいのか。(2020/4/20)

残業が最も減った業種は? 1〜3月は月24.86時間
オープンワークは「日本の残業時間(四半期速報)」を発表した。同社のサイトに寄せられた社員のクチコミと評価スコアを集計したところ……。(2020/4/15)

キャリアニュース:
米国企業への転職を考える際に知っておきたいこととは
エンワールド・ジャパンが、米国の企業へ転職したいと考える人へ向けて、米国企業の残業時間や休日、福利厚生などを紹介した。給与体系や働き方など日本企業との違いを把握することで、より良い転職につなげられる。(2020/3/19)

「残業代なんて出すわけがない」「新型コロナは気持ちの問題」:
元従業員による求人サイト不正アクセス・改ざんで“大炎上” Dr.ストレッチ加盟店運営企業社長が「辞任」へ
Dr.ストレッチのフランチャイズ加盟店が求人サイトで「残業代なんて出すわけがない」「有休消化は稼いでから言え」と記載して炎上した騒動。掲載した会社「つながり」だけでなく、Dr.ストレッチ運営元企業や、求人サイト運営企業まで飛び火した。3月12日夜、つながりがメッセージを発表し、社長は辞任する意向を表明した。(2020/3/13)

続報・Dr.ストレッチ:
Dr.ストレッチ加盟店「残業代なんて出すわけがない」は元従業員による改竄と発表 それでも残る3つの疑問
Dr.ストレッチのフランチャイズ加盟店が求人サイトで「残業代なんて出すわけがない」「有休消化は稼いでから言え」と記載して炎上した1件。運営元のフュービックが調査経過を発表した。加盟店運営会社元従業員による改ざんと結論付けたが、疑問が残る。事実確認をしようとしたが、運営会社に電話がつながらない状況。(2020/3/12)

「残業代なんて出すわけない」物議を醸したDr.ストレッチの求人広告、元社員による改ざんだった 退職後もパスワード変えず【3月13日追記】
(2020/3/11)

「新型コロナは体調管理ができてない証拠」「残業代なんて出すわけない」 Dr.ストレッチの求人広告が物議→第三者による悪質な改ざんとして「渋谷警察署に被害届提出」
【追記】Dr.ストレッチ本部を取材しました。(2020/3/10)

新型コロナは「体調管理ができてない証拠」:
「残業代なんて出すわけがない」「有休消化は稼いでから言え」 Dr.ストレッチフランチャイズ加盟店、求人サイトが“大炎上”の真相
Dr.ストレッチのフランチャイズ加盟店を運営する「つながり」が求人サイトに掲載したメッセージで炎上している。執行役員のインタビューとして、「残業代なんて出すわけがない」「有休消化は稼いでから言え」などと掲載。新型コロナについては「体調管理ができてない証拠」と書いてあった。現在は削除されたが、なぜこうした文言が記載されたのか。(2020/3/10)

あなたの組織はどのパターン?:
「残業=絶対悪」なのか 良い残業、悪い残業 それぞれを生み出す組織の4パターン
「残業好き」の記事を書いた筆者。反響は大きかったが、そのほとんどはネガティブなものだったという。果たして「残業=絶対悪」なのか? 良い残業というものは存在するのか? 組織のパターンごとに分析する。(2020/3/3)

女の転職type調べ:
女性の平均残業時間はどのくらい? 意外にも理想は「ゼロ時間」でなかった
キャリアデザインセンターが女性の残業に関する調査結果を発表。調査の中で「理想の残業時間」を聞いたところ、「0時間」がトップではなかった。いったいなぜなのか。担当者はいくつかの理由を挙げる。(2020/2/28)

守れない経営者は「前科」に:
横行する「ブラッククビ」、急増する「非正規コスト」 4月に勃発する“雇用大変革”に対応できない企業は淘汰される
4月からの働き方改革関連法の施行によって、残業時間の上限規制が日本国内すべての事業者に適用となる。この「雇用大変革」への対応が急務と警鐘を鳴らしているのが企業労働法に詳しい倉重公太朗弁護士だ。中小企業、そして創業間もないベンチャー企業などは人事労務管理への理解が浅いことも多く、違法な解雇「ブラッククビ」などの事態も起きている。慢性的な人手不足に悩む中小企業経営者は何を注意しなければならないのか。また働く側はどんな意識づけが必要なのか。これから求められる働き方と合わせて聞いた。(2020/3/3)

人事ジャーナリスト・溝上憲文の「経営者に告ぐ」:
未払い残業代の「時効延長」で悲鳴上げる経営者たち――セブン問題の再発防げるか
ベテラン人事ジャーナリストの溝上憲文が、人事に関する「経営者が対応すべき施策」を提言する。今回は4月から施行される未払い残業代の「時効消滅期間」延長について。原稿の2年から5年にまで延びてしまうと、労働者に支払う残業代が莫大な金額になってしまう――。経営者はどんな対策をすべきなのか?(2020/2/21)

紙の帳票処理業務に縛られないために
毎月1万5000円で請求書をデジタル化 中小企業の現場を支えるサービスとは
経理担当者を悩ます毎月の請求書処理業務。月末、月初に残業して納期に間に合わせた経験はないだろうか? この状況を変えたくても「予算がない」と諦めるのはまだ早い。月額1万5000円から始められるサービスがある。(2020/2/26)

「求人が具体的ではない」「履歴書の記入が難しい」 外国人を対象としたアンケートで浮かびあがる日本の「求人」の問題点
昇給制度や残業に対する鋭い指摘も。(2020/2/14)

第2回【名古屋】HR EXPO:
働き方改革関連法施行に伴う勤怠管理システム、多数展示 AI残業予想、動くスマート家具も
この4月から働き方改革関連法が中小企業にも適用される。差し迫った課題に対応するためのシステムが多数展示されている。(2020/2/14)

たかが残業、されど残業:
少なすぎる残業に要注意! 組織を崩壊させる「粉飾残業」のあきれた言い訳と手口
2019年4月に施行された働き方改革関連法案で、大企業を対象に残業規制の強化がなされた(中小企業は20年4月施行)。すると、今までは多すぎた残業が、今度は少なすぎるという問題が起きているという。残業規制をかいくぐる悪質な「粉飾残業」とは?(2020/1/23)

ビジネスパーソンを救う「せめてこれだけ」食事術【中編】:
「会社で夕食」も「帰るまで我慢」も不健康のもと 残業中の小腹を満たす「最強食材」とは?
昼は毎日外食、夜は接待に飲み会、朝は時間がなく何も食べない――。健康は気になるけど、毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいのか。20年以上活躍する食生活ジャーナリストが「せめてこれだけは実践しよう」という健康情報をお届けする。(2020/1/21)

特集:AIOpsとは何か(3):
「海外21拠点を1人でサポートし3年間残業ゼロ」を実践したネットワーク監視の匠が語る「AIOps」の効果とビジョン
システムの安定した稼働を守ることが求められる「IT運用」の現場において「AIOps」による業務の自動化、効率化への関心が高まっている。商社のインフラサポートエンジニアとしての職務経験の中で、自ら機械学習を応用した遠隔サポートシステムを開発した園山淳也氏に「AIOps」の有効性や未来像を聞いた。(2020/1/21)

働き方改革を阻む「抵抗」「不安」「失敗」との戦い方:
残業時間は半減、社員一人当たりの売上は15%増――「働きがい重視の改革」が結果につながる理由
地方都市こそ、働き方改革を進めなければならない――。静岡にUターンし、起業した社長がこう話す理由とは。(2019/12/26)

短時間勤務者には痛手?:
同一労働同一賃金が招く“ディストピア”とは?――「だらだら残業」だけではない、いくつもの落とし穴
2020年から開始する「同一労働同一賃金」。期待を集める一方で、「だらだら残業」を助長したり、短時間で働く人の負担になったりと、さまざまな「落とし穴」も潜んでいるという。しゅふJOB総研所長を務め、労働問題に詳しい川上敬太郎氏が斬る(2019/12/23)

「違法な労働横行するアニメ業界の是正第一歩」 アニメ制作会社「STUDIO 4℃」の未払い残業代訴訟、東京地裁で始まる
Aさん自ら意見陳述を行い、アニメ業界の窮状を裁判官に直接訴えかけました。(2019/12/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。