ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「残業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「残業」に関する情報が集まったページです。

Q&A 総務人事の相談所:
「残業ゼロでいいなら入社したい」 優秀な新卒の“残業免除”は不公平か?
働き方改革の影響で「残業」に対する考え方も変わりつつある。入社を希望する内定者から「趣味の活動があるので、残業できない」と相談があった。優秀な人材のため、ぜひ入社してほしいが、残業している社員に対して不公平な気もする……。人事部としてどのように対応すべきだろうか?(2022/5/16)

オープンワーク調べ:
最も“ホワイト”なのは20代 「残業」「有給消化」は10年でどう変化した?
オープンワークは働き方の10年での変化をまとめた「社員クチコミ白書」を発表した。残業時間や有休消化率はどのように変化したのだろうか。残業が最も少なく、有給消化率が最も高いのは20代というデータも明らかに。(2022/5/14)

上司「忌まわしい習わしはワシらの代で終わらせねばならん……」 残業を呪われた国の王族みたいなテンションで先に帰された話
いい職場だなー。(2022/5/12)

Excelできる人に業務集中? 残業多い傾向が明らかに
業務改善コンサルティングなどと手掛ける「すごい改善」は、20〜50代の社会人男女350人を対象に「バックオフィス業務とExcel(エクセル)」に関する調査を実施。その結果、Excelができる人ほど残業時間が増加する傾向が明らかになった。(2022/5/12)

公立小中学校教員の「6人に1人」が経験:
日本でいまだに横行する「勤怠記録の改ざん」「サービス残業」 不正行為を生み出す支配従属型組織とは
20〜50代で公立小中学校の教員として勤める人の6人に1人が勤務記録の改ざんを求められたことがあるという衝撃のニュースが明らかになった。なぜ、いまだにこうした不正が行われるのか。(2022/5/11)

メリットとデメリット:
「残業代を抑えたいので固定残業制にしたい」 とある会社の社長がハマった勘違い
「残業代を抑えたいので、すぐにでも固定残業制を導入したいです」――そんな相談をしてきたのは、とある中小企業の社長です。この相談には、どんな勘違いがあるのでしょうか?(2022/4/26)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
「効率が悪い」新入社員にいら立っても、“ハラスメントにならずに”指導する4つのポイント
ただでさえ新生活に緊張している新入社員。残業が続いたり、厳しい指導を受け続けたりすると、中には追い込まれてしまう人も出てきます。指導がハラスメントにならないよう、何を気を付ければ良いのでしょうか。(2022/4/5)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
仕事で死ねて本望? モーレツ社員の危険すぎる“過剰適応スパイラル”
先日、アクセンチュアが違法な残業で書類送検されました。コンサルや他の業界でも「この業界は、働いてなんぼの世界」「仕事が好き」「もっと会社に貢献したい」などと考える社員が、自ら進んで働きすぎてしまうことがあります。これは、長時間労働を一掃するのが極めて難しい原因の一つです。この難題と、どのように向き合っていくべきでしょうか。(2022/3/25)

スピン経済の歩き方:
「残業したいのに、させてもらえない」の声 問題はどこにあるのか
「残業をしたい。もっと働きたいのに、させてもらえない」――。サラリーマンの声を報じたニュースが話題になっていたが、この問題の根っこはどこにあるのだろうか。日本で働いていても、給与がなかなか上がらないのに……。(2022/3/22)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
ノー残業デーに「勝手に残業」する社員、残業代の取り扱いは?
ノー残業デーに「勝手に残業」する社員が数人出ている企業。本人からの残業申請や相談はない。こんな場合、どうしたらいいのか? 社労士が回答する。(2022/3/8)

社労士・井口克己の労務Q&A:
出向してきている社員が残業時間を超過 勤怠システムの費用は、出向元に請求していい?
当社で受け入れている出向者が残業時間を超過していたことが発覚。給与計算は出向元の企業のため、勤怠管理も出向元企業に任せていますが、当社でも勤怠管理をした方が良いのでしょうか?(2022/2/25)

産業動向:
施工管理は減少、dodaが2021年コロナ禍の職種別「平均残業時間」調査
転職サービス「doda」が行った2021年コロナ禍の職種別「平均残業時間」の調査によると、デジタル化の拡大などにより「施工管理」の残業時間は前回より5.1時間減ったことが分かった。(2022/2/24)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(5):
【第5回】建設現場での残業規制への対処法、現場代理人の働き方を変えるには
本連載では、経営コンサルタント業界のパイオニア・タナベ経営が開催している建設業向け研究会「建設ソリューション成長戦略研究会」を担う建設専門コンサルタントが、業界が抱える諸問題の突破口となる経営戦略や社内改革などについて、各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第5回は、2024年に建設業でも適用される時間外労働の規制に対して、いかに対処していくべきか、現場とバックオフィスが協力し、会社一体で「働き方改革」「生産性改革」に取り組んだ事例から、解決策を提言する。(2022/2/23)

時に部下の心を壊す“よくある一言” 残業が多いときは「残業=頑張るではない」、少ないときは「頑張りが足りない」
そんなんどうすりゃええねん。(2022/2/23)

Q&A 総務・人事の相談所:
「残業代」を稼ぐため、わざと残業? 社員を納得させる、残業の減らし方
社員の残業が多くて困っています。正直なところ、残業手当を目当てに行う「生活残業」ではないかと疑っています。何か解決策はないでしょうか。(2022/2/16)

就職人気から占う今後のIT業界:
残業時間が減った職種ランキング オンライン化で教育・スクール系が1位に IT系で上位は?
パーソルキャリアの転職サービス「doda」が職種別の平均残業時間を調査。残業時間が減少したのは、オンライン化が進んだ「教育/スクール」がトップだった。IT系は10位に「サーバエンジニア」がランクインしている。(2022/2/7)

就職人気から占う今後のIT業界:
残業時間が増えた職種ランキング “半導体不足”で電機メーカー営業が1位に IT系で上位は?
パーソルキャリアの転職サービス「doda」が職種別の平均残業時間を調査。残業時間が増加したのは、半導体不足の影響を受けた「電機メーカーの営業」がトップだった。IT系は5位に「インフラコンサルタント」がランクインしている。(2022/2/4)

残業時間は微増:
残業時間が最も少ないのは「秘書・受付」、多いのは?
転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリアは、職種別「残業時間」の調査を実施した。その結果、2021年の平均残業時間は20.8時間/月で、昨年の調査より微増したことが分かった。(2022/2/4)

就職人気から占う今後のIT業界:
残業時間が多い職種ランキング 上位だったIT系職種は?
パーソルキャリアの転職サービス「doda」が職種別の平均残業時間を調査。IT系職種では、10位に「インフラコンサルタント」がランクインした。(2022/2/2)

残業明けで魔法少女に変身……! 会社帰りのサラリーマン2人が“かわいい魔法少女”になる漫画がカオス
「ウミリンとモリリンがんばってえぇぇ!」(2022/1/12)

月平均13.5時間:
10年間で残業が最も減った「ホワイト業界」はどこ?
オープンワークが同社サイトのデータを集計したところ、10年間で月間平均残業時間は22時間減少し、24時間に。有休消化率は19%向上していることが分かった。残業が最も減った業界は……?(2021/12/17)

事例研究:
「残業ゼロ」を目指して、固定残業制を導入 いかにして不公平感をなくしたのか
固定残業制とは、会社が一定時間の残業を想定して、実際の残業時間を計算せずに、固定分の残業手当を支払う制度。導入している企業の事例を紹介する。(2021/12/16)

終わらない残業中に“謎のアドバイス”をくれる先輩 絶妙に締まらないけど職場にいてほしい先輩の漫画
いいこと言ってるはずなんだけど。(2021/12/10)

パナソニック、持ち帰り残業を謝罪 自殺社員遺族と和解
パナソニックが、社員だった男性がうつ病を発症して2019年に自殺したのは、会社として過大な業務量や長時間労働を正さずに安全配慮を怠ったためだったと遺族に謝罪し、解決金を支払うなどして和解したと明らかにした。(2021/12/8)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
「旧A社は給与が高いのに、旧B社は残業代すら出ない」を防ぐために M&Aの際、人事制度はどう統合すべきか
M&Aの中でも特に重要となる「人事制度統合」。アプローチを少しでも間違えると従業員のモチベーションダウンを招きやすく、慎重な対応が必要だ。(2021/12/2)

この一杯が明日の作業効率を変える!?:
PR:全てのコーヒー党に送る! タリーズのブラックコーヒー、新作は何が“一味”違うのか?
「ブラックコーヒー」と聞くと、朝や残業時の「眠気覚まし」「気付け」としてビジネスパーソンが手にする機会も多いが、「ただカフェインが摂れて苦ければよい」という時代は既に過去。コロナ禍の影響で巣ごもり時間が増え、「リラックス時間のお供」としてカフェ顔負けの質が高いRTDコーヒーを選ぶ人が増加している。その影響で、嗜好性にも変化が出ているというが、その内容とは?(2021/11/18)

残業中に“手の幽霊”が現れた!? お人よし社員を襲う怪異の漫画がいろんな意味でゾッとする
本当に怖いのは……?(2021/11/4)

残業した妻が帰宅すると、夫が「思い描いていた通りの料理」を作って待っていた “メモ”で通じ合う夫婦漫画に「すごい」と驚き
これはすてき!(2021/10/22)

たった一人の熱意が会社を変えた!:
“時代錯誤”から残業ゼロ、週休3日に! 鳥取の不動産会社がレガシー企業からDX先進企業になれたワケ
スケジュールをホワイトボードで管理し、書類は紙に記入してファイルにとじる。そんなアナログな環境から見事DXを果たしたウチダレック(鳥取県米子市)。地方企業としては珍しいDXノウハウ書籍『超効率DXのコツ』まで出版した、その極意とは? 書籍の著者でもあり、同社専務でもある内田光治氏に話を聞いた。(2021/10/8)

ロボット:
四足歩行ロボット「Spot」の自動巡回と遠隔操作で現場実証、10%の負担軽減で“残業規制”の有効策に
竹中工務店と竹中土木は、四足歩行ロボット「Spot」を用いた現場監視の有効性を建築と土木の実現場で検証した。両社は、Spotによる現場の自動巡回が、2024年に建設業に適用される時間外労働の上限規制への有効な対応策になり得ると期待を寄せており、今後は搭載機器のユニット化やOS開発などを進める。(2021/9/17)

マイナビ調べ:
学生が考える理想の「残業時間」「社会人1年目の年収」 現実とのギャップは?
2023年3月卒業見込みの全国の大学3年生、大学院1年生を対象にマイナビが調査を実施した。理想の残業時間と年収は?(2021/9/16)

残業中に恐ろしいものが……! 遅くまでがんばる女性を襲うホラー漫画
主人公が本当に恐れていたものとは。(2021/8/23)

Q&A 総務・人事の相談所:
「残業しない」「キャリアアップを望まない」社員が増加、人事制度を作り変えるべきでしょうか?
若手や女性を積極的に採用したところ、「残業はしない」「キャリアアップを望まない」という社員が増え、半期の評価ごとに成長を求める評価制度とのミスマッチが起きている──こんな時、人事はどうしたらいいのだろうか? 人事コンサルタントが解説する。(2021/8/16)

キャリアニュース:
約3人に1人が、自身の勤務先を「ブラック企業だと思う」と回答
日本労働調査組合が「ブラック企業に関するアンケート」の結果を発表した。勤務先がブラック企業だと「思う」と31.2%が回答した。また、ブラック企業の定義を尋ねたところ、トップ3は「サービス残業」「ハラスメント」「長時間労働」だった。(2021/8/4)

フォルダに入れたらはい、完了!:
PR:安い、速い、高精度なクラウドOCRが組織変革を加速させる理由
ペーパーレス化が進んでいるとはいえ、流通業や製造業における受注業務は、まだまだ「紙」が主流。手作業による入力業務は、「繁忙期には残業も致し方なし」という悪しき習慣にもつながりかねないだけに、早々に解決を図りたいところだ。しかし、その紙をデータ化できるOCRの導入には、言うほど簡単ではない“壁”があるという。OCRに携わって25年以上のハンモックに、その理由と対応策を聞いた。(2021/7/7)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(2):
【第2回】建設業は“残業規制”にどう対処すべきか?工事監督の業務時間を1日1.5時間削減した事例から
本連載では、経営コンサルタント業界のパイオニア・タナベ経営が開催している建設業向け研究会「建設ソリューション成長戦略研究会」を担う建設専門コンサルタントが、業界が抱える諸問題の突破口となる経営戦略や社内改革などについて、各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第2回は、建設業にも差し迫る時間外労働の上限規制にどのように対応していくべきか、業務改善の事例を交えレクチャーする。(2021/6/25)

サカタ製作所流の働き方【前編】:
「売り上げが落ちてもいいから、残業をゼロにせよ。やり方は任せる」 社長の“突然の宣言”に、現場はどうしたのか
「来年度の目標は、残業時間ゼロ」──社長の突然の宣言は、まさに寝耳に水の出来事だった。準備期間は1カ月。取り組み方は、各部門に任せられた。現場はどう対応したのか?(2021/6/9)

ブラックじゃないけどつらい:
“グレー職場”って何だ!?  社員の声から見る“あるある”風土とは?
働き方改革や法的な残業上限規制、コロナ禍によるリモートワークの導入など労働時間マネジメントが推進されていますが、ブラックと言われるほどひどくなくても、なんらかの問題を抱えている“グレーなもの”は職場単位では数多く存在しているのではないでしょうか。ここでは、ブラックではないけどホワイトになり切れない、グレー職場について迫ります。(2021/6/8)

残業や土日勤務とおさらば 「テレ残」を解消する資料作成サービス
新型コロナウィルス感染拡大に伴い普及したテレワークだが、通勤時間短縮のメリットがある一方で、仕事とプライベートの境界が曖昧となり時間管理が課題となっている。時間を気にせずについ残業してしまう「テレ残」を解消すべく、「HandOut」を運営するナカヨカは、スライド資料作成サービス「HandOut Quick(β版)」の事前登録受付開始を発表した。(2021/5/31)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(77):
残業時間は減ったけど、気持ちが休まらない日が続く。そんなときには……
休日はちゃんと休んでいますか? 頭を休めていますか? いい仕事をするためにも、休みはしっかりと取りましょう。自戒を込めて。(2021/5/19)

「働き方改革」の具体的な取り組み 3位「長時間労働の是正」、2位「残業の削減」、1位は?
学情が企業の人事担当者357人を対象にアンケートを実施。「働き方改革」に全社的に取り組んでいる企業は78.2%だった(2021/5/7)

コロナ禍で残業時間が最も大きく減少した職種は? 職種別の残業時間ランキング
パーソルキャリアは、20〜59歳のビジネスパーソン1万5000人を対象に、2020年上半期の職種別残業時間の実態を調査した。その結果、4月の緊急事態宣言後、全職種の平均残業時間が約7.5時間減少したことが分かった。(2021/4/23)

コロナ禍で残業時間は減少:
出社とテレワーク、残業時間が長いのはどっち?
パーソル総合研究所が残業時間の実態に関する調査結果を発表した。(2021/4/19)

テレワーカーの方が出社している人より残業時間が長い パーソル調査
残業時間はオフィスなどに出社している従業員よりテレワーカーの方が長いとする調査結果をパーソル総合研究所が発表した。(2021/4/19)

在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
お仕事、切り上げるしかありませんね……!(2021/4/11)

大井川鐵道があの「変な缶バッジ」ついに通販開始 「回送(明日から本気出す)」「警戒(残業過多)」何じゃこりゃ〜!?!?
新金谷駅限定販売だったアレがついに。(2021/4/8)

キャリアニュース:
コロナ禍での残業時間の実態調査、最も残業が減った職種は「基礎研究」
転職サービス「doda」が、コロナ禍での「職種別の残業時間の実態」に関する調査結果を発表した。1カ月あたりの平均残業時間は20.6時間で、緊急事態宣言前である2020年1〜3月の平均28.1時間と比べて、7.5時間短くなっていることが分かった。(2021/4/8)

「12時間労働は当たり前」「残業代なし」 文科省主導のハッシュタグ「教師のバトン」に現役教師から窮状を訴える声相次ぐ 文科省の受け止めは?
プロジェクト担当者の1人に聞きました。(2021/3/31)

中堅・中小企業のRPA導入の進め方
RPA導入を成功させるために必要な“3つのスキル”とは
労働人口の減少や残業時間削減の解決策としてRPAによる業務自動化に期待が集まっている。しかしRPAにはセキュリティやガバナンスを維持するのが難しいという課題もある。こうした課題を解決し、導入を成功させるために必要なスキルとは。(2021/3/24)

平均給与、管理職になった年齢、残業時間ランキングを“見える化”する企業――デメリットはないのか?
自社の年齢別平均給与、管理職になった平均年齢、部署ごとの残業時間のランキングなどを見える化している企業、タカミヤに話を聞いた。社内各所に設置されたサイネージや、社員が持つPCのスクリーンセーバーでこれらの情報を共有しているという。なぜ、このような取り組みをしているのか。また、デメリットはないのか。(2021/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。