メディア
インタビュー
» 2019年07月09日 05時00分 公開

大バッシングから学んだ「真っ向勝負」:2度の網膜剥離、へし折られた腕……負け続けた格闘家・大山峻護が描いたセカンドキャリア (5/5)

[瀬川泰祐,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

大山が描く次のキャリア

 大山の言葉にもある通り、セカンドキャリアは、アスリートだけの問題ではない。アスリートのセカンドキャリアが問題になりやすいのは、それまでの輝かしい実績や注目度からの落差があることが理由の一つだ。一方で、アスリートの中でも、大山のように、次の目標を描いて成功している人間もたくさんいる。大山は、ファイトネスの活動を通じて、アスリートと経営者に共通の力があることに気付いた。そんなアスリートの可能性を今後の活動に生かそうと、次の展開を模索中とのことだ。

 「経営者とアスリートに共通するのは、やり切る力があるということです。アスリートが引退した後に、しっかり再教育をしてあげる機関があれば、ものすごい戦力となって社会に羽ばたいていくんじゃないかと思っています。アスリートは原石ですから」  

 大山は、アスリートのセカンドキャリア問題を解決するという新しい未来を描き始めた。大山のように、多くのアスリートが日本の社会に出て、その推進力を発揮したとき、スポーツの持つ価値はさらに高まっているはずだ。

photo
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間