クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
連載
» 2021年02月08日 06時00分 公開

MIRAI 可能な限り素晴らしい池田直渡「週刊モータージャーナル」(6/8 ページ)

[池田直渡,ITmedia]

ダメ出し

 さて、次はADASである。これはとても良くできている。加減速に関しては元々上手だったトヨタだが、今回も例外ではない。ステアリングのアシストは控えめではあるものの、よく吟味されている。ドライバーとアシストの主従関係がしっかり管理されており、ドライバーの意思に逆らう部分が少ない。もっとあからさまにアシストして欲しいというニーズはあるだろうが、ハンズフリーでないことを前提にすれば、意思に逆らってモーターが抵抗するような効きのものは避けたい。世の流れからいって、これも遠からずハンズフリー化されるのだろうが、その時トヨタがどう仕立ててくるのかに興味がある。

 ただし、このADASのインタフェースには注文がある。ステアリングの右側スポークにADASの各種スイッチが装備されているのだが、これが手触りだけで操作しにくい。わざわざボタンをツライチに処理しているのだが、そのせいでボタンの境目が分かりにくい。こと高速を走る限り、これらのスイッチはかなり頻繁に触るものだ。いちいち目視が必要ではダメで、特に頻度が高い加速と減速はツライチのシーソー式で操作に気を遣う。トグル式の方がずっと安心して操作できる。ここは要改善だ。オンオフのスイッチと加減速ボタン、車間距離調整の4つは、はっきり手触りで分かるように区分してほしい。

ADASのスイッチは改良の余地があり。手触りだけで操作するには使い勝手が悪い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -