3分Biz.
調査リポート
» 2021年07月20日 14時27分 公開

宮城県の住みここちランキング2021 3位「仙台市太白区」、2位「仙台市宮城野区」、1位は?(1/3 ページ)

大東建託は、宮城県に住む成人男女累計1万258人の回答を集計し、住みここちランキングを作成した。3年連続で1位になったのは?

[秋月かほ,ITmedia]

 大東建託は宮城県に住む成人を対象に居住満足度調査を実施した。その結果、「住みここち(自治体)ランキング」の1位は3年連続で「富谷市」、2位は「仙台市宮城野区」、3位は「仙台市太白区」だった。

宮城のイメージ写真 宮城の住みここちランキング。結果は?(写真ACより)

 住みここちランキング1位の「富谷市」は宮城県の中央部に位置する、仙台のベッドタウン。豊かな住環境・自然環境が整っており、大型商業施設も多い。1970年代から人口が増え続けており、人口の90%以上が新興住宅地居住者で子育て世代も多く、平均年齢も若い。

 居住者からは「新興住宅街で、新しい家も古くからある家もありバランスがよい。徒歩圏内の施設で全てをまかなえる便利さがある」(44歳女性)、「地震に強い地盤、津波の心配が無い。大型商業施設が充実している。児童手当が充実している。閑静」(53歳男性)といったコメントが寄せられた。

住みここち自治体ランキング2021 2021年の<宮城県版>住みここちランキングTOP10(以下リリースより)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -