ニュース
» 2004年11月03日 10時10分 公開

Dreamforce 2004 Report:大統領選投票日、Salesforce.comはソフトウェアの終焉を宣言

「われわれの夢が実現しようとしている」── 全米で次の4年間を託す大統領選挙が実施される中、Salesforce.comのベニオフCEOは、「オンデマンドソフトウェア」に企業の未来を託すよう訴えた。

[浅井英二,ITmedia]

 米国時間の11月2日火曜日、全米で大統領選挙が行われる中、Salesforce.comは、カリフォルニア州サンフランシスコで年次ユーザーカンファレンス「Dreamforce 2004」を開催し、「オンデマンドソフトウェア」に企業の未来を託すよう訴えた。

 この夏、Googleがナスダック上場で大成功を収めて羨望の的となったが、Salesforce.comも6月、ひと足先にニューヨーク証券市場への上場を果たしている。まだ30歳代半ばだったマーク・ベニオフ会長兼CEOが1999年に設立したオンデマンドCRMのリーダーだ。そのティッカーシンボルは「CRM」というのも奮っている。

1922年オープンのGolden Gate Theatre、現在はブロードウェイミュージカルのヒット作品を上演

 この日、サンフランシスコダウンタウンの由緒ある劇場、Golden Gate Theatreで行われたオープニングのゼネラルセッションには、Salesforce.comの幹部らはもちろん、Sun Microsystemsのジョナサン・シュワルツ社長兼COOやCisco Systemsのブラッド・ボストンCIO、元Oracle社長兼COOで現在は有力ベンチャーキャピタルのゼネラルパートナーのレイ・レーン氏、そして最近BEA SystemsからGoogleに移籍したアダム・ボスワース副社長らが顔をそろえている。

 Salesforce.comのベニオフ会長兼CEOは、劇場を埋めた約2000人の顧客やパートナーらを前に、「昨年、ウェスティンホテル(初のDreamforce)に集まったのは3分の1に過ぎなかったことを考えると、オンデマンドCRMは驚異的な成長を遂げている。ソフトウェアデリバリーを変革するというわれわれの夢が現実になろうとしている。それは顧客であるあなたの夢でもある」と話した。

 ベニオフ氏は1998年、Amazon.comがオンライン小売業者向けにアプリケーションをサービスとして提供し始めたのを目の当たりにし、「なぜ、エンタープライズアプリケーションもこうならないだろうか」と疑問に思ったという。それが彼の夢の始まりだった。

まだ39歳のベニオフ氏、IPOで大成功を収めたがビジョン遂行の意欲は衰えていない

オンデマンドコンピューティングへの確信

 「従来型のソフトウェアデリバリーモデルは、恐竜のように死に絶える」── まだ39歳のベニオフ氏は挑戦的なメッセージが得意だ。かつてのボスであり、同社への出資者のひとりであるOracleのラリー・エリソン会長兼CEOから学んだのかもしれない。

 1990年代半ば、インターネットへ大きく舵を切り始めたOracleで彼は頭角を現した。エリソンCEOの懐刀として同社のインターネット戦略立案に大きな役割を果たし、彼の構想は「Network Computer」(1996年)やインターネット対応データベース「Oracle8i」(1998年)の発表につながっている。Oracleが、「Business OnLine」の名称でビジネスアプリケーションのASPサービスを展開を試行し始めたのもこのころだった。

 こうしたことを考えると、ベニオフ氏のオンデマンドコンピューティングモデルへの信念は一貫して変わらない。

 Salesforce.comは、今回で17世代目となる「Salesforce.com」と「Supportforce.com」の最新バージョン、Winter '05を発表しただけでなく、「On-Demand Architectuer」と呼ばれるオンデマンドコンピューティングのための全体像も描いてみせた。

 ゼネラルセッションのあと、プレスとアナリストらを集めたランチミーティングで彼は、「(今回のDreamforceで)技術にもビジネスモデルにも絶対的な確信を得ることができた」を力強く話した。

合間にはブッシュ大統領のそっくりさんも登場、会場は大いに沸いた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -