連載
» 2005年08月19日 08時58分 公開

SOAはツールだけで実現できない夏季集中講座 「成功するSOA、失敗するSOA」

「経営戦略としてのSOAとは何なのか?」──この連載「成功するSOA、失敗するSOA」では、SOAでビジネスを変革するヒントを紹介していきます(日本BEAシステムズ著「ビジネスはSOAで変革する」からの抜粋です)。

[IDG Japan]

 では、次に「SOAは製品である!」「異機種間システムをつなぐ製品がSOAです」といい切るベンダーの考え方にフォーカスしてみましょう。

 「異機種間システムをつなぐEAIでSOAを実現する」とか「Webサービス対応の開発ツールでSOAを実現する」という売り文句で、独自ツールを売りつけようとするベンダーをよく見かけます。

 しかし、ここまでお話ししてきたように、SOAは特定のツールで実現できるものではありません。

 レベルを分析し、その次に、それを実現する実装段階に入ります。この段階で、なんらかのITツールは必要になると思いますが、これだけではSOAは実現できていません。SOAを実現できる環境が整ったら、次にアプリケーションを再利用するための体制を整備しなくてはいけません。社内のどこに、どういうサービスが存在し、事業戦略はどうなっているのかを見極めながらタクトを振るCIO、そして再利用可能なコンポーネントを切り出す専門組織も必要になります。

結論──SOAはツールだけで実現するにあらず。道具だけ揃えても、設計図と大工がいなければ家は建たず。


「成功するSOA、失敗するSOA」

  1. 「物理的にムリ」と情報システム部門が言う
  2. SOAと相性の良い企業、悪い企業
  3. SIへの丸投げが企業を衰退へと導く
  4. SOAは担当者だけに任せるには重要すぎる
  5. 最大の抵抗勢力、それは社内エンジニア
  6. EAとSOAはビジネスでバリューを出す両輪
  7. SOAはビジネスコンサルだけで実現できない
  8. SOAはツールだけで実現できない
  9. SOAを成功させる組織とは?
  10. SOAを始めよう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ