連載
» 2019年02月28日 07時00分 公開

ディルバート(594):“うまい言い訳”が墓穴を掘るとき

答えにくいことを質問されたときは、なるべくうまく逃げたいもの。とはいえ、ディルバートのように、遠回しに答えようとすればするほど、事態が悪化する場合も……

[スコット・アダムス,ITmedia]

時々、あなたは私のことが嫌いなんじゃないかと思うんだけど


何言ってんだよ


僕は単に内向的なだけさ


人が近くにいるとエネルギーを吸い取られるんだ


君を避けてる理由は、君と5分一緒に過ごしただけで、生き埋めにされたような気になるからだよ


土じゃなくノミに埋もれてね


じゃあ……やっぱり、私が嫌いということじゃない?


昼寝しなきゃ


  


 狸寝入り程度では、彼女の疑念を払拭するのは難しいと思うのですが……。

 “It isn't personal.”とは、「個人的に何か恨みがあるから攻撃しているわけではない」と相手に分かってほしいときに使う表現です。“It's nothing personal.”というと、「悪く思わないで」という意味になります。例えば“She was chosen for the position, not you. But it's nothing personal.”(君ではなく、彼女が選ばれた。悪く思わないでくれ)と使います。

 また相手を怒らせないように「気を悪くしないでほしいんだけど……」と前置きするときに使い、“Don't take it personally, but I'm not interested in going out to dinner with you.”(悪く思わないでほしいのだけれど、君と食事に行く気はないんだ)というような言い方をします。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -