ITmedia DX
ニュース
» 2020年10月09日 10時00分 公開

AWSで府省共通の「第二期政府共通プラットフォーム」が運用開始 行政サービスのDXを推進

政府は、各府省の情報システムを統合、集約した「第二期政府共通プラットフォーム」をAWS上に構築し、運用を開始した。ITガバナンスの強化、本格的な行政のデジタル化を通じて、各府省の俊敏性や行政サービスの向上を目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンは2020年10月8日、総務省による「第二期政府共通プラットフォーム」が「Amazon Web Services(AWS)」上で運用開始されたと発表した。

「クラウド・バイ・デフォルト」を踏まえた政府共通プラットフォームが完成

 政府は、各府省別々に構築、運用している政府情報システムの段階的な統合、集約を図るため、「政府共通プラットフォーム」の整備を進めている。

 2013年3月には、運用コストの削減やセキュリティ強化などを目的に、「第一期政府共通プラットフォーム」の運用を開始。府省共通システムや中小規模の情報システムを中心に、各府省が整備、運用するシステムの稼働に必要なITリソースを共通化して提供している。

 2018年には、効率性や可用性向上を目的に、政府情報システムの整備にクラウドサービスの利用を第一候補とする原則を定めた「政府情報システムにおけるクラウドサービスの利用に係る基本方針(クラウド・バイ・デフォルト原則)」が発表されたことを受け、クラウドサービスを活用した第二期政府共通プラットフォームの整備を進めてきた。

Photo 政府共通プラットフォームの概要(出典:総務省資料

政府共通プラットフォームにAWSを使うメリットとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ