ニュース
» 2021年04月28日 15時48分 公開

日立造船、IoTデータの分析基盤をデータブリックスで刷新 ナレッジ共有も可能に

日立造船は、新たなデータ分析基盤として、データブリックスの「レイクハウスプラットフォーム」を導入。課題だった大規模データの分析、分析ナレッジの共有、機械学習モデルの効率的な運用管理などを実現した。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 データブリックス・ジャパン(以下、データブリックス)とメソドロジックは2021年4月27日、日立造船がデータブリックスの統合データ分析基盤「レイクハウスプラットフォーム」を導入したと発表した。

 日立造船は、主力事業のごみ焼却発電施設にIoTやAIを活用した遠隔監視・運転支援サービスを取り入れるなど、全社的にデジタル化を推進しており、その一環として、事業製品や工場を横断したIoT基盤の構築を進めている。

 新しい基盤は、このIoT基盤と連動するデータ分析基盤として活用し、データ分析/機械学習の運用効率化を図るとともに、「大規模データの分析環境の整備」「データ分析ナレッジの共有」「機械学習モデルの運用管理の効率化」といった従来のデータ分析体制が抱えていた課題を解決したという。

IoT基盤と連動してデータ分析や機械学習を効率化 その詳細は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ