Digital Business +Design
ITmedia DX
ニュース
» 2021年09月17日 11時00分 公開

京王百貨店、全社員が利用する情報活用基盤を刷新 データドリブン経営の強化へ

京王百貨店は、Oracleのクラウドデータウェアハウス「Oracle Autonomous Data Warehouse」を活用し、全社員が利用するデータ活用基盤を刷新。リアルタイムなデータ活用を促進し、顧客の変化や多様性に迅速に対応するデータドリブンな業務変革を推進する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本オラクルは2021年9月16日、京王百貨店がOracleのパブリッククラウドサービス群「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」のデータウェアハウス(DWH)「Oracle Autonomous Data Warehouse」を導入し、全社的な情報活用基盤を刷新したと発表した。

Photo 京王百貨店新宿店(東京都新宿区)の外観(出典:日本オラクル 資料)

データドリブン経営へ データ活用基盤を構築した過程

 京王百貨店は、2018年から基幹システムの老朽化やレギュレーションへの対応や環境変化への対応を主軸にレガシーシステムの脱却を図るとともに、データドリブン経営に向けた戦略的情報活用基盤の刷新に取り組み、百貨店と関連サービスの運営を支える商品管理、販売管理などの情報管理を担う基幹システムとデータ分析基盤の集約を進めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Business +Design

注目のテーマ