ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GENT 812SH s」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GENT 812SH s」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンクモバイル、PANTONE「812SH」の新色と「GENT 812SH sII」を12月20日に発売
ソフトバンクモバイルは12月18日、大きな文字や分かりやすいキー表示を採用した「GENT 812SH sII」とPANTONEケータイ「812SH」の新色4色を12月20日から販売する。(2007/12/18)

5Mカメラの「PHOTOS 920SC」と2代目GENT「812SH s II」、ソフトバンクオンラインショップで予約開始
ソフトバンクオンラインショップは12月13日、5Mピクセルカメラと有機ELディスプレイを搭載したSamsung電子製端末「PHOTOS 920SC」と、でか文字メニューやシンプルメニューを搭載した「812SH sII」の予約受け付けを開始した。(2007/12/13)

“プレビュー”ではなく“確認”──日本語表現を増やした大人向けケータイ「GENT 812SH sII」
20色のカラーバリエーションで話題を呼んだ「812SH」を、大人向けに使いやすく改良した「GENT 812SH s」。その後継機となる「GENT 812SH sII」は、メニューの文字表現の多くを親しみやすい日本語表現へと変更するなど、使いやすさをさらに追求している。(2007/10/22)

704iシリーズや「EXILIMケータイ」「FULLFACE 913SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、ドコモの「SH704i」「F704i」「SO704i」、auの「W53SA」「W53CA」「W54T」、ソフトバンクの「913SH」「812SH s」「814SH」「815SH」「814T」「815T」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/7/30)

“オトナ”ケータイ「GENT 812SH s」、スパボ新規の実質負担額は9000円台から
“PANTONE”ケータイ「812SH」をベースに、大きい文字や見やすい画面に工夫した“オトナ”ケータイ「GENT 812SH s」が発売された。新規契約で新スーパーボーナスを利用した場合の実質負担額は9120円から。(2007/7/23)

ソフトバンク、“大人仕様”の「GENT 812SH s」を7月21日発売
ソフトバンクモバイルは、“PANTONEケータイ”「812SH」を“大人仕様”に改良したシャープ製端末「GENT 812SH s」を7月21日に発売する。(2007/7/19)

「812SH」が使いやすい“大人仕様”に──「GENT 812SH s」
“20色のPANTONEカラー”で注目を集めた「812SH」が、使いやすい“大人仕様”に──。それが「GENT 812SH s」だ。手になじむコンパクトなボディはそのままに、“大人の4色”を追加。キーの表示も日本語表記で分かりやすい。(2007/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。