ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  8

  • 関連の記事

「816SH」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「816SH」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンク、3Gケータイ「814SH」「815SH」「816SH」でソフト更新を開始
ソフトバンクが、シャープ製ケータイ3機種で通信接続の不具合を解消するアップデートを開始した。(2013/6/10)

ソフトバンクのシャープ端末に新着S!メールが表示されない現象──ソフト更新を開始
ソフトバンクモバイルは7月29日、シャープ製端末11機種で、ごくまれに新着S!メール受信操作をしないと新着S!メールが表示されない場合があることを明らかにした。「913SH」「920SH」「816SH」「820SH」「821SH」は、同日ソフトウェア更新を開始している。(2008/7/29)

HSDPA対応のスライド携帯「816SH」、新規の新スパボ加入で実質負担は約1万円
HSDPA対応のスライドケータイ、「816SH」が店頭に並んだ。新スーパーボーナスに加入して新規購入する場合の実質負担額は約1万円。(2007/8/27)

スリムスライド&HSDPAの「816SH」、8月25日発売
ソフトバンクモバイルは、スリム&コンパクトなHSDPAスライド端末「816SH」を25日に全国で発売する。厚さ15ミリ/重量約93グラムのスリムでカラフルなスライドボディと高速に通信できる3Gハイスピード対応などが特徴。(2007/8/23)

パナモバの「P704i」、シャープの「816SH」がJATE通過
ドコモ向けのパナソニック モバイル製端末「P704i」、ソフトバンクモバイル向けのシャープ製端末「816SH」がJATEを通過した。(2007/7/17)

写真で見る「816SH」
3Gハイスピードに対応した厚さ15ミリ台のスリムでコンパクトなスライド端末「816SH」。9月上旬以降に発売を予定していることもあり、今回はモックのみの展示となった。(2007/5/23)

厚さ15ミリ台のスライドボディ、HSDPA対応──「816SH」
シャープ製の「816SH」は、下り最大3.6Mbpsの3Gハイスピードに対応したスライド端末。厚さ15ミリ台の薄型ボディに、2.2インチQVGAディスプレイや有効200万画素カメラを備える。(2007/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。