ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  8

  • 関連の記事

「81Keys」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「81Keys」に関する情報が集まったページです。

第5の地域「ニミス」登場――MMORPG「81Keys」、7月20日に大型アップデートを実施
新エリア「ニミス」では、中心地となる「四凶の都」を守る「四凶獣」をはじめとする強力な敵が待ち受ける。(2011/7/20)

MMORPG「81Keys」において、1月19日に大型アップデート「レックス島-四神城」を実施
ファンタジーMMORPG「81Keys」に、オリエンタルテイストの新大陸「レックス島」が現れる。(2011/1/11)

新エリア「バンディス島」登場――MMORPG「81Keys」、10月27日に大型アップデートを実施
海賊島とも呼ばれる「バンディス島」には、財宝が隠されていると噂される「戦利品の谷」があるものの、そこはナシドの手先「影の軍団」が占領する難関ポイントとなっている。(2010/10/27)

ゲッチャTV Gamez出張所:
「モンスターハンターポータブル 3rd」体験版を遊んでみました
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年10月14日放送分は、「モンスターハンターポータブル 3rd」体験版をはじめ、「PlayStation Move」「81keys」「邪聖剣ネクロマンサー」と多彩です。(2010/10/19)

ゲッチャTV Gamez出張所:
ゲームの新たな可能性を体験しに行きました
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年10月7日放送分は、「大神伝〜小さき太陽〜」、「AR.Drone」、「81keys」、そして高橋名人世代では「PC原人2」「PLANETARIUM」「ブルーオアシス」を紹介します。(2010/10/12)

ゲッチャTV Gamez出張所:
れすとらん、開店です
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年9月30日放送分では、mixiアプリ「セルフィれすとらん」や「81keys」などをお届けします。(2010/10/5)

ゲッチャTV Gamez出張所:
ショートドラマを制作してみました
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年9月23日放送分は、「閉ざされた病棟 -DEMENTIUM II-」、「81keys」、そして「ダンジョン・エクスプロラー」。(2010/9/28)

ゲッチャTV Gamez出張所:
東京ゲームショウでは会場から中継します
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年9月9日放送分は、「戦国IXA(イクサ)」、「81Keys」、高橋名人世代「パワーリーグ4」の3本をお送りします。(2010/9/14)

ウェブマネー、「TGS 2010」ウェブマネーブースの企画を発表
(2010/9/8)

ゲッチャTV Gamez出張所:
オンラインゲームの古参と若手タイトルを紹介
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年8月12日放送分は、「リネージュ2」や「81keys」といったオンラインゲームと、「デビルクラッシュ&スターソルジャーミッションモード」を紹介します。(2010/8/18)

「81Keys」正式オープン時のアップデート項目を一部公開
(2010/5/14)

参加者限定特典もあるぞ――「81Keys」オープンβテスト参加者募集開始
(2010/5/7)

正式サービス開始間近! MMORPG「81keys」の完成披露会
4月26日、株式会社WeMade Onlineによる野心作第一弾、ファンタジーMMORPG「81Keys」の完成披露会が行われた。(2010/4/28)

ITmedia Gamez枠で81名募集:
ファンタジーRPG「81Keys」クローズドβテスト募集開始
ゲームを愛する者達よ、大陸「イシュリオン」に集え! WeMade OnlineのファンタジーRPG「81Keys」クローズドβテストの参加者募集が4月21日から開始。ITmedia Gamez枠でも「81Keys」なので81名募集します。(2010/4/21)

TAIPEI GAME SHOW 2009:
お隣の国のゲーム市場を覗き見る――TAIPEI GAME SHOW 2009リポート前編
2月12日より、台北において恒例のTAIPEI GAME SHOWが開催した。なんといっても今年のトピックスとしては、台湾オンラインゲーム市場の最大手であるGamania(遊戯橘子)が出展したことではないだろうか。(2009/2/13)

「台湾ゲーム館」ブースリポート
毎年ちょっと気になるタイトルが並ぶ、「台湾ゲーム館」ブース。今年は出展企業数も盛り返し、新規タイトルらしき看板がチラリと覗く中を取材してきた。(2006/9/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。